WoT Ver9.12 & イベント類

http://worldoftanks.asia/ja/news/pc-browser/23/announcement-common-test-9-12/

Ver10.0は9.12になって帰ってきましたとさ。さっと見たけど基本的にはこの前紹介したVer10.0からあんまり変わってないみたいだね。強いて言うなら銘刻・徽章の搭乗員ステータスボーナスが消えたくらいで、ほかはそのまま実装されるみたいかな?

まぁ~搭乗員ステータスボーナスはないわな、無期限を買うのであればゴールド(課金)が必要だし、期限付きのを買うとしても30日間で買えば6桁単位のクレジットが飛んでいく。それなりにWoTをやっていて、課金戦車や拠点戦を回せるような人であれば大した問題にはならないが、そうった車両を持っていないしソロ活動をメインにしているプレイヤーにとってはなかなか手厳しいもんだろう。

さてイベントの方だが、いろいろ時期が重なって面白い感じになってる。

まずは「英雄の日」、去年もあったな。去年は確か特別ガレージが用意されていたはずだ。今年もそうなのかもしれない。

内容としては11/06 ~ 11/09と11/09 ~ 11/13の前後半のイベントになる。前半は全戦闘の取得経験値が2倍になり、ランダム戦でチーム内取得経験値5位以内に入り、かつ500ダメージ以上を敵車両に与えることで追加の搭乗員経験値「500」を入手することができる。

後半は全戦闘ではなく毎日1時にリセットされる初回勝利ボーナスが2倍から3倍に増加する。なお、前半でもあったチーム内取得経験値5位以内かつ与ダメージ500は継続して行われるようだ。

このイベントの大事なところは前半に集約されているな、なんといっても取得経験値が2倍だ、これはフリーをためる絶好の機会としか言いようがなく、この期間にいろんな車両の経験値を稼ぐことができるだろう。

なお、このイベントに合わせコンテストも開催される[For Ther Crew]だ。前半部分の「チーム内取得経験値5位以内、かつ与ダメージ500以上」を可能な限り多く達成したプレイヤーには運営からゴールドの褒賞が贈られる。「最も多く達成したプレイヤー:5名」には1000ゴールド、「30回以上達成したっプレイヤー:20名」には500ゴールドだそうだ。最も多く達成したとかほざきながら5名に配るあたりWGの心配りを感じるね。今回のこのイベントに関してはフォーラムに対してSS(スクリーンショット)やリプレイの開示はいらないそうだ。

さて次は…我が国日本でついに世界の強豪が集う。「Pacific Rumble」だね、なんでwも我が国日本の秋葉原にて大会が開催されるらしく、当日秋葉原にて大会を視聴した人にはToG抱き枕とかがプレゼントされるそうな。

もちろんオンライン上の我々にもプレゼントのチャンスは存在する。

Pucific Rumbleの最終順位を予想し、的中させる?とレア車両である「AMX13 57(GF)」がプレゼントされるそうな。ちなみにこれはフランスTier7課金軽戦車で、GFがついてるので特別使用(マークだかなんだかがついてる)のタイプだ。

大会の様子は生放送で視聴できる。リンクとかはこの記事の最後に貼っておくぞ。

生放送中に「トリビアクイズ」なるものを行うらしく、これまたプレミアム車両である「STA-2」が当たるらしい、さらにさらにだ、イベント期間中「Watch_ThePacifiRumble」という名前の付いたアカウントで、かの有名なチームがランダム戦に出没するらしい。倒すと100ゴールドが贈られるそうだ。

そして最後に、「Watching The Big Game」。期間は11/06 ~ 11/09、拠点戦や7vs7ランダム戦(?)で2両以上の敵車両にダメージを与えると取得経験値が1.3倍になるそうだ。対象車両は記事最後のリンクから確認してくれ。この期間の間は搭乗員の再訓練とスキルリセットが50%Offになる。チーム戦で使える車両の一部も割引も来るようだし、興味のある人はぜひチャレンジしてくれ。

さてさてまだまだあるぞ、次はフランス自走砲の技術ツリー支援イベントだ、Tier2~10までのフランス自走砲が対象だ。車両が30 ~ 50%割引され、ランダム戦でのミッションをこなすとコーヒーや経験値等のボーナスが取得できるようだ。

プレミアムショップでは11/06 ~ 11/09の間、フランスTier7軽戦車「AMX 13 57」が再販されている。先ほど書いたGFではないので、通常のカラーリングの1357だ。使い勝手は悪く無いらしいがまぁ乗員の育成には十分使えるだろう。特にフランス軽戦車ルートは乗員の変動が少なく、1357みたいな搭乗員が少ない車両でも十分育成が可能だろう。

まぁ~更新する時間も時間だからそろそろ書くのやめとこうかね、私も稼ぎたいのだ。

URL系はまとめて下に貼っておこう。URLが抜けてたら申し訳ないが公式サイトを自分自身で見に行ってくれ。

AMX1357販売ページ】【Pacific Rumble】【英雄の日】【英雄の日[コンテスト]】【フランス自走砲支援イベント

WoT Ver9.8 到来

そういえば全然気にしていなかったが本日アップデートだ、Ver9.8の到来「新モード」と「車両調整」「HD版クライアント」の追加、「マップの調整」だな、大まかな調整点に関してはこの「リンク」を参照してくれ。一部自走砲の弱体化も入ったし、まぁいいアップデートなんかね、まだ実際にやっていないからわからないがこれからクライアントをアップデートしてやってみよう。

 

新モードに関しては賛否両論だったり、いいモードだ、って言われてたりする。まぁWoTに新しい風が吹くと考えればいいのかもしれない、このモードのせいでランダム戦が廃れたりはしないだろうし、WoT自体の活性化にもつながるだろう。

 

そいで今回イギリスツリーの課金戦車の割引イベントが来てたりする。ただこのイベントではCromwell Bは割引対象外なので気を付けよう。

 

いやまぁしかし、CGCが弱体化されたのにCGCの技術ツリー支援イベントが来るとは運営もなかなかひどいことをするもんだな。これからしばらくはイギリスのファッ○ン自走砲が増えることは間違いない、最悪だな。

 

 

BF4 「冬」パッチ到来

やっときたな。去年からくるぞくるぞぉぉぉぉ!とか言ってた割に全然来なかった。まぁ季節は2か月遅れでやってくるともいうし、3月はぎりぎり…冬…なのか?

 

今回の大きな改善点としてGUIの変更とヘリの挙動に関する改善がみられる。とりあえずいつも通りコピペするぞ。

  • スクワッドオブリタレーションモードの追加
  • 新規プレイヤー専用のサーバーをサポート(ランク10以下)
  • ランクドサーバーのマッチメイキングをサポート(通常のオフィシャルに加えて)
  • 複数のアンチチートの改善を実装
  • コンバットシステムでスクワッド隊員が戦闘中の場合は一時的にスクワッドスポーンが無効に
  • コンバットシステムで被ダメージをベースに医療バッグの回復が一時的に無効化され、被サプレッションが増加するように
  • コンバットシステムで被ダメージをベースに応急処置パックの回復が一時的に無効化されるように
  • ビークルでのエイムと反転を切り離すオプションを追加
  • 存在しなかった武器のマステリードッグタグを複数追加
  • “ラージスケールバトル”、”ザ・バトルフィールド”、”クロースクォーター”のプレミアムプレイリストを追加
  • 切断後すぐにセッションに接続することで、時折統計が更新されないエラーを引き起こしていた問題を修正
  • M224 Mortar/MAV/EOD Botを使用したCTFとオブリタレーションでのエクスプロイトを修正
  • PC: 複数項目のAMD Mantleへの最適化
  • PC: 複数のグラフィックパフォーマンスの改善
  • PS4/XB1: Rent-a-serverスクリーンにいてプロファイルをサインオフした場合、Battledashが表示されていなかった問題を修正
  • PS4/XB1: コンクエストラージのクイックマッチとサーバーブラウザーでネーミングが統一されていない問題を修正
  • XB1: フレンドリストからオンラインのフレンドのセッションに時折ジョイン出来なかった問題を修正
  • XB1: デジタルプレミアムエディションを購入してもBattlelogのプレミアムアクセスが行えていなかった問題を修正
  • X360: ゲーム中にサインインの変更を行うと、時折黒色のローディングスクリーンのままになっていた問題を修正
  • X360: スクワッドリーダーが満員のサーバーから切断した場合に、スクワッド内の複数のメンバーがクラッシュしていた問題を修正
  • エイムアシストの減速と自動回転を別々に切り替えできるオプションを追加。サーバーのアドミンはランクドサーバーにおいて自動回転を強制的に無効にすることが可能に
  • 全ての家庭用ゲーム機: パスワードが設定されているレンタルサーバーにジョイン出来なかった問題を修正

えー、全プラットフォームでの改善点は上記のようなものらしい、ん~…

細かな改善ばかりだが戦闘に直接かかわるようなものは今回はなかったような感じかな?見た限りだと…特に気にするようなものもないと思うので次へ。

オーディオ

  • 味方と敵の足音を聞き取りやすさを大幅に改善。あわせてグレネードの爆発音等の大きな音が足音を消していた問題を修正
  • EORの音楽がCTFにて再生されていなかった問題を修正
  • PC: チームデスマッチとスクワッドデスマッチにおいて”テンションミュージック”が全てのチームで正常に再生されるように修正

グラフィック

  • 多数の国旗のドッグタグのシェーディングを更新し、より正確に描写されるように変更
  • 三人称視点の横への素早い動きのアニメーションをより滑らかに変更
  • 着弾時にトレーサーが間違って表示されていた問題を修正

ユーザーインターフェース

  • 選択した迷彩がラウンドの間にデフォルトに変わっていた問題を修正
  • F-35とJ-20の”Ready”の表示を完全に視認できるように修正
  • 同一サーバーのプレイヤーがFLIRやIRNVを使用した際、時折発生していたHUD関連の問題を修正
  • ドッグタグへゲーム内とメニューの両方で統計が表示されるように変更
  • 複数のインジケーターとクロスヘアの改善
  • ヘルスの自然回復中にダメージを受けると、間違ったヘルスが表示されていた問題を修正
  • 複数の武器のHUDロジックを更新し、”オーバーヒート”のメッセージが正確に表示されるように変更
  • ジェットのHUDがより鮮明に見えるように調整
  • スカウトヘリコプターのクロスヘアを改善
  • 全ての家庭用ゲーム機: カスタマイゼーションスクリーンのパラシュートへの間違った引用を削除
  • 乗客がスクワッドメンバーや乗員の詳細が見れるように、デプロイスクリーンの高度な設定を追加
  • ビークル搭乗時のスクワッドメンバーの選択を改善

ビークル

  • 全てのヘリコプターにより身軽なフィジックスを適用。バレルロールやループなどの動きが可能に

武器

  • m412とsw30のアニメーションを更新
  • 単発の空中ミサイルや画像誘導ミサイルが複数の発射音を再生していたバグを修正
  • FACのキャノンの再生音が無限にループしていたバグを修正
  • Kobraのレティクルのグラフィックを調整し、実際のレティクルによりマッチするように長く変更
  • フォアグリップがある武器でスプリントに入る際の小さなアニメーションを削除
  • QBZ95の一人称視点時のグリップの位置を調整
  • RPK74の発射時のボルトサイクルのアニメーションを修正
  • 雪の景色や明るい背景の際のレッドドットがより鮮明になるようにHUDを改善。PS3とXbox 360では外観も改善
  • PS3/PS4: ビークルの乗組員としてスポーンすると、時折武器をセカンダリーから弓に変更できなかった問題の修正
  • X360: ビークルのIRNVが同じ高度にいる歩兵を感知できていなかった問題を修正

 

さぁ、ここら辺が非常に大事だぞ。ビークルのヘリコプターの欄に関してはもう最高に楽しいくらいだ。

JETのHUDの変更はすごく良い改善だ、アップデート施行前の約2倍の表示にされ、速度が非常に見やすくなった。

また、乗り物に乗っている乗員の情報も表示できるようになっている。例えば2番席に誰か乗ってきたとしてその乗ってきたやつの「兵科」と「ランク(階級)」を表示できるようになっている。

この機能はBF4内の「ゲームプレイ」の「アドバンスオプション」にて変更できるので、気になるっていうのであれば表示するようにしよう。

 

あとはいろいろ細かなバグを直してって感じか。マップの衝突判定とか、通り抜け判定とかが微修正もされているそうだ。そういえばなんかまた蘇生バグが復活しているらしいから突撃兵とかで蘇生をするときは気を付けるように。それではまたごきげんよう。

WoT Ver9.6

さぁ戦車長よ、Ver9.6の実装だ。

今回は今まで紹介してきたテストノートの内容が適用されるだけではなく、新たなプレミアムタンクも2種類追加されることとなった。

レティクル内での砲弾拡散範囲も修正が加えられ、中央周辺に飛ぶ確率は増したがレティクルのど真ん中に飛ぶ確率は低減されてしまった、実質的な精度低下につながる。

 

プレミアムタンクについてはSTA-2とAMX CDCだ。この2両はTier8中戦車としての実装になる。マッチング優遇の有無についてはまだわからないことの方が多いが、パンター8.8のようによいクレジット稼ぎ・搭乗員育成用車両として活躍するだろう。

ちなみにアップデートされた瞬間から上の2両はプレミアムショップに並ぶわけではないので落ち着いてほしい、買うかどうかも誰かが買った感想を聞いてからでも遅くはないぞ。

 

WoTのクライアントVerをアップデートするにあたり、今まで使っていたMODやXVMとかが使えなくなっているかもしれない、アバージョンアップするときは確認してからMODを導入するようにしよう。

詳しい情報については下のリンクをクリックしてくれ。Ver9.6アップデートについては大まかな情報を見ることが出来る。Ver9.6リリースノートはより詳しい情報が載っている。

Ver9.6アップデートについて

Ver9.6リリースノート

 

WoTテストノート#2

さて、Ver9.6が近付くにつれて気になる人が増えてきたのかうちのブログをVer9.6の日時で検索してみたりといろいろあるようだ。

なんというかまぁVer9.6が適用される日時は分からないのが正直なところだ。基本的に「第●曜日に適用」っていうのはない、例えば今のVer9.5は去年の12月23日(木)に適用された。その前のVer9.4は11月6日(火)。この間はたったの1か月半くらいだ。

さらにその前のVer9.3は9月25日(木)、Ver9.2は7月31日(木)と。いやこう見ると木曜日に更新が集中しているな、もしかしたら今週の木曜かもしれないし、来週の木曜かもしれない。

常にバージョンアップには気を付けておこう。MOD等のバックアップはしっかりしておこう。

 

どうやら次のアップデートではクラン戦や拠点戦に関わることについても追加されるらしい、空爆とか砲兵科の支援射撃を受けられるらしいな。熱そうだ。

搭乗員の役職変更については「500ゴールド」で出来るようになるようだ、これは固有スキルを追加できるものと思っていいのだろうか?すると結構有益になりそうだが。

第六感のついた搭乗員が6人乗ってる戦車とかなかなか愉快そうだ。敵に見つかると車長だけではなく搭乗員全員がそれを感じ取るとかマジで超人じみてるな。

そうそう、テストノートの更新については前回のテストノートページで再確認できる。テストノートが更新されるたびに内容が更新されているので気になったら見てみるといい。

【テストノート】 http://worldoftanks.asia/ja/news/pc-browser/23/update-96-common-test-notes/

 

あとは大体同じような感じかな、クラ落ちとかが少し緩和されるようだし。ちょっとはまともな感じになるだろう。

 

 

そして公式サイトにて公開されてはいるが「旧正月コンテスト」なるものが近々公開されるらしい。参加条件は「Tier8以上の車両を1両以上所持していること」で報酬はなんと「Type59」らしい。欲しい。すごく欲しい。

 

旧正月っていうのは日本とかベトナムのアジア圏がかつて使っていた「中国歴」の正月のことらしい、大体1月の後半から2月の頭にかけてくるらしい。一応結構大事な日らしいのだが、WoTを始めるまでサッパリ聞いたことがなかった。

今年の旧正月の日付を調べられたので書いておこう、今年の旧正月は「2月19日」らしい、国によって差異があるらしいが、WoTではたぶんこの日付で採用されるのかな?正しい情報は運営のみが知る。

まぁどうせダメージとか、特定の数字のダメージを出したときにSSとって掲載しろ~とかだろう。そういったイベントはフォーラムへの投稿が主になるはずだから苦手だ…

まあこんなところだろう、近々Ver9.6も来るはずだしアップデートに関してはその時また記事に起こそう。それではまたごきげんよう。

 

 

8bit WoT!!

1月26日からプレイできるようになったゲームモード 8bitWoTについての記事だ。

このゲームモードは全回行われたChaffeeレーシングやT-62Aサッカー等と同じ系統で、戦績には反映されず誰もが自由に簡単に遊ぶことができるゲームモードだ。

プレイヤーには3種類の車両が配布される。「Mammoth(T110E5)」「Polar Bear(Foch 155)」「Arctic Fox(LTTB)」の3種類だ。

一応上記の車両には制限が設けられている、まず「迷彩や徽章や銘刻は付与できない」「戦闘統計情報には反映されない」「イベント期間が終了した際に、該当車両に搭載されていた拡張パーツ類は自動的に取り外され、倉庫に移動される」だ、制限というより仕様だな。迷彩や徽章や銘刻が使えないのは別に問題にはならないし、拡張パーツは載せても消えないあたり問題ない。

 

なお各車両最初から100%の乗員がおまけで付いてきている。そのため乗員育成も行えるので俄然お得だ。なお、この搭乗員はイベントが終了すると同時にそのプレイヤーが()内の対応車両を持っていれば、その車両の登場員として自動的に再訓練される。

つまりLTTBを持っていたとしたらArctic Foxの搭乗員はLTTBの乗員として無料で貰えるということだ。なおさらお得感が増してくるな。

ゲームは普段通りの流れで行う。モードとしては遭遇戦に似ている。

この8bitWoTのミッションとして5つのミッションが用意されている。どれも達成条件は簡単なのでどんどん挑戦していこう。

ミッションは以下の通りになる。

【冬の戦闘(1アカウント5回限定)】Mammoth,Polar Bear,Arctic Foxに搭乗し戦闘に参加、戦闘中に500ダメージ以上を与える。

上記の内容を25回達成すると報酬を獲得できる 報酬:250,000クレジット 25,000搭乗員経験値 25,000経験値 なお、搭乗員経験値及び経験値は達成時に乗っていた車両に反映される。

【冬のスナイパー】Polar Bearに搭乗し、1試合中に3,300ダメージを与える  報酬:10,000クレジット 1,500搭乗員経験値 1,500経験値

【冬の重量級】Mammothに搭乗し、1試合中に2,500ダメージを与える  報酬:10,000クレジット 1,500搭乗員経験値 1,500経験値

【冬の軽量級】Arctic Foxに搭乗し、1試合中に1,700ダメージを与える  報酬:10,000クレジット 1,500搭乗員経験値 1,500経験値

【冬の小隊】特別小隊(5人小隊)でMammoth,Polar Bear,Arctic Foxに搭乗し戦闘に参加し、小隊員全員の合計ダメージが15,000ダメージ以上を与える。

報酬:20,000クレジット 2,500搭乗員経験値 2,500経験値  達成に成功した場合は小隊メンバー全員に報酬が付与される。

 

上記のミッションが今回のイベントでクレジットや経験値を獲得する方法になる。どれも簡単で、非常に達成しやすい内容になっているので安心してほしい。

 

達成条件にダメージがあるが、この8bitタンクでは課金弾が友軍を回復できる「回復弾」になっている、バグなのか何かは知らないが現在この回復弾で味方を回復した場合でも、敵にダメージを与えた判定になっているのか達成条件を満たすことが出来る。

つまりダメージを達成できる自信がない人は味方を回復することでダメージを達成することも可能ということになる。いつか修正されるかもしれないので出来る限り自分でダメージを与えることをお勧めするがね。

ちなみにイ8bitWoTベント終了時に該当車両に残っていたフリー経験値は各国のTier1戦車に付与される。例としてはMammothにフリー経験値10,000が残った状態でイベントが終了すると、その経験値は自動的にアメリカTier1戦車 T1Cunninghamに移される。

ゴールドがなくてフリー経験値に変換が間に合わなかったといって焦らなくても大丈夫ということだ。

 

8bitWoTについてはこんなところだろうか?簡単だし、小隊で戦えば効率も良い、遊ぶ分にも楽しいのでぜひとも遊んでみてくれ。

 

それと9.6の日本語版テストノートが公開された。URLは下に貼っておく。

http://worldoftanks.asia/ja/news/pc-browser/23/update-96-common-test-notes/

大体前に書いたのと同じ感じだろうか?一部違いはあるがニュアンス的には合っていたよう…だ?たぶんだがね…気になるのであればリンク先を参照してくれ。

 

イベントも紹介し終えたし今回はこの辺で終わりにしておこうかね、それではまたごきげんよう。

 

WoT ver9.6

公式サイトにてテストノートが公開された、まだ確定的なものではないが、公式から発表されているものなので信ぴょう性は確かだ。

なお、まだ日本語での公開はされていないのでGoogle翻訳に頼ったべらぼーな内容になっている。英語が読めればまた違うんだが…

私の分かる範囲とニュアンスでとりあえず書いていこう。

【重要な変更点】

レティクルの中での拡散分布を変更

搭乗員の職務を変更可能に(装填手→車長

連絡先リストを変更

駆逐戦車及び一部戦車の視界範囲を再調整

 

【車両についての変更】

スーパーテストプレイヤー向けに以下の車両を追加

T-54(1945) ソ連Tier8中戦車

M4は、ティアⅤ米国媒体タンクを改善しました←翻訳が意味不明

M56スコーピオンアメリカTier7駆逐戦車

Pz.3 Ausf.K ドイツTier5中戦車

FV4202 イギリスTier8中戦車

Object730 ソ連Tier8重戦車

 

HD化される車両

ドイツTier7重戦車 Tiger(P)

ドイツTier8駆逐戦車 Ferdinand

ドイツTier10重戦車 E100

フランスTier10重戦車 AMX 50 B

ソ連Tier9駆逐戦車 Object.704

 

T28Concept Stuart1-4 Achillesの破損モデルを修正

 

【マップとオブジェクトの変更】

草原 ムロヴァンカ レッドシャイアの地形にいくつかの凹凸を修正

鉱山でのゲームパフォーマンスを改善

WoTから「竜の峠」を完全に削除

チームバトルモードに「鉱山」「砂の川」「湖の村」を追加

チームバトルでのヒメルズドルフのゲームプレイを改善

スターリングラード上のバリケードを追加・変更

マリノフカ・ハリコフ・修道院・Fiery Salient?でゲーム開始前のカウント中に大砲の準備の効果を追加

大草原・崖・砂の川のマップへの影響を改善しました ?

ムロヴァンカの一部の茂みが隠蔽率を発生していない問題を修正

 

【車両への変更点】

アメリカ戦車の修正

・T95E2

修理コストを31%削減

・M41軽戦車

再装填にかかる時間を全砲塔・全砲で延長

・T37

76mm Gun T91 の拡散範囲を0.36→0.38に増加

T41 Pilot number 1(改良砲塔)の視界を390→385に減少

・T71

移動中のレティクル拡散を23% ~ 25%減少

砲照準時間を2.3秒から2.1秒に減少

・T21

移動中のレティクル拡散を12% ~ 14%減少

不整地での履帯性能を向上

砲の再装填時間を向上

耐久値を590から600へ向上

ソ連戦車の修正

・T-54軽戦車

履帯性能を向上

照準時間及び再装填時間を向上

耐久値を1200から1250に向上

・MT-25

照準時間及び再装填時間を向上

レティクル拡散及び精度を向上

中華戦車の修正

・59-16

移動中のレティクル拡散を10% ~ 11%減少

再装填にかかる時間を減少

耐久値を初期砲塔 530から550 改良砲塔 580から590に向上

・WZ-132

移動中のレティクル拡散を12% ~14%減少

再装填にかかる時間を減少

レティクル拡散及び精度を向上

耐久値を初期砲塔950から1000 改良砲塔1050から1150に向上

・WZ-131

移動中のレティクル拡散を11% ~ 12%減少

再装填にかかる時間を減少

レティクル拡散及び精度を向上

耐久値を初期砲塔800から820 改良砲塔880から900に向上

ドイツ戦車の修正

・Aufklarungspanzer Panther

不整地地形でのりたい性能を向上

視界範囲を390mから400mに向上

10,5cm KwK L/28のレティクル拡散を17%減少

7.5/5.5cmWaffe0725の再装填にかかかる時間を3.4秒から3.3秒に減少

レティクル拡散を17%減少

 

以下の車両戦車の視界範囲を増減

T110E3 400→390

T110E4 400→390

T67 初期砲塔350→320 改良砲塔370→340

M8A1 370→320

T40 400→310

T82 370→300

重戦車T29 初期砲塔330→350

Object263 410→390

Object268 400→370

Object704 390→360

ISU-152 370→350

SU-85B 390→310

SU-76 350→290

中戦車T-34 初期砲塔 240→320

AMX 50 Foch(155) 400→380

AMX 50 Foch 390→380

S35 CA 400→340

Renault UE 57 360→320

Renault FT AC 330→300

重戦車ARL44 初期砲塔 320→340 改良砲塔 330→350

WT auf E100 420→380

Rhm-B.WT 400→360

WT auf Pz.4 410→370

Pz.Sfl 4c 380→340

JgPz E100 400→390

Nashorn 390→360

JPanther 370→360

JPantherⅡ 380→360

Marder38T 360→320

St.Emil 400→370

MarderⅡ 350→310

Pz.Jag.Ⅰ330→300

FV215b(183) 400→390

Alecto 390→330

UC2-pdr 330→300

ValentineAT 360→320

 

以上になる。一部車両を除き駆逐戦車の大半が視界範囲を減少させられる。

とまぁ…なんというか翻訳不足ではあるが日本語でのテストノートが発表されたらまた詳細を書く事にしよう。

テストノートの写だけではあるがここで、それではまたごきげんよう。