Object 705A 装甲厚など

Object705A_frontObject705A_sideObject705の正当進化系である705A、基本的な厚みを増加させ、より堅牢にしたようなイメージだ。実際のところは大きく進歩していないのが現状だが、それは装甲厚よりも火力の面を強化した影響だろう

車体正面は全体的に20 ~ 30mm以上の強化が図られており、Tier8で相手するには厳しい相手となった、車体上面は課金弾クラスなら十分貫徹が可能だが、あくまでこれは真正面を向いていた話だ。Object705A_frontそれぞれ切りかけ部分は傾斜もあいまりかなり硬い、正面見ているときは車体下部を狙うようにしよう。

車体下部が撃てない場合は砲塔の端っこよりちょっと下の部分、ここは元の厚みが40mmのため、120mm砲以上ならば貫徹が可能になる、非常時には数少ない貫通ポイントとなるため、覚えておいて損はないはずだ。

 

そして側面がこちら、こっちも全体的に厚みが増しているが、増厚しきれて居ない部分もある、特に履帯と空間装甲の隙間部分は増厚されておらず、昼・豚飯角の際には相変わらず弱点となりうる場所だ、HEATならば特にここを意識して撃つことで、貫通の可能性が上がるだろう。Object705A_side

砲塔側面は素の厚みで200mm前後あるため、垂直に撃ち込めるのであれば十分貫徹が可能だ、砲身の方まで行くと傾斜が復活し始めるので注意が必要だ。また、後ろの方に行けば行くほど傾斜が強くなり、強成跳弾の可能性が上がる、要注意だ。

Object705系列は純粋な装甲厚が売り、というわけではなく、水準レベルの防護力に加えて高い攻撃力を売りとするツリーのように思える、Tier9の705はObject257の砲を積むことによりより至近距離での戦闘で安定性を見せる。

反面705Aは単発火力が大きく伸び、より単発交換の有効性が高い車両となった、これはドイツの重戦車ツリーであるE75/E100に似通っている部分があり、使い勝手自体もほぼ変わらないのではないのだろうか。

もちろん705Aはまだ乗れていないので確定はできないが、705にのった感触的にはそんな感じだ。

Object.705 装甲厚など

前回のTwitterで募集したアンケートでObject705/705AとT110E〇シリーズが調査対象となった、まずはObject.705、Object257と同時に実装された車輛だが、Tier9はそれほど特徴的ではない、ものの、純粋な硬さという意味では優秀な面を見せる。

 

正面装甲は平均的、という感じ、正面はそれほど固いというわけではないが、砲塔と切りかけ部分は非常に硬い、あと正面上部を220mm ~ 240mmと表記しているが、正しくは250mm ~ 280mmだ。

砲塔の天板は155㎜程度の厚みとなっているが、元の厚みは60㎜のため、この部位をAP類で貫通させるには180㎜以上の砲口径が必要になる。ので、弱点とは言い辛い。正面きって相手にするのであれば、車体下部を積極的に狙うことが重要だ、それが可能でないならば、車体上面、それも不可能なら逃げるのが無難だ。

砲の真ん中を狙えば防盾だけになる戦車も多いが、この車輛の防盾は270㎜の厚みを持ち、砲の根元からすでに傾斜が始まるためAPであったとしても必要貫通力は300㎜を超える、APCRだったとしても310㎜程度ならば貫通は難しいだろう。Object705_front

 

次は側面、甲府砲塔なのでそれなりに固いかと思えばそれほどでもなく、空間装甲の恩恵も少ない、全般的に200㎜程度の貫通力があれば弾かれることは少ないが、砲塔部分は厚い部分が多くある。

側面は180㎜の箇所に30㎜の空間装甲を持つ、それ以外は履帯を除き空間走行には覆われていない。傾斜も少ないため、変な弾き方はされないだろう。Object705_side

素の装甲厚は言うほど高くはないものの、豚飯角をとった際にはTier9重戦車にふさわしい耐久を見せるだろう車輛だ、その場合、切りかけ部分がもろくなるかと思われるが、そこを狙えるかがカギになる。側面は豚飯角の場合、大部分が30㎜の空間装甲に覆われる形になる、HEATを使うのであれば、履帯の若干上を狙うことで、空間装甲での吸収を避けることができるだろう。

明確な弱点部位が少なく、全体的に水準を満たした装甲で、ぱっと見かなり良い戦車に見える。攻撃性能などはもしかしたらそこまでかもしれないが、Tier9であればそんなに苦労することもあるまい。まぁ実際に乗っていないので何とも言えないが、いずれ乗る予定だ。

Object.257 装甲など

Object.257、前回のアップデートでT-10と位置を交換したTier9HTでWG曰く「T-10はIS-7の前身として車輌特性が不適格である。そのためIS-7の前身として的確な車輌を用意した。」だそうだが誰がどう見てもIS-7に全く特性を引き継げない性能をしている。

shot_285.jpgアップデートから1ヶ月と立たない現状では、未だこの車輌の装甲厚を把握しきれていない人達も多いだろうが、とても奇妙、いや奇抜な装甲配置をしている。まぁ実際に装甲厚を見ていけばわかっていくだろう。

Obj257_FrontObj257_Side

それぞれ前面と側面からみた図だ、赤い四角で示してある部分は装甲厚が厚い、もしくは貫通が難しい部分になる。正面から見ていこう。

Obj257_Front

車体上面及び車体下部はTier9重戦車としては平均的である。個々は特筆すべき点はないが、元の厚みが130mmなので撃ち下ろし角度になると更に厚みが減る。留意すべき点だろう、こいつより車高が高い車両ならば、実際は250mmほどの貫通力で足りるだろう。

砲塔正面は極めて堅牢だ、元の厚みが優秀な分すきがない配置となっている、330mm以上の貫通力を持つならば、貫徹も望み薄ではないが、極力は車体を狙うことをおすすめする。

天板・キューポラは若干厚みが変で、天板は90mmで元が30mmなので[120] 90mm以上の砲ならば強制貫通が見込める。明確な弱点箇所だ。キューポラは突出した部分のみが150mm~200mmで、その下の部分は砲塔と同程度の厚みを持つ。留意せよ。

Obj257_Side

そして問題の側面、今回は特別に一部角度を記載した、側面下部の角度が尋常でなくついており、HEATすら強制跳弾する角度になっている。真横から見てこの状況なので、撃ち上げるような角度にでもならない限りはまず貫通は見込めないだろう。素の厚みも45mmあり、側面を貫くのに必要な口径は150mm以上となる。側面の空間装甲がある部分は、ISシリーズ特有の謎角度が中で組まれているので、極力避けるほうが無難だろう。その他は特に特筆すべき点はない。

総じて見るとObject.907の装甲配置を重戦車に転用したような配置になっており、IS-7ともT-10とも呼べぬ代物になっている。側面の厚みは特に異常で、ランダム戦での側面装甲の常識が通用しない。この車輌の側面を撃つのであればよく思い出してから撃ったほうが良いだろう。

 

SConqueror

Ver9.20.1でFV215bと置き換えられたわけだが、これまたちょっとしたものだ。昔のE5を彷彿とさせる砲塔の固さと火力投射、俯角も10°と広く、地形を選べば昔のE5と遜色のない性能を発揮できるだろう。

Mバッチの基準は1300くらいだろうか、はまれば強いこの戦車であればそういった場面に出くわせば案外簡単に取れるだろう。そういえば優等3を持っているプレイヤーを見かけたが…FV215bとは別枠の車輌故このSCで戦ってしっかりと撮ったんだろうな。

運用としてはE5に近い形で問題ないはずだ、DPMと俯角は良好で、しっかりと頭を押さえていればかなり強固な位置取りができる。敵が強気に攻めてきても頭を常に出して戦っていれば割りと引っ込んでくれたりする。

まぁ難点があるとすれば車体自体の挙動が微妙に重いところくらいだろうか、旋回したりするときに少しもっさり感がでる、扱いで注意すべき点はそこら辺だろうか。

 

さて、それぞれの装甲厚については気になるところだが、要点だけ抑えておこう。HAETとAPCRでは貫通できる範囲が大きく異る。車体正面はHEATよりAPCRの方が貫通率が高く、砲塔正面に関しては貫通力が高いHEATのほうが適している。どちらにせよ貫通できる場所は極端に少なく、狙いにこまる相手であることは間違いない。

とりあえず砲塔の空間装甲は対HEATと言うより対HEのようなイメージだな、もとよりHEATでも貫通させづらい箇所だった故に増加装甲の恩恵は体感しづらい。むしろ側面や車体上面に増加装甲がついた恩恵が大きい。

 

SConqは非常に強力な車輌に出来上がった、CWや集団戦でもPickされる機会は多くあるだろう。昔のE5と同じような立ち位置として運用されることが多いだろうな。