Object 705A 装甲厚など

Object705A_frontObject705A_sideObject705の正当進化系である705A、基本的な厚みを増加させ、より堅牢にしたようなイメージだ。実際のところは大きく進歩していないのが現状だが、それは装甲厚よりも火力の面を強化した影響だろう

車体正面は全体的に20 ~ 30mm以上の強化が図られており、Tier8で相手するには厳しい相手となった、車体上面は課金弾クラスなら十分貫徹が可能だが、あくまでこれは真正面を向いていた話だ。Object705A_frontそれぞれ切りかけ部分は傾斜もあいまりかなり硬い、正面見ているときは車体下部を狙うようにしよう。

車体下部が撃てない場合は砲塔の端っこよりちょっと下の部分、ここは元の厚みが40mmのため、120mm砲以上ならば貫徹が可能になる、非常時には数少ない貫通ポイントとなるため、覚えておいて損はないはずだ。

 

そして側面がこちら、こっちも全体的に厚みが増しているが、増厚しきれて居ない部分もある、特に履帯と空間装甲の隙間部分は増厚されておらず、昼・豚飯角の際には相変わらず弱点となりうる場所だ、HEATならば特にここを意識して撃つことで、貫通の可能性が上がるだろう。Object705A_side

砲塔側面は素の厚みで200mm前後あるため、垂直に撃ち込めるのであれば十分貫徹が可能だ、砲身の方まで行くと傾斜が復活し始めるので注意が必要だ。また、後ろの方に行けば行くほど傾斜が強くなり、強成跳弾の可能性が上がる、要注意だ。

Object705系列は純粋な装甲厚が売り、というわけではなく、水準レベルの防護力に加えて高い攻撃力を売りとするツリーのように思える、Tier9の705はObject257の砲を積むことによりより至近距離での戦闘で安定性を見せる。

反面705Aは単発火力が大きく伸び、より単発交換の有効性が高い車両となった、これはドイツの重戦車ツリーであるE75/E100に似通っている部分があり、使い勝手自体もほぼ変わらないのではないのだろうか。

もちろん705Aはまだ乗れていないので確定はできないが、705にのった感触的にはそんな感じだ。

Object.705 装甲厚など

前回のTwitterで募集したアンケートでObject705/705AとT110E〇シリーズが調査対象となった、まずはObject.705、Object257と同時に実装された車輛だが、Tier9はそれほど特徴的ではない、ものの、純粋な硬さという意味では優秀な面を見せる。

 

正面装甲は平均的、という感じ、正面はそれほど固いというわけではないが、砲塔と切りかけ部分は非常に硬い、あと正面上部を220mm ~ 240mmと表記しているが、正しくは250mm ~ 280mmだ。

砲塔の天板は155㎜程度の厚みとなっているが、元の厚みは60㎜のため、この部位をAP類で貫通させるには180㎜以上の砲口径が必要になる。ので、弱点とは言い辛い。正面きって相手にするのであれば、車体下部を積極的に狙うことが重要だ、それが可能でないならば、車体上面、それも不可能なら逃げるのが無難だ。

砲の真ん中を狙えば防盾だけになる戦車も多いが、この車輛の防盾は270㎜の厚みを持ち、砲の根元からすでに傾斜が始まるためAPであったとしても必要貫通力は300㎜を超える、APCRだったとしても310㎜程度ならば貫通は難しいだろう。Object705_front

 

次は側面、甲府砲塔なのでそれなりに固いかと思えばそれほどでもなく、空間装甲の恩恵も少ない、全般的に200㎜程度の貫通力があれば弾かれることは少ないが、砲塔部分は厚い部分が多くある。

側面は180㎜の箇所に30㎜の空間装甲を持つ、それ以外は履帯を除き空間走行には覆われていない。傾斜も少ないため、変な弾き方はされないだろう。Object705_side

素の装甲厚は言うほど高くはないものの、豚飯角をとった際にはTier9重戦車にふさわしい耐久を見せるだろう車輛だ、その場合、切りかけ部分がもろくなるかと思われるが、そこを狙えるかがカギになる。側面は豚飯角の場合、大部分が30㎜の空間装甲に覆われる形になる、HEATを使うのであれば、履帯の若干上を狙うことで、空間装甲での吸収を避けることができるだろう。

明確な弱点部位が少なく、全体的に水準を満たした装甲で、ぱっと見かなり良い戦車に見える。攻撃性能などはもしかしたらそこまでかもしれないが、Tier9であればそんなに苦労することもあるまい。まぁ実際に乗っていないので何とも言えないが、いずれ乗る予定だ。

Object.257 装甲など

Object.257、前回のアップデートでT-10と位置を交換したTier9HTでWG曰く「T-10はIS-7の前身として車輌特性が不適格である。そのためIS-7の前身として的確な車輌を用意した。」だそうだが誰がどう見てもIS-7に全く特性を引き継げない性能をしている。

shot_285.jpgアップデートから1ヶ月と立たない現状では、未だこの車輌の装甲厚を把握しきれていない人達も多いだろうが、とても奇妙、いや奇抜な装甲配置をしている。まぁ実際に装甲厚を見ていけばわかっていくだろう。

Obj257_FrontObj257_Side

それぞれ前面と側面からみた図だ、赤い四角で示してある部分は装甲厚が厚い、もしくは貫通が難しい部分になる。正面から見ていこう。

Obj257_Front

車体上面及び車体下部はTier9重戦車としては平均的である。個々は特筆すべき点はないが、元の厚みが130mmなので撃ち下ろし角度になると更に厚みが減る。留意すべき点だろう、こいつより車高が高い車両ならば、実際は250mmほどの貫通力で足りるだろう。

砲塔正面は極めて堅牢だ、元の厚みが優秀な分すきがない配置となっている、330mm以上の貫通力を持つならば、貫徹も望み薄ではないが、極力は車体を狙うことをおすすめする。

天板・キューポラは若干厚みが変で、天板は90mmで元が30mmなので[120] 90mm以上の砲ならば強制貫通が見込める。明確な弱点箇所だ。キューポラは突出した部分のみが150mm~200mmで、その下の部分は砲塔と同程度の厚みを持つ。留意せよ。

Obj257_Side

そして問題の側面、今回は特別に一部角度を記載した、側面下部の角度が尋常でなくついており、HEATすら強制跳弾する角度になっている。真横から見てこの状況なので、撃ち上げるような角度にでもならない限りはまず貫通は見込めないだろう。素の厚みも45mmあり、側面を貫くのに必要な口径は150mm以上となる。側面の空間装甲がある部分は、ISシリーズ特有の謎角度が中で組まれているので、極力避けるほうが無難だろう。その他は特に特筆すべき点はない。

総じて見るとObject.907の装甲配置を重戦車に転用したような配置になっており、IS-7ともT-10とも呼べぬ代物になっている。側面の厚みは特に異常で、ランダム戦での側面装甲の常識が通用しない。この車輌の側面を撃つのであればよく思い出してから撃ったほうが良いだろう。

 

Object.907

さて、今回のCWで獲得した人は多いだろうがこの車輌の持ち味とかはまぁいろんなサイトで語られているようにソ連のいいとこ取りであり、ラッシュにおいてはMTの中で最有力の戦力とも言えるだろう。

Opera スナップショット_2018-01-27_152816_tanks.ggこいつの一番嫌なところは非常に厄介な装甲配置と車体形状である。外見上の再はObject140とくらべてみても多少コンパクトな程度であるが、側面から見た場合の車体が非常によろしくない。

また、車体上面に関しては基本が60°、端によればよるほど70°になりAPCRの強制跳弾角を意識していなくても生み出せる。つまり、APCRに対する耐性は車体上面が極めて高い。おそらく同格MTの中でもE50Mに次ぐ車体上面の硬さを見せるだろう。さて、話題の側面だが。とりあえず略図から。

 

概ねこんな感じ、上側が大体なイメージ、戦場で907を見つけた場合はこの辺りに撃てばだいたい貫通できる。そして車体を真下から見た場合、車体は船底のように逆三角に萎んでいる。略図砲塔の真下はターレットリングがむき出しになっているのでここは普通の四角い車体と変わらないが、他は完全な船底型となっており、下に行けば下に行くほど角度が付き、強成跳弾の確率が上昇する。これがこの車輌の不思議なところで、外見上は四角い形をしているくせに内面は船底型とかまじで意味がわからない。

 

ビジュアル上のイメージだとこんな感じだ、青色が当たるところ。なんと詐欺なことか。車体下部の大半とは言わないが後方はスカスカである。側面からみた場合はダメージが期待できる部位が約7割くらいだろうか。HitBox_車体.png

イメージだけだとよくわからないが、実際に図にしてみるとなんとも…ゾッとするね。まぁこの車輌の強みでもあるがね、これだけコンパクトに纏められた車体だが、その実装甲厚はE50M以上で被弾面積はBc 25t並、その上攻撃性能はソ連MTの特性を引き継いでいるため、一旦ポジションを取られでもしたら奪還するのは非常に難しい。

ランダム戦でも覚えはあるだろう、最前線の強ポジに入ったこの車輌を撃破するのは非常に難しい、対策は基本的にないが複数の車輌で同時に攻撃を行うか、至近距離で複数の車輌でボコボコに殴るのが良いだろう。

あとは自走砲がいれば任せても良いが、ランダム戦では多少も期待ができないのでこれは無視しよう。

 

砲塔

対処のしようがあるとすれば砲塔くらいだ、それぞれの■が配置されている場所の装甲厚は図内の判例を参照だ、砲身の真横であれば通常弾でも十分に貫通が見込めるだろう、横に連れてみるみる装甲厚が増えていくので、やはり撃つのであれば300mm以上の貫通力が望ましい。

特に、天板は60mm ~ 150mmとなっているが、基本角度が60°以上となっているため実厚40mmの3倍である120mm以上の砲を持ってせねば強制貫通とはならない。なので907のハルダウンに対して最も有効なのは120mm以上の口径を持ち、貫通力が300以上のAPCRを持つ車輌となる。MTは大半が例外となるな。

それだけ相手にし難い車輌だということだ、極力1対1での戦闘は避け、自分の有利な土台に上がらせてから戦闘するほうがよっぽど建設的だろう。触らぬ神に祟りなしだ。

 

Bager 性能資料

Ver9.21からFV215b 183と置き換えで実装されたイギリスTier10TDだ、ランダム戦・グランドバトルでも大量発生しており、その生存能力の高さからも量からももはや白いゴッキーのような印象を受ける。

DPMは換気・ラマー・戦友で4100と最高値となっている。精度・貫通力・照準速度もすべて高水準に達しており、砲撃能力はTier10随一といえる。耐久値も2,100とTier10TDの中では2番めに高い。

運用的には典型的TDではなく前線で重戦車の合間を縫って差し込んだり、中遠距離で持ち前の装甲厚を活かし、耐えながら戦うなどが良いだろう。どちらかと言うとTier10水準の砲性能・装甲厚に上昇させたJagdTigerといえるだろう。

 

Badger_APCRさて、装甲厚だが、全部の箇所を書いてたら色々手間なんで主要な部分のみを抽出していこう、APCRでは概ね340mm ~ 350mmといったところだろうか、弱点部分は240mm ~ 280mmとかなり均等な装甲厚になっている。Tier10通常弾ではこいつを素直に抜くのは厳しいだろう。課金APCRならば350mmほどの貫通力を持っていれば選ぶとこを選べば貫通は見込めるだろう。

角度をつけた場合でも基本は同じだが、抜ける箇所は更に減る。車体下部でも250mmと、下振れした場合は貫通できない場合も多い。特に車体下部の端側は290mmとなり通常APCRでは貫通の見込みは低い。

Badger_HEAT面白いことに対HEATはなぜか耐性が強くなっている。貫通力が高くなったとしても抜きづらい。340mmクラスの貫通力があれば車体前面のコブのようなところが抜きやすいだろう。あとは車体前面の傾斜部は340mmと厚み自体が薄い。上振れ次第では貫通は十分に見込める。

総じて車体はかなり硬い。車体下部を狙えない場合は正面からの戦闘は避けるべきだ、特に単独で戦闘は絶対に禁物だ。貫通力の面でも火力の面でもこいつに勝てるTier10戦車は存在しない。対処方としては慎重に囲んでいくのが良いだろう。履帯を切断し、動きを止めるのも良い。とにかく後回し後回しで最後に残った数枚で囲んでぶっ叩きまくるのがいい。もし正面からぶつからないと行けない場合は、必ず2枚以上で対応することだ、1発を受け、2発を返す状況を作らなければ無駄にゴリゴリ削られることになるだろう。

 

Tier10戦車としては圧倒的な戦闘力で押し潰していくタイプだ、T110E3やJagdE100ともまたちょっと違うが、後方に置かれるのもまた厄介だが、前線に置かれるのもまた厄介。一番は構われずに放置されることだろう。

 

SConqueror

Ver9.20.1でFV215bと置き換えられたわけだが、これまたちょっとしたものだ。昔のE5を彷彿とさせる砲塔の固さと火力投射、俯角も10°と広く、地形を選べば昔のE5と遜色のない性能を発揮できるだろう。

Mバッチの基準は1300くらいだろうか、はまれば強いこの戦車であればそういった場面に出くわせば案外簡単に取れるだろう。そういえば優等3を持っているプレイヤーを見かけたが…FV215bとは別枠の車輌故このSCで戦ってしっかりと撮ったんだろうな。

運用としてはE5に近い形で問題ないはずだ、DPMと俯角は良好で、しっかりと頭を押さえていればかなり強固な位置取りができる。敵が強気に攻めてきても頭を常に出して戦っていれば割りと引っ込んでくれたりする。

まぁ難点があるとすれば車体自体の挙動が微妙に重いところくらいだろうか、旋回したりするときに少しもっさり感がでる、扱いで注意すべき点はそこら辺だろうか。

 

さて、それぞれの装甲厚については気になるところだが、要点だけ抑えておこう。HAETとAPCRでは貫通できる範囲が大きく異る。車体正面はHEATよりAPCRの方が貫通率が高く、砲塔正面に関しては貫通力が高いHEATのほうが適している。どちらにせよ貫通できる場所は極端に少なく、狙いにこまる相手であることは間違いない。

とりあえず砲塔の空間装甲は対HEATと言うより対HEのようなイメージだな、もとよりHEATでも貫通させづらい箇所だった故に増加装甲の恩恵は体感しづらい。むしろ側面や車体上面に増加装甲がついた恩恵が大きい。

 

SConqは非常に強力な車輌に出来上がった、CWや集団戦でもPickされる機会は多くあるだろう。昔のE5と同じような立ち位置として運用されることが多いだろうな。

Object.263

 

諸兄はサイボウズっていうグループウェアを知っているだろうか?まぁ調べてみればわかるが、グループ内に所属している人同士で情報のやりとりをできるアプリのことだ、なんでこんな話してるかっていうと家のブログにサイボウズからのアクセス記録が残っていた。もしや会社の人にバレたんではないかとちょっとビクビクしてる。

さて、それはさて置き今回研究するのはソ連Tier10駆逐戦車「Object.263」だ、初見殺しにも程があるその装甲配置、研究しなくてはなかなか貫通させることは難しい。

写真 2015-07-06 19 05 57

 

車体正面は驚きの400mm近くの装甲厚を発揮し、Tier10戦車でもごく一部しか貫通することは難しいだろう、戦闘室正面は比較的柔らかめだが、それでも350mm近くの厚みだ、ものっそい硬さだな。

弱点としては2箇所あり、車体下部がまず一点、ここは150mmの傾斜となっており、概ね200mmといったところ。Tier9でも十分貫通し得るほどの厚みしかないが、ここを狙うのは実は至難の業。このObject.263はRoFも高いため、落ち着いてコイツの弱点を狙う機会ってのはなかなかない。

また機動力も並みのTD以上に確保しており、車体を左右に振られたりすると思っている以上に当てにくかったり、妙な角度で弾かれてしまったりする。

もう一箇所は防盾だ、画像では真っ赤な表示になっているがあんまり気にしないでくれ、防盾の裏には装甲板が配置されておらず、防盾に頼り切った装甲厚になっている。なのでここは270mmの空間装甲1枚ってことだ。ここでHEATだった場合は少し貫通力が落ちることを考えてちょっとだけ計算してみる。

250mmの実厚+傾斜で270mm、着弾後の貫通力減衰で0 ~ 40mmほどの貫通力を持ってかれる。そのためHEAT弾でここを撃った場合の実厚はおおよそ310mm ~ となり、下振れすれば非貫通は避けられないだろう。だが高ティアのHEATはだいたい330クラスの貫通力を保持しているものが多く、角度がついていなければ十分貫通させることはできる。と思う。

もう一箇所一応弱点と呼べるかどうか微妙なところだが、ほかの箇所よりは薄いところがある。見てわかるとおり戦闘室と車体正面の境目、垂直になっている部分だ。投影面積が非常に狭く、動かれたりすると当てにくいこの部分だが、垂直ということもあり実厚の250mmぽっきりとなっている。

とは言えど250mmは案外硬い、Tier10ならば狙う価値もあるかもしれないが、Tier9やTier8ではここを狙うよりは素直に車体下部、もしくは高ティアの味方にコイツの処理を任せる他ないだろう。

さて側面を見ていこう。

写真 2015-07-06 19 06 07

まぁ正面があんだけ硬いから側面はさすがに柔らかいな、全面60 ~ 80mm構成で履帯部は20mm換算だ。言うまでもなくHEATで変なところを撃たない限りは格下Tierでも貫通は容易だろう、側面を取れば殺れるっていうのはコイツのことだ。

ただちょっと前にも言ったとおり、コイツはコイツで結構な機動力を備えていることを忘れないように、側面取れば勝てるとNDKをしようとしたら、思ったより回転が速くて追いつかれたやられてしまった~なんていうのはおそらく珍しくはない。

 

とまぁ装甲厚に関してはこんなところか、最後にまとめて終わりにしよう。まぁまとめるとこんな感じ。

  • 車体正面・・・390 ~ 410mm
  • 車体下部・・・190mm
  • 戦闘室正面(傾斜部)・・・350mm ~ 370mm
  • 戦闘室正面(垂直部)・・・250mm
  • 防盾・・・250mm ~ 500mm
  • 車体側面・・・60 ~ 90mm

こんなかんじだな、補足になるが防盾はできる限り上の方を狙ったほうがいい、下の方は防盾以外にも装甲が配置されているらしく、部分的に700mmを超える箇所すら出ている。

 

攻撃力の方もサラっと触れておこう、この車両に備わっている砲は130mm砲で、各砲弾の貫通力は「AP290/APCR330/HE75」だ、単発は550でちょっと低いが、RoFは5.61発と結構早い。精度は0.32、収束は2.5秒と高ティアのソ連基準で考えてもまとまった性能と言えるだろう。

APが290っていうのも魅力だが、330がAPCRで撃てるっていうのも大きな魅力だ、履帯に吸われる事なく超弾速の砲弾を敵にお見舞いできるってわけだ。

 

残念ながら俯角は4度しか取れず、左右の砲射界も7度と少し狭い、平地での速度は55kmとなっているが、これが本当かは乗った人しかわからんだろう。全体的に起動力を活かしながら攻撃的な運用ができる数少ないTier10TDのように見て取れる。

ちょっと乗りたくなったな。いずれ作るつもりだし楽しみだ。