戦場の虎 完遂

偉そうに語っておきながら2週間方以上放置するとは何様だと言いたいだろう、本当に申し訳ございませんでしたァ!それはさておきCWが終わった。軽い振り返りと感想を出しておこう。ちなみに報酬車両はもちろんObject.907ではないT95/FV4201 Chieftainを取得する予定だ。Object.907を所持していない諸君は特殊な事情を除きObject.907を取得することをお勧めしよう。あれは今後の、いや既にメタになっている車両だからな。

https://worldoftanks.asia/ja/news/clan-wars/soldiers-of-fortune-announcement/

年始から開始されると噂されていたがその実1月末からの開始でその点は安心していたが、やはり内容は過密スケジュールだったようだ。毎度のことながらCW運営に関わる事の無いこの身だが、どのクランでも運営は禿げ上がるらしい。

今回のCWでは車両の獲得は無事に済ませた、今回CROWNにお邪魔させてもらったが彼らがCWイベで常に1位に居続ける理由というのがなんとなく体感でわかった。その理由は後程語るとしてまずは管理組と指揮組の人たちに感謝を、ありがとう。そしてお疲れ様でした。

 

Tier10主体のCWとなったわけだが、普段のCWからは一つまた主流が変わったようだ。それは時間の経過によるものでもあるし、新マップや時代の流れのメタ的なところもあると考えている。

今回CWで多用された車両は以下の通りだ

【大量にPickされた車両達】

Object.277 / Object.907(Object.140)/ WZ-111 model 5A / Object.260

【Pick率は高いが数は少ない車両達】

T100-LT / S.Conqueror / Type5Heavy / IS-7 / Bat 25t / Object.430U / AMX50B / T57Heavy / Maus / VK72.01K / Strv 103.B / T92HMC  / CGC / G.W.E100

指揮官の傾向にもよるが、大量Pickされた車両達の中にはObject.260 / Object.907という特別枠の車両もある。しかし、これは代用されてPickされるわけではなく、戦闘の主体となるべくPickされる場合が殆どだ。

パーソナルミッションの難易度緩和によりObject.260は比較的入手しやすくなったものの、それでもサーバー全体での所有率はObject.907より低い。Object.907はCWが起こるたびに増えていくが未所有のプレイヤーはまだまだ存在する。

しかし、なぜこのようなことが起こっているのか。まぁ単にこれらの車両が強いというのもあるが、相手が使ってきた場合にこれに対するカウンターとなり得るのが同車両といういわゆる相手が使ってきたらこっちも使わないと対抗し辛い現象だ。そしてそれらの車両の代替としてObject.277、WZ-111 model 5A Object.140があるという、もはや手段と目的が逆転したような車両バランスになりつつある。

 

特に今回のCWでは機動的なタクティクスが多く採用されており、順々に詰めてくタクや、重戦車の重みでひき潰すようなタクは滅多に見られなくなった。もちろんまだそのようなタクティクスを採用しているクランもあるが、時代の流れ的には厚い皮膚より早い脚、になったわけだな。これはある意味では戦争の形態の変化と似たように、時代と車両に合わせた戦術の変化と言えるだろう。

今後は通常CW・進撃戦共にこの最新と呼べる戦術に引っ張られるように流行は変わっていく、我々はそれに合わせた車両や意識を持たなくてはならないだろう。

 

CROWNは統制された管理体制と指揮系統。加えて多種多様な車両の保持と兵士の高い技量。外人部隊の採用によるタイムテーブルを選ばぬ幅広い戦闘時間帯。要は、長い時間、多数の戦闘をこなし、それでいて圧倒的物量の継戦能力を備えながら兵士の質と装備は一級品を揃えられる。正に大手クランと言って差し支えのないクランと言えるだろう。

あのクランに対抗するのであれば、他のクランは意識を改めなくてはならないだろうな、分離・再統合を繰り返しまばらに散ってしまった熟練の兵士を一か所に集めその元で一通り操舵・戦闘が行える兵士を徴用する。それこそまさにただの分離・再統合ではなく計画的な再統合が必要だ。

それに、育成しつつ勝利を収めるなどと言う夢物語は、そこらへんの凡俗では不可能なことだ。無理なんだよ。現にCROWNでは育成こそすれどそれは一からではなくある程度の積み上げがあってこその育成だ。そこらへんの中小クランが抱えている戦力にもならないプレイヤーを一から育てる手間はとっていない。育成するならば育成するで、それ専用の機関に投げ入れなければ労力に見合った労働力は得られない。

まぁそのためにあるクラン、いやPTA-Sはあるはずなのだが今回のCWではそれも疑問に持たなくてはならなくなった。CROWN派遣組は問題なく(技量的には問題は多少あったが)CWを完遂した。しかし、他クランに派遣された兵員はなにやら風の噂によればあまり役に立たなかったらしい。講師要員としては耳の痛い話だが残念ながらまともに講師として活動したのは12月半ばからだ。たった1か月では育ち切るものも育ち切らない。

 

育成の方針も誤っていた、一対多で育成できる能力というのには限度がある。もちろん一対一でも限度というものはあるが、一対多よりは随分よい。一対多で育成できるのはせいぜい3人~4人がいいところだ、それ以上は見切れない。

Tier6拠点戦を使った育成はHA03でその効果を実証済みだ、私を指揮官として立て、熟練を2~3名混ぜ、残りに新兵枠を取る。こうすることである程度の統制が取れながらも新兵を育成できるという体制が出来上がる。まぁその結果として2017年の活動記録によればTier6拠点戦の勝率は80%を超えていた。そしてHA03で育成された人材は現在ではCROWNの管理部としてCWで活躍している。どうだすごいだろう()

 

まぁ話は逸れたがここから先は本格的隠居を決め込むつもりだ、老兵は先頭に立つべきではないのでね。PTA-Sで育成を続けていくのかはわからないが、まだWoT界を支える気構えでいることは覚えておいてほしい。

PTA_Sでやり始めたこと

12月に入ってからやり始めたことが一つある。4日に一度のペースでTier6拠点ベースで集団戦で気に掛けることや、マップごとの特性などを教える講義だ。

単なるマップ解説ならブログに書けばええやんと思うかもしれないが、人間思った以上にただ見るだけ、読むだけでは覚えられないことも多い。それは受験勉強で見事に失敗してた私が言うんだ間違いない。

その講義の内容とは。ストラトスケッチを使用して、構成のテンプレートを用意、そこから予想される敵の配置や、自分たちがそれに応じてどう動けばよいのか。各自で考える時間を用意して考えてもらったりすることで常に考えるということを癖付していくという寸法だ。

実践こそが全てともいえるが、実際に気にかけていくのは難しいことだ、なんせ戦闘と考察を両立しなくてはならないからだ。ランダム戦では戦技を専攻して覚え、講義で考え方を専行して覚える。効率は悪いが着実な進化を望めるはずだ。

 

この講義は先に書いた通り基本的には4日おきに開催する。参加希望者はtwitterのDMもしくはDiscordにてメッセージをくれれば、講義の際に専用のDiscordサーバーに招待する予定だ。講義の内容は録画ファイルに残しておくので、これまた希望があればその録画ファイルを渡すこともできる。講義中にわからないことがあったら適宜質問も受け付けるし、講義終了後に個別に教えることも可能だ。

現在の講義はまだ人数が少ないので手が回っているが、いずれ4日から5日とかにしてしまう可能性もあるが、できる限り続けていくつもりだ。次の講義は年末年始なので今回は12月30日には行わず、年始である1月4日に行う予定だ。

どしどし参加しておくれよ。

駆逐戦車の効果的運用

長らく更新できてなくて誠に申し訳ない。ちょっといろいろ立て込んでてしまってね。さて、本題に移ろう。

ランダム戦ではそこまで脅威ととらえられることはないが、昨今のTBでも駆逐戦車の評価というものは変わってきている。単に砲の強力な車輛という意味合いではなく、用途に合わせて設計されたシンプルな構造が人気を博している理由かもしれない。

駆逐戦車は過去にも分類したが、単発型/突破型/汎用型の3種類に分類されるものと考えている。JagdE100やFV4005などの一撃の重みに比重を置いた車輛。T110E3やObject.268V4などの装甲を利用して突破を図る車輛。Strv103Bのように継続火力投射に重きを置いた車輛や、限定旋回砲塔を持つT110E4など、駆逐戦車と一括りにされているもののその機能は多様的だ。

もちろん単体での運用という意味では中戦車や重戦車に柔軟性の点で劣りがちだが、その実特定の状況や戦術に合わせて的確な運用をすれば期待通りの活躍をしてくれる素直な車輛たちだ。

 

集団戦において彼らの役割は車輛の特性に大きく作用される。代表的な車輛としてはStrv103Bとなってしまうが、彼らは迎撃に特化した設計をされているため、そのように運用を行うと極めて効果的に作用する。

プロホロフカの0/1ラインが良い例だろう。開け切った地形に、視界をとれる車両さえいればStrv103Bはその火力をいかんなく発揮し、2対1の戦力差を覆す可能性すら出てくる。逆に、0/1ラインを押すのにObject268V4を投入すれば、敵方に迎撃できる戦力がない場合簡単に突破できてしまう。ヒメルズドルフなどの開けた地形と入り組んだ地形が多い場所では、汎用型であるE4が息をしやすく、射撃チャンスの少ない鉱山では単発型がたまに息をする。

適材適所に投入すればいかような車輛でも効果的に機能するのがこのゲームだが、駆逐戦車は今まで避けて通てこれた道だ。しかし、ここにきて設計にあった運用をすることで他車輛よりも活躍することが明確になってきたため、じゃっかん流行りだしてきたというわけだろう。

 

Tier6拠点においては駆逐戦車は中戦車の代わりを務めたりする準主力としての扱いが強いが、中には有用な車輛も少なからずある。Tier6において単発型と呼ばれるSU-100Yは、私もよく使う優秀な駆逐戦車の一つだ。高い単発火力はTier6軽/中戦車を一撃で葬る可能性のある極めて異質な車輛で、その主な役割は直接的な火力投射だ。

単発510という数字は、単にダメージがすごいというだけでなく副次的な効果でフォーカス対象を生み出しやすい、一撃当てればあとは2発入れると撃破できるので、だれの目から見ても明らかにフォーカスをしやすくするのだ。また、その単発火力を恐れるあまり抑止力としての効果も時折発生させる。無理な攻めをさせないようにできる可能性があるということだ。存在感的にはKV-2やO-Iに近いな。運用こそ慣れが必要だが、慣れさえすれば高い火力を生かしていろいろできちゃうのが面白いところだ。

それと勘違いされがちだが、SU-100Yは決して砲精度は悪くない、よく対抗馬としてSU-100を上げられるが、彼のいかなる実用的砲よりも精度が良いのだ。SU-100Y 130mm「0.36」SU-100 122mm 「0.41」SU-100 100mm「0.38」となる。実用的な100㎜ですら、130㎜には精度で劣る。そう考えれば別に精度が低いとは思えないな。

運用は今度また別な記事で書くとして…とりあえず生存報告も兼ねた雑記ということで。これにて終い。

 

APAC LEAGUE S2 ファイナルズ

DfAIWelW0AANTW3アジア地域の頂点を決める戦い、前回はCTが1位、TEが2位、PIFO/NKが3位という結果になった。S2ではCT 1位、NK 2位、PIFO/TE 3位となった。何も語るまい、結果が全てを物語るのだ。おめでとうCarenTiger、ありがとう皆。

アーカイブはここから見れる、日本配信は配信環境の不備により音声・映像が乱れる場面があったので一応英語配信のほうもURL貼っておくよ。【配信ページ – 日本】【配信ページ – 英語

今期のWorld of Tanks アジア圏では最も大きな大会となったわけだが、ようやく全ての工程を終了した。JPNリージョンは他リージョンと比較してもレベルの高いものだったし、規模も一番大きかった。アジア圏ではだけどね。

今年の最大の思い出ともいえる戦いだった、練習の密度は過去一番だったし、メンバーのモチベーションも…まぁ一瞬落ちたとはいえ再度浮上し持ち直すことができた。そういった意味では今までのNKの出来でも最たるものともいえるな。Jpnリージョンでの1位は思い出に残るものだった、Asia2位の称号は控えめといわれるかもしれないがこれは誇ってよいことだ。

Caren Tigerは毎度のことながらやはり底力がある、何か秘めたものがある。GGWPやTEも強敵だが、CTは彼らとは一線を画す何かをもっている。これは間違いない。純粋にプレイヤーとして、チームとして尊敬に値するプレイヤーたちだ。

 

Arpkと俺はJSILから復帰し、チームに大きな貢献ができたと思う。

Arpkはとても熱い男だ、平静を装いつつもその中に秘めた試合に対しての情熱はチームメンバーの中でも随一のものだろう。腕前、状況判断、予測能力、すべてを高水準でこなすプレイヤーというのはそういるわけではない。

LF_kameは情報の処理能力についてはチーム内でトップだ、これは間違いない。各方面で人気者故引っ張りだこだが、彼は優れた能力を持っている。今回の戦いでもその能力を存分に発揮し、チームを率いてきた。

Kidもよいプレイヤーの一人だ、彼自身はあまり目立ったことはしないが、WoTに対する情熱はAdeninに匹敵する。研究に掛ける時間はおそらくチームバトル業界でもかなり時間を費やしている。

Liser0nはオートローダー乗りとして戦いに参加した、Arpkに並ぶ腕前を持ち、NKBatコンビといえばこの二人だな。これは日ごろの鍛錬に裏付けされた実力で、陰ながら努力しているのは素晴らしいことだと私は思う。

Roracleも目立ったプレイヤーではないと思われがちだが、そうではない。AMX50Bの運用手腕は確かなもので、S.Conquerorも信用に足るものだ、重戦車プレイヤーとしてみれば一級品だ、それは確かだ。

FROGは広い見識を持ち、地理研究においてはKidに並ぶ幅の広さを魅せてくれる。それ故ピン刺しのポジションに積極的に採用され、実際の試合でも重要な要素となることは多い。その重圧に耐えながらあれだけの動きができるのは素晴らしいことだ。

LIME_mikanはみんなが知ってる人気プレイヤーの一人だな、NKに入ってから誰もが認めるほどの目覚ましい成長を見せ、もはやNKには欠かせない重要なプレイヤーとなった。うまくなりたい、というプレイヤーは是非とも彼の姿勢を参考にしてほしい。見どころのあるプレイヤーだよ。

Lishはブリッツからの移転プレイヤーだ、今回はどうしてもピックの場面が少なくなってしまったが、実力自体は高水準だ、まだ未熟さこそあるものの磨けば確実に輝く。mikanと同様に、今後ももっと伸びるだろう。

Marmotは実生活が忙しく、S2はあんまり出場できていないかったが、若年ながら高い戦闘力を持つことは有名だろう。過激な発言こそあるものの、高い車輛運用能力は実際にかなり心強いものだった。

Kyoshi2はS2は残念ながら殆ど出場できなかったが、別角度からの視点というものは実際参考になるものが多く、チームのタクティクスに対して与えた影響力はとても高い。S2ではFrogと変わってしまったが、彼と並ぶほどの地理研究力を持ち、同様にLTなどのピン刺し車両として活躍してくれた。

AdeninはWoTが仕事と呼ばれるほどの情熱を持ち、各方面でも積極的に活動を行う熱い男だ。研究心、地理研究、車輛運用能力、すべてがKidやArpkに匹敵するともいわれる。恐ろしい男だ。純粋なプレイヤーとしてみれば、NKの中でも特に評価されるものだ。

私はどうだったかな、重戦車役としてはある程度役割をこなせたとは思うが、同時期の復帰であるArpkに比べたら微々たるものだ。だが、劣ってるとは思わない。自分ができる役割を行うことが、真に貢献するということだからな。そう信じているよ。

最終的にだが、これほどのメンバーとともに戦えたのは幸運だった、CarenTigerも注目されるが、私はこのメンバーでなければここまで上り詰めることはできなかったと思ってる。ほんとに感謝してる。

何度も練習してくれたチームの方々、応援してくれた人々、理解し協力してくれたクランの方々には感謝してもしきれない、本当にありがとう。

 

COUGARデバイス – ヘッドセット

WoTを始めてから多少見栄えの良いデバイスが使いたくなって、ネットをあさっていたらたまたま目についたのがCOUGARとの出会いだった。

http://cougargaming.com/ja/

もとから黒多めオレンジちょっとという配色のものが好きだったこともあり、COUGARのデバイスに一目惚れ、まずはヘッドセットから購入し、マウス・キーボードもCOUGARへと転向していった。

最近はゲーミングチェアなんかも売り出し始めているらしく購入意欲が湧くものの、3万年代ともなれば早々手が出せるがくではなく、PCの周りすべてCOUGARシリーズにするのはまだまだ先になりそうだ。、今回はCOUGARシリーズの中で特におすすめしている(個人的にだが)ヘッドセットを紹介しよう。

 

COUGARのヘッドセットは数こそ多くはないものの、質と値段のバランスが良く、他のヘッドセットより優れていると考えている。

密閉型のヘッドセットで、COUGARでは4種類取り揃えている。【COUGAR IMMERSA】【COUGAR IMMERSA PRO】【COUGAR PHONTUM】【PHONTUM ESSENTIAL】。この4つだ。

COUGAR IMMERSA】/【COUGAR IMMERSA PRO

IMMERSAシリーズとでも呼べばよいか、この2つは他社のヘッドセットと比べてもイヤーパッドが非常に大きく、一見窮屈に見えるがそれほど窮屈というわけではないつけ心地を持っている。

IMMERSAはお値段約8,000円とゲーミングヘッドセットにしては安い部類だが、低音域の拾い方が他のヘッドセットより優秀だと思う(個人的感想)、PUBGでも足音や遠距離の音の拾い方は、一緒にやるメンバーよりも早く、より広く聞こえる事が多いので、おそらく性能としては8,000円の領域ではないと思う。

IMMERSA PRO はお値段約11,000円と、IMMERSAと比べると若干割高だが、これまたゲーミングヘッドセットしてはそれほど高くはない。7.1chバーチャルサラウンド対応で、付属のUSB接続機を使えばイコライザーによる細かな調整も可能、どこぞのPUBGの記事を書くブログでも取り上げられていたな。あとLEDライトが内蔵されているので、ドライバーを入れれば好きな色で光らせることも可能だ。

この2つの最大の違いはイコライザーの有無とライトであり、単純にヘッドセットとして使用するだけならばIMMERSAの方をおすすめする。

そしてこの2つの共通点としてマイクの指向性が明確にわからず、使いづらいという点が挙げられる。内蔵されているマイクは口元まで延長でき、ある程度の方向変更は可能だが、それを持ってしても音が拾われなかったりするため、正直なところヘッドセットというよりはヘッドフォンとして運用し、マイクは別のものを購入したほうが使い勝手こそ良いだろうと思っている。

PHONTUM ESSENTIAL】【COUGAR PHONTUM

PHONTUMシリーズはつい最近発売された新モデル?でこちらもお値段約8,000円と11,000円、残念ながらただのPHUNTUMはまだ購入できていないが、ESSENTIALは購入した。

IMMERSAシリーズと比較すると音が若干軽めになったかなと言う印象、その他の性能については殆どIMMERSAを踏襲しており、安定したつけ心地と低音域の表現を提供してくれる。IMMERSAから進歩した点としてはマイクの指向性が明確になり、音声をしっかりと拾ってくれるようになったことだ。これによりヘッドセット単体として運用することができるので、別なマイクを用意するのが手間だという人はこちらを選ぶとよいだろう。

 

さて、サラッとだがCOUGARデバイスを紹介させていただいた。個人的にはIMMERSAが大好きなのだが、もう少しPHONTUM ESSENTIALを使用してみようと思っている。ちなみにCOUGARの高めの製品、IMMERSA PROなんかにはCOUGARのシールがおまけでついてくるぞ、スマホに貼ったりしてみると良いだろう。是非とも、皆さんにはCOUGARを使ってみていただきたいと思っています。

Object.430U 装甲配置

バージョンアップによりObject.430(旧Tier10)からObject.430Uへと置き換えられた、前の430はソビエト中戦車3兄弟の中でもDPM/隠蔽特化の癖のある車両だったが、430Uになってからは打って変わって耐久性・単発重視というどちらかというと重戦車よりの性能調整を受けている。

430UAPCRAP/APCR耐性から見ていこう、車体上面は280mm近くと中戦車としては堅牢である。車体下部はソ連中戦車らしく面積が狭いため狙いを定めるには多少の時間がかかる。砲塔については中戦車としては異例の硬さを見せる。

砲塔正面付け根は300mm ~ 320mmと中華重戦車113と同等、もしくはそれ以上の硬さを持つ。キューポラも何故か硬い、Tanks.ggのバグであると信じたいが両キューポラとも最低でも300mm以上の貫通力がない限り貫徹は望めない。

砲塔天板も55mmの厚みを持っており3倍の厚みは165mm以上となり、これを標準化できる砲はJagt.E100/FV4005/FV215b 183のみであり、ここを貫通させるのは現実的ではない。

430UHEATHEAT耐性も概ね同じだが、貫通できる場所が面であるところが多いため、HEATの方が気持ち抜きやすい、330mmの貫徹力を持つHEATであるならば、積極的に使用することで対策が可能だ。

 

総じて見て弱点部位が極めて少なく、扱いやすい車体形状をしているため昼飯、豚めしの角度を取った場合は素直に厚みが増すというなんと面倒な。ハルダウン能力も水準レベルとして確保されており、ランダム戦においては現在もホットな車輌と言えるだろう。

格下Tierでこの車両と退治した場合は直接戦闘は避けることをおすすめしよう、重戦車であるならば砲口径の大きな車輌が多いので、榴弾で削り倒すことをおすすめしよう。基本的には車体を撃つことで効率的にダメージを与えることができるだろう。

装甲的に弱点をあげるとすれば側面装甲が60 ~ 90mm程度であり、豚飯角を取った際には強制跳弾以外での活用は難しいだろう、これは昼飯角で前に出したとしても軌道輪ごと側面を貫徹させることで有効打を期待できる。

性能面で他のソ連MTと劣っている点はDPMと弾速、加速力といったところだ。これといった弱点もなく、非常に良い性能をしているのがわかる。この車両はランダム戦でも猛威を奮っているが、TB/CWなどでもピン刺しで使用される機会は増えてきている。集団戦用の車輌というわけではないが、作って損のある車両ではない。

ご一考までに、といった感じだな。

APAC リーグ シーズン 2 – メジャー・マイナーファイナル

NK WIN!!

その一言に尽きる。数年もの№2と言われ続けた我々が、今日この日で№1へと伸し上がった、一時的なものだとはわかっているが、一度も1位を取れなかった我々からすれば想像できないだろう。私も初めて嬉し涙を流したよ。

Typhoonとの戦いから我々は練習とタクティクスの練り込みにかなりの時間を費やした、目指すはAPACマスターズの優勝であるが、因縁とも言えるCaren Tigerとの戦いは私達の中では付けねばならない決着だ。

他のリージョンの振り返りは後にしよう、CTとNKは接戦極まるという言葉に相応しい戦いを繰り広げた、両チーム一進一退、ポイントを取るのは防衛側のみという異例の戦いだった。

Opera スナップショット_2018-10-20_234029_www.twitch.tv.png

 

ここに至るまで様々なチームと発想を汲み取らせてもらった、それに加えて努力した時間も、考えた時間も、以前と比べれば数倍に膨れ上がっている。よく言われるがNKは追い詰められると焦りが目立ちそこを崩されてしまう傾向があったが、今回のプレイではそれがなかった。一つまた実力を進ませることができた。

特に最後のヒメルズドルフ防衛、8ラインを上げた後に引かせる判断は確実に進歩した証拠として皆に示すことができただろう。あとでみんなも見返してみような【https://www.twitch.tv/wargaming_japan

 

本当に応援ありがとう、Twitterや配信チャンネルで送られてくる応援メッセージはメンバーのモチベーションを大きく引き上げた、今後も精進していくので本当に応援してほしい。