APAC LEAGUE S2 ファイナルズ

DfAIWelW0AANTW3アジア地域の頂点を決める戦い、前回はCTが1位、TEが2位、PIFO/NKが3位という結果になった。S2ではCT 1位、NK 2位、PIFO/TE 3位となった。何も語るまい、結果が全てを物語るのだ。おめでとうCarenTiger、ありがとう皆。

アーカイブはここから見れる、日本配信は配信環境の不備により音声・映像が乱れる場面があったので一応英語配信のほうもURL貼っておくよ。【配信ページ – 日本】【配信ページ – 英語

今期のWorld of Tanks アジア圏では最も大きな大会となったわけだが、ようやく全ての工程を終了した。JPNリージョンは他リージョンと比較してもレベルの高いものだったし、規模も一番大きかった。アジア圏ではだけどね。

今年の最大の思い出ともいえる戦いだった、練習の密度は過去一番だったし、メンバーのモチベーションも…まぁ一瞬落ちたとはいえ再度浮上し持ち直すことができた。そういった意味では今までのNKの出来でも最たるものともいえるな。Jpnリージョンでの1位は思い出に残るものだった、Asia2位の称号は控えめといわれるかもしれないがこれは誇ってよいことだ。

Caren Tigerは毎度のことながらやはり底力がある、何か秘めたものがある。GGWPやTEも強敵だが、CTは彼らとは一線を画す何かをもっている。これは間違いない。純粋にプレイヤーとして、チームとして尊敬に値するプレイヤーたちだ。

 

Arpkと俺はJSILから復帰し、チームに大きな貢献ができたと思う。

Arpkはとても熱い男だ、平静を装いつつもその中に秘めた試合に対しての情熱はチームメンバーの中でも随一のものだろう。腕前、状況判断、予測能力、すべてを高水準でこなすプレイヤーというのはそういるわけではない。

LF_kameは情報の処理能力についてはチーム内でトップだ、これは間違いない。各方面で人気者故引っ張りだこだが、彼は優れた能力を持っている。今回の戦いでもその能力を存分に発揮し、チームを率いてきた。

Kidもよいプレイヤーの一人だ、彼自身はあまり目立ったことはしないが、WoTに対する情熱はAdeninに匹敵する。研究に掛ける時間はおそらくチームバトル業界でもかなり時間を費やしている。

Liser0nはオートローダー乗りとして戦いに参加した、Arpkに並ぶ腕前を持ち、NKBatコンビといえばこの二人だな。これは日ごろの鍛錬に裏付けされた実力で、陰ながら努力しているのは素晴らしいことだと私は思う。

Roracleも目立ったプレイヤーではないと思われがちだが、そうではない。AMX50Bの運用手腕は確かなもので、S.Conquerorも信用に足るものだ、重戦車プレイヤーとしてみれば一級品だ、それは確かだ。

FROGは広い見識を持ち、地理研究においてはKidに並ぶ幅の広さを魅せてくれる。それ故ピン刺しのポジションに積極的に採用され、実際の試合でも重要な要素となることは多い。その重圧に耐えながらあれだけの動きができるのは素晴らしいことだ。

LIME_mikanはみんなが知ってる人気プレイヤーの一人だな、NKに入ってから誰もが認めるほどの目覚ましい成長を見せ、もはやNKには欠かせない重要なプレイヤーとなった。うまくなりたい、というプレイヤーは是非とも彼の姿勢を参考にしてほしい。見どころのあるプレイヤーだよ。

Lishはブリッツからの移転プレイヤーだ、今回はどうしてもピックの場面が少なくなってしまったが、実力自体は高水準だ、まだ未熟さこそあるものの磨けば確実に輝く。mikanと同様に、今後ももっと伸びるだろう。

Marmotは実生活が忙しく、S2はあんまり出場できていないかったが、若年ながら高い戦闘力を持つことは有名だろう。過激な発言こそあるものの、高い車輛運用能力は実際にかなり心強いものだった。

Kyoshi2はS2は残念ながら殆ど出場できなかったが、別角度からの視点というものは実際参考になるものが多く、チームのタクティクスに対して与えた影響力はとても高い。S2ではFrogと変わってしまったが、彼と並ぶほどの地理研究力を持ち、同様にLTなどのピン刺し車両として活躍してくれた。

AdeninはWoTが仕事と呼ばれるほどの情熱を持ち、各方面でも積極的に活動を行う熱い男だ。研究心、地理研究、車輛運用能力、すべてがKidやArpkに匹敵するともいわれる。恐ろしい男だ。純粋なプレイヤーとしてみれば、NKの中でも特に評価されるものだ。

私はどうだったかな、重戦車役としてはある程度役割をこなせたとは思うが、同時期の復帰であるArpkに比べたら微々たるものだ。だが、劣ってるとは思わない。自分ができる役割を行うことが、真に貢献するということだからな。そう信じているよ。

最終的にだが、これほどのメンバーとともに戦えたのは幸運だった、CarenTigerも注目されるが、私はこのメンバーでなければここまで上り詰めることはできなかったと思ってる。ほんとに感謝してる。

何度も練習してくれたチームの方々、応援してくれた人々、理解し協力してくれたクランの方々には感謝してもしきれない、本当にありがとう。

 

APAC LEAGUE S2 ファイナルズ」への1件のフィードバック

コメントを残す

以下に詳細を記入するか、アイコンをクリックしてログインしてください。

WordPress.com ロゴ

WordPress.com アカウントを使ってコメントしています。 ログアウト /  変更 )

Google+ フォト

Google+ アカウントを使ってコメントしています。 ログアウト /  変更 )

Twitter 画像

Twitter アカウントを使ってコメントしています。 ログアウト /  変更 )

Facebook の写真

Facebook アカウントを使ってコメントしています。 ログアウト /  変更 )

%s と連携中