Object.277

Object.277はWZ-111 model5AとIS-7を足して割ったような使い勝手の良さを持つため、CW/ランダム戦/TB全ての戦闘において安定した使い勝手を持つ車輌だ。

キャプチャ.PNG同系統の車輌で比較してみるとそれほど優れているようには見えないが実際のところは出力重量比と履帯性能のバランスが優れており、平地においてはObject.430Uには若干劣るものの、それでも重戦車としては飛び抜けた速度を引き出すことが可能となっている。その他の性能もこれらの車輌の中で中間程度の性能にまとめられており、快速重戦車の中でも最近は特に人気が高い車両だ。

加えて車体の形状が避弾経始に長けており、装甲的にはObject.907に近い形を持つ。Object277.png傾斜で装甲厚を誤魔化しているため、平地や打ち上げの角度での跳弾率に優れる。弱点もキューポラと砲塔の付け根とベーシックで、防御的には隙は少ない。Opera スナップショット_2018-09-24_210036_tanks.gg.png

実際に傾斜で弾かれる範囲(紫色の範囲)は真正面から見ればそれほどでもない。しかし、限界俯角である5.5°を取った場合などはこの強制跳弾の範囲が急激に増加し、Tier10重戦車の中でも屈指の跳弾率を誇るだろう。

Object.907と同様にこの手の車両は乱戦時における跳弾率が極めて高い。自動照準や精度のばらつきによって着弾位置が若干ずれるだけでも跳弾の可能性が増加する。とにかくこの車両を狙うときは自分に直角となるように狙うべきだ、それと907とは違い、車体下部が広いためしっかりと狙いをつけることで簡単に貫通することができる。

 

今後この性能が維持されるようであれば、IS-7やWZ5Aなどといった車輌と同等レベルのピック率を誇ることになるだろう。

コメントを残す

以下に詳細を記入するか、アイコンをクリックしてログインしてください。

WordPress.com ロゴ

WordPress.com アカウントを使ってコメントしています。 ログアウト /  変更 )

Google+ フォト

Google+ アカウントを使ってコメントしています。 ログアウト /  変更 )

Twitter 画像

Twitter アカウントを使ってコメントしています。 ログアウト /  変更 )

Facebook の写真

Facebook アカウントを使ってコメントしています。 ログアウト /  変更 )

%s と連携中