手段と目的

書くことがないからそれっぽいの書くのは良くないんだが、放置するのも良くないな。


よく手段と目的を逆に考えてるって言われないか、私は職場でたまに言われる。うん。5文字で書かれているからそんなに難しくはないと思うが、実際に状況に直面すると手段が目的化している場合がある。

WoTに置き換えて話してみると例えば、だ、「ダメージを取る」これは人によっては目的にもなるし手段にもなる。問題はこれを行おうとする人がどちらなのか、だ。

ダメージを取ることだけを目的とする人。これもまたややこしいんだが、これは戦績を重視する人だ、この人の場合ダメージを取ることを目的とするためそれまでの過程を手段とする。例えばハルダウンポジションに入る。とか、砲弾をより適切な物に切り替えるとか、そんな感じ。

ダメージを取ることを手段とする人、これはもっと先のことを見ている人だ。もちろんダメージを取ることは目的にもなるが、勝つための手段でもある。そう、このゲームは相手より高いダメージをチームで出せば勝てるゲームなのだから。

このように1つのことに対しても目的と手段で別れてしまう。

最近はどうしてもチームバトルばかり故にどうしてもそっちの話になってしまうが、集団戦をしたい。というのは諸兄にとってどちらなのだろうか。考えてほしい。集団戦を目的とするか、手段とするか、それは私から汲み取ることはできない。だが、集団戦をするだけを目的として続けるのであれば、それは間違っていると私は感じてしまう。

私は集団戦を目的としては捉えていない、もとよりNKには技術・知見の向上を図るために加入したのが始まりだ。自分が強くなるため、より多様な考え方を持つために、手段としてチームバトルに参加している。もっとも、今じゃ他の目的も増えてきたが。

私が言いたいのは、やっているだけで満足していないか?ということだ。

 

なんにせよ、この表題は難しいところでもある、だけど大事なんだ。諸兄は目的と手段が混ざっていないかな?

コメントを残す

以下に詳細を記入するか、アイコンをクリックしてログインしてください。

WordPress.com ロゴ

WordPress.com アカウントを使ってコメントしています。 ログアウト /  変更 )

Google+ フォト

Google+ アカウントを使ってコメントしています。 ログアウト /  変更 )

Twitter 画像

Twitter アカウントを使ってコメントしています。 ログアウト /  変更 )

Facebook の写真

Facebook アカウントを使ってコメントしています。 ログアウト /  変更 )

w

%s と連携中