榴弾の需要

最近のアップデートで次々と硬い車輌が増えており、貫通が見込めない相手が多くなってきた、代表的なところだと最近紹介したV4なんかがいい例だが、実は榴弾の需要が増え始めたのはもっと前に遡る。

需要が増え始めた、というより有用性に気付き始めたのはType4 / Type5の15cm榴弾砲が実装されてからだ、あの榴弾砲は極めて威力が高く、同格の重戦車全ての榴弾を凌駕する威力を持つ。これはある種の気付薬だったのかもしれない。

前々からHE=ハルダウンに対しての嫌がらせ、もしくは軽車両に対する重大な一撃としての位置付けだったが、最近では足止め、貫通が出来ない車輌への有効打など、有効な使用方法は広がってきた。

特に最近のV4やBadgerと言った堅牢な装甲を持つ車輌や、S.ConquerorやIS-7などの特定のポジションに入った場合に堅牢になる車輌だけでなく、ハルダウンを行っているソ連MTやKranvagnなどに対しても有効だ。

 

TanksGGでは榴弾のダメージなどは出ないため、どの車両に対してどれほど有効なのかはわからない、そこで1つアプリを紹介しよう。

Armor Inspector – for WoThttps://play.google.com/store/apps/details?id=com.dreamfarmgames.wot.armorinspector.android2

日本語化も若干されているが、和訳はちんぷんかんぷんなためあまり役に立たない、一部の課金戦車の装甲厚を知るためには課金が必要だった気もするが、HEでTier10を調べるのであれば無課金で十分に役に立つだろう。

スマホ版Tanksggのようなイメージだ、使用するにはそれ相応の処理能力が必要とされるが、最近のスマホならば特に問題ないだろう。

TanksGGもそうだが、こういったツールを使って予め知識をつけておけば、貫通できない相手にもある程度戦えるという、他のプレイヤーにはない有利を持つことになるだろう。

コメントを残す

以下に詳細を記入するか、アイコンをクリックしてログインしてください。

WordPress.com ロゴ

WordPress.com アカウントを使ってコメントしています。 ログアウト /  変更 )

Google+ フォト

Google+ アカウントを使ってコメントしています。 ログアウト /  変更 )

Twitter 画像

Twitter アカウントを使ってコメントしています。 ログアウト /  変更 )

Facebook の写真

Facebook アカウントを使ってコメントしています。 ログアウト /  変更 )

%s と連携中