最近の若いものは…

などとほざく老害ではないが、最近のクランに所属し始めたプレイヤーにはある一種の傾向がある。良い傾向はとりあえずスルーするとして、そうでない傾向でこれだけはまずいっていうのを一つ上げておこう、これができないようなプレイヤーに車輌を取るだのクランに参加したいだのという都合のいい話はありえない。

その傾向とは、クランに参加するものの活動には参加しない。タイプだ、これってぱっと聞いただけでずいぶんやばいって分かると思うが、さて、君たちはそれに当てはまるのか当てはまらないのか、考えてみよう。

 

【特徴】

1.TS3などのソフトで、WoT中は常駐を指示されているにもかかわらず常駐しない。

2.クラン員と小隊しか行わない。

3.進撃戦などのイベントも知り合いの方を優先する。

4.言われれば参加するが基本的に活動には消極的な参加率

5.そのくせピックされないとボロクソ文句を言う。

 

などなどが挙げられる。さて、ここで勘違いしちゃいけないのが全部当てはまるあなたが対象ではなく、少なからず当てはまるあなたが対象だ。特に1番が致命的だ、TS3くらいいいじゃんなんて言った日には俺が根性叩き直してやる。

クランと言うのを軽く見すぎているのが問題だ、クランというのはゲーム内における会社に近い存在だ、WoTという社会を形成する一企業がクランなのだ、いくらかラフにはなっているが、規則があるのならば従業員に当たるプレイヤーはこれを遵守し無くてはならない。

クランが暴言を吐くなと言ったら吐いてはならない、クランがTS3に常駐しろと言ったら常駐し無くてはならないのだ。つまりはこうだ、守れと言われたことを守りなさい、が聞けないのは非常に強い問題なのだ。こういう問題児がいるから規則なんていうクソくだらない制約ができるのだ。

 

「別に皆に迷惑かけているわけじゃないからいいじゃん」がまず一言目に出てくる言い訳、これは通用しないんだな。組織に属する限りは組織の規則に則らなければならない。所属する限りはクランはそいつを頭数として数える。進撃戦や拠点戦、CWなどの参加人数としてカウントする。

WoTというクラン活動には最低限必要な人数がいる、Tier6拠点なら7人、Tier8なら10人と、より高いレベルに挑めば挑むほど必要な人数が多くなる、そうなるとクランは一人でも頭数が欲しくなるのだ、そんな中で頭数に入っているのに実際参加してこないプレイヤーがいると、運営陣は頭を悩ませる。さらに、困ったことに悩ませるのは運営陣だけではない。指揮官陣も悩むのだ。

 

運営陣からは問題児もCWに参加している以上は景品獲得の対象者としなくてはならない、そうなると戦闘に参加させなくてはならないのだが、指揮官陣が今度は困る、なんでかって?普段使っていないコマを使うというのは非常に気苦労があるのだ。気苦労だけで済めばよいが、指示に従わなかったり指示の意味を解さなかったりと、戦闘中にはその問題児は不確定要素になってしまうのだ。

結局何が問題なのと言われたらそうだなぁ、とにかく組織に属しておきながら一匹狼を気取ったり、組織メンバーに関わりを持たないのであれば、組織に参加する意味はない。参加していながら参加しない、言葉の通り矛盾が発生する。そういうことなのだ。

コメントを残す

以下に詳細を記入するか、アイコンをクリックしてログインしてください。

WordPress.com ロゴ

WordPress.com アカウントを使ってコメントしています。 ログアウト /  変更 )

Google+ フォト

Google+ アカウントを使ってコメントしています。 ログアウト /  変更 )

Twitter 画像

Twitter アカウントを使ってコメントしています。 ログアウト /  変更 )

Facebook の写真

Facebook アカウントを使ってコメントしています。 ログアウト /  変更 )

w

%s と連携中