Object 705A 装甲厚など

Object705A_frontObject705A_sideObject705の正当進化系である705A、基本的な厚みを増加させ、より堅牢にしたようなイメージだ。実際のところは大きく進歩していないのが現状だが、それは装甲厚よりも火力の面を強化した影響だろう

車体正面は全体的に20 ~ 30mm以上の強化が図られており、Tier8で相手するには厳しい相手となった、車体上面は課金弾クラスなら十分貫徹が可能だが、あくまでこれは真正面を向いていた話だ。Object705A_frontそれぞれ切りかけ部分は傾斜もあいまりかなり硬い、正面見ているときは車体下部を狙うようにしよう。

車体下部が撃てない場合は砲塔の端っこよりちょっと下の部分、ここは元の厚みが40mmのため、120mm砲以上ならば貫徹が可能になる、非常時には数少ない貫通ポイントとなるため、覚えておいて損はないはずだ。

 

そして側面がこちら、こっちも全体的に厚みが増しているが、増厚しきれて居ない部分もある、特に履帯と空間装甲の隙間部分は増厚されておらず、昼・豚飯角の際には相変わらず弱点となりうる場所だ、HEATならば特にここを意識して撃つことで、貫通の可能性が上がるだろう。Object705A_side

砲塔側面は素の厚みで200mm前後あるため、垂直に撃ち込めるのであれば十分貫徹が可能だ、砲身の方まで行くと傾斜が復活し始めるので注意が必要だ。また、後ろの方に行けば行くほど傾斜が強くなり、強成跳弾の可能性が上がる、要注意だ。

Object705系列は純粋な装甲厚が売り、というわけではなく、水準レベルの防護力に加えて高い攻撃力を売りとするツリーのように思える、Tier9の705はObject257の砲を積むことによりより至近距離での戦闘で安定性を見せる。

反面705Aは単発火力が大きく伸び、より単発交換の有効性が高い車両となった、これはドイツの重戦車ツリーであるE75/E100に似通っている部分があり、使い勝手自体もほぼ変わらないのではないのだろうか。

もちろん705Aはまだ乗れていないので確定はできないが、705にのった感触的にはそんな感じだ。

コメントを残す

以下に詳細を記入するか、アイコンをクリックしてログインしてください。

WordPress.com ロゴ

WordPress.com アカウントを使ってコメントしています。 ログアウト /  変更 )

Google+ フォト

Google+ アカウントを使ってコメントしています。 ログアウト /  変更 )

Twitter 画像

Twitter アカウントを使ってコメントしています。 ログアウト /  変更 )

Facebook の写真

Facebook アカウントを使ってコメントしています。 ログアウト /  変更 )

%s と連携中