Object.705 装甲厚など

前回のTwitterで募集したアンケートでObject705/705AとT110E〇シリーズが調査対象となった、まずはObject.705、Object257と同時に実装された車輛だが、Tier9はそれほど特徴的ではない、ものの、純粋な硬さという意味では優秀な面を見せる。

 

正面装甲は平均的、という感じ、正面はそれほど固いというわけではないが、砲塔と切りかけ部分は非常に硬い、あと正面上部を220mm ~ 240mmと表記しているが、正しくは250mm ~ 280mmだ。

砲塔の天板は155㎜程度の厚みとなっているが、元の厚みは60㎜のため、この部位をAP類で貫通させるには180㎜以上の砲口径が必要になる。ので、弱点とは言い辛い。正面きって相手にするのであれば、車体下部を積極的に狙うことが重要だ、それが可能でないならば、車体上面、それも不可能なら逃げるのが無難だ。

砲の真ん中を狙えば防盾だけになる戦車も多いが、この車輛の防盾は270㎜の厚みを持ち、砲の根元からすでに傾斜が始まるためAPであったとしても必要貫通力は300㎜を超える、APCRだったとしても310㎜程度ならば貫通は難しいだろう。Object705_front

 

次は側面、甲府砲塔なのでそれなりに固いかと思えばそれほどでもなく、空間装甲の恩恵も少ない、全般的に200㎜程度の貫通力があれば弾かれることは少ないが、砲塔部分は厚い部分が多くある。

側面は180㎜の箇所に30㎜の空間装甲を持つ、それ以外は履帯を除き空間走行には覆われていない。傾斜も少ないため、変な弾き方はされないだろう。Object705_side

素の装甲厚は言うほど高くはないものの、豚飯角をとった際にはTier9重戦車にふさわしい耐久を見せるだろう車輛だ、その場合、切りかけ部分がもろくなるかと思われるが、そこを狙えるかがカギになる。側面は豚飯角の場合、大部分が30㎜の空間装甲に覆われる形になる、HEATを使うのであれば、履帯の若干上を狙うことで、空間装甲での吸収を避けることができるだろう。

明確な弱点部位が少なく、全体的に水準を満たした装甲で、ぱっと見かなり良い戦車に見える。攻撃性能などはもしかしたらそこまでかもしれないが、Tier9であればそんなに苦労することもあるまい。まぁ実際に乗っていないので何とも言えないが、いずれ乗る予定だ。

コメントを残す

以下に詳細を記入するか、アイコンをクリックしてログインしてください。

WordPress.com ロゴ

WordPress.com アカウントを使ってコメントしています。 ログアウト /  変更 )

Google+ フォト

Google+ アカウントを使ってコメントしています。 ログアウト /  変更 )

Twitter 画像

Twitter アカウントを使ってコメントしています。 ログアウト /  変更 )

Facebook の写真

Facebook アカウントを使ってコメントしています。 ログアウト /  変更 )

w

%s と連携中