変化の時

 

私たちは長い間WoTというゲームを遊んできた、残念ながらCB時代とは行かないが、それでも3年以上の付き合いともなればそれなりに長いと言えよう。無料ゲームの中でも長寿で、しかも未だ廃りきっていないゲームもそう多くはないだろう。World Of TanksはVer.が二桁になると同時に、次世代ゲームへと変化していく。夢にまで見ていたタイトル画面の映像、これを再現できる日もそう遠くないということだ。

 

変化が続くゲームというのは方向性が誤らない限りは進化を続ける、これはプレイヤーもまた然りだ、現状のWoTの車輌バランスやシステムに追いつけないプレイヤーは次々と辞めていくだろう。自走砲の仕様変更や新規ツリー戦車の強さに追いつけないなど、理由は様々だ。

特にくだらない理由の一つとしてランダム戦がつまらないからや、味方のせいで勝てないからなど聞き飽きたし耳汚しにも程がある戯言を未だに囀っている者もいる。もちろんこれは理由の一つとして確かに存在するものの、いつまでもこれにすがっているようでは所詮はその程度の輩と周りが割り切るのも無理はないだろう。運営側の思考は完全に読み取ることはできないが、そういった考えを持っているのも間違いではないだろう、永遠とクレームを垂れ流す客に愛想をつかす理由もないからな。

 

ナニが言いたいのか、いまいちよくわからないという人にも分かるように言っていこう、進化の停滞はゲーム側にあるだけではない、プレイヤー側にもある。これだけ優秀なコンテンツを用意されておきながらも、日々慢性的にプレイするだけで進化を望めるのならば、強くなるのにそう努力はいらないだろう。誰もが強くなりたい、誰もが勝ちたいと願う。だがそう現実は許さない。娯楽だからといって手を抜くようなプレイヤーにはいつまでたってもまっとうな進化は訪れない。つまりは、我々プレイヤーもある程度の変化が必要不可欠であるということだ。

人によっては緩やかな変化だろうが、努力しているプレイヤーには確実に変化が訪れる。身近に居た補欠のプレイヤーも、今や成長の歯止めを知らないプレイヤーへと変化した、彼は日々の努力が実ってそうなったのだ。あるプレイヤーは日々愚痴を吐き、変化することをやめた。周りに変化を求めることで自分を正当化しようとした、その結果彼は進化を止めた。周りの進化に置いて行かれたのだ。

日々のちょっとの違いがいずれ大きな差になる。当たり前の話だが、これほど大事なこともないだろう。

コメントを残す

以下に詳細を記入するか、アイコンをクリックしてログインしてください。

WordPress.com ロゴ

WordPress.com アカウントを使ってコメントしています。 ログアウト /  変更 )

Google+ フォト

Google+ アカウントを使ってコメントしています。 ログアウト /  変更 )

Twitter 画像

Twitter アカウントを使ってコメントしています。 ログアウト /  変更 )

Facebook の写真

Facebook アカウントを使ってコメントしています。 ログアウト /  変更 )

%s と連携中