FV4005 Conway

粒ぞろいのTier9TDの中でもかなり特異な車輌で、同TierTDのTortoiseと同等のDPMを誇る。

TDの命とも言える砲性能はConquerorなどが使用する120mm砲に極めて似ている。TD故にスタビライザーが載せられないところや、砲塔旋回時の砲拡散がConquerorより悪いというところを除けば、若干の上位互換とも言える代物だ。

DPMは3700後半と極めて高い。同格の中でも飛び抜けて高いこのDPMは距離を選ばず脅威となりうる。それ故に後方での運用をしがちではあるものの、この車輌の特性を最大限まで活かせているとは言い難いだろう。

shot_273.jpgこいつの特徴はTier9MTとしては最低限の機動力を確保しながらも、全周砲塔を持ち、DPM3700を押し付ける、その強さは圧倒的で、同格のHTに対しては1発受けて2発返すが確実に成立し、そのリターンは約2倍ほどとなる。1500というHPは高い方ではないが、Tier8MTのDPM超強化版と考えれば、自ずと引目の戦い、味方に受けてもらうなどと言った芸当も自然と覚えるだろう。

後半の砲はどうなのかと言われれば、新しい特徴とも呼べる砲ではあるもののその性能は中途半端である。15cm砲と違い単発が低く、そも貫通力や精度などからみても実用的とは言い難い。

Conwayを使うのであれば、初期構成からエンジンや履帯を開発するだけで良いだろう。無線や最終砲はほとんどお飾りのようなものであり、使い勝手を重視するのであれば間違いなく初期砲一択だ。DPMの高いTier8MTと考えればこの車輌は極めた高い戦闘力を秘めている。単独でもいれば脅威のDPMは前線に居ても後方に居ても脅威であり、高いポテンシャルを秘めている。

Tier10までの中間ルートとは言え、FV4005 StageⅡと比較してもこの車輌はある意味完成している。

 

コメントを残す

以下に詳細を記入するか、アイコンをクリックしてログインしてください。

WordPress.com ロゴ

WordPress.com アカウントを使ってコメントしています。 ログアウト /  変更 )

Google+ フォト

Google+ アカウントを使ってコメントしています。 ログアウト /  変更 )

Twitter 画像

Twitter アカウントを使ってコメントしています。 ログアウト /  変更 )

Facebook の写真

Facebook アカウントを使ってコメントしています。 ログアウト /  変更 )

%s と連携中