Tier10の現状

shot_272.jpg最近は車輌の調整が面倒なのか何なのかわからないが、置き換えによる調整が行われることが多い、特にソ連ツリーや実在し得なかった車両の置き換えなどは非常に激しい。祖も出典がよくわからない青写真から作られた車輌がTier10の大半であるWoTで今更そのようなことを気にする必要などあるのかねと思うのだが。

そんな中で最近作るべきTier10を迷う人達も多いだろう。特にTier10は最近需要が急増している、だがしかしだ、Tier10はそう簡単に作れるような代物ではない、ツリー1つにつき100万近くの経験値が必要になるし、車輌すべての購入費を考えれば1500万近くの費用がかかる。ノーマルアカウントでプレイしていては1つ作るのに1ヶ月以上かかってしまうのではないだろうかね。

 

Ver9.21現在でも変わらず需要がある車両もいるが、現状は別な需要もまた出てきている。、まぁそれぞれ見ていこう。

重戦車からは5枚の候補がある。

S.ConquerorOpera スナップショット_2018-01-27_144616_tanks.gg.png前VerのT110E5のような存在であるものの、弱点部位の縮小と課金弾がHEAT→APCRへの変化が非常に大きい。車体上面の厚さこそ水準を下回る程度になったが、攻撃能力の高さは現状のTier10重戦車の中でもオートローダーについで高いといえるだろう。いかなるマップであろうと稜線がある限り腐ることの無い車両で、あと2~3のバージョンアップでNerfされることは間違いないだろうが、購入しておいて損はないはずだ。需要と供給のバランスは供給がちょっと低いくらいだ。

 

IS-7Opera スナップショット_2018-01-27_144726_tanks.gg.png前回のBuffで大幅強化?されたIS-7。機動性と砲性能のバランスが良く、装甲厚はハルダウンさえできれば強靭だ、HEATを使用する車輌の需要が減った今、APCRのみでこの車輌を貫くには310のAPCRで不足といえるだろう。重戦車の中でも高い機動力と防御力を持つこの車輌は、ポジション取りで非常に役立つだろう。需要こそそこまで多くもないものの、Model5AとIS-7で好みを分ける指揮官もいるので、場合によってはこちらのほうがPick率が高い場合もある。需要と供給のバランスはちょうどよいくらい。

 

WZ-111 Model 5AOpera スナップショット_2018-01-27_144828_tanks.gg以前は113の高機動・高火力が押しに押されていたが、113の機動力を若干落とした代わりに、砲塔を使いやすい前方へ配置し、正面を増厚。そして俯角を増加させ、ハルダウン時での安定性を向上させた使いやすいモデルだ。S.Conquerorの登場でPick率は下がったが、今でも不動の高機動ポジを維持し続けている徽章な車輌だ。需要と供給のバランスはちょうどよいくらい。

 

MausOpera スナップショット_2018-01-27_145000_tanks.gg重戦車の殿堂だが、S.Conquerorの台頭とNerfによって立場を危うくしている。ものの、未だ抑え役として1~2枚程度採用されることは多い、硬さと耐久値の高さはこのゲーム中で他に類を見ない。需要こそそれなりってところだが、まぁ作っておいて損はないだろう。需要と供給のバランスはちょうどよいくらい。

 

Type5HeavyOpera スナップショット_2018-01-27_150638_tanks.gg.png使えねえ使えねえとほざかれていたが私の狙いは当たっていた、やはりPick率は急激に増加した。単発1400の榴弾は非貫通で300 ~ 700のダメージが確約されている。車両によってダメージの振れ幅は様々だ。だが、その絶対的なダメージ算出率はいかなる車両に対しても脅威である。特に現状1強とされるS.Conquerorのハルダウンに対して安定して500~600を叩き出すのは抑止力としても非常に強みがある。まぁそれ以外にも色々知るべき特徴は多いが、とにかく今はこいつは強い。だが需要の割に供給が間に合っていない。それが現状だ。だがしかしプレイヤーの技量も特に必要ないこの車輌は、作りさえすればPickされる可能性は十分にある。需要と供給のバランスは供給が間に合っていない。

 

Bat. 25tOpera スナップショット_2018-01-27_151825_tanks.gg.pngTier10MT不動の明王にしてMTが腐りきらない唯一の要素。Tier10においてMTが未だに活用されるのはこの車輌があってこそだ。扱いこそ難しいもののその火力と機動力は他の追従を許さない。現状MTを作るのであればこの車輌一択とも言えるだろう。まぁ、その人気の高さと需要の高さは以前Nerf案が出た時に猛反発を食らったので、暫くはNerfは来ないだろう。需要と供給のバランスは供給こそあるものの質が悪い。との評判だ。

 

Object907/140

今となっては陳腐化してしまっているものの、やはりその攻撃能力の高さは一応腐らない要素。だが、Pick率は低下の一途をたどる。今や140においてはType5HeavyよりもPick率は低い。作れば一応損はないが、供給が間に合っている以上優先度は低いだろう。需要と供給のバランスは供給過多である。

T110E3Opera スナップショット_2018-01-27_152426_tanks.gg.png駆逐戦車の中でも飛び抜けて強力なのがこいつだ。厚い装甲と高い貫通力はTier10重戦車に対しての有効なカウンターカードとなり得る。扱い自体はそれほど難しくない、その上撃てば貫通する程の貫通力は魅力的。需要と供給のバランスは供給が間に合っていない。

 

とりあえず即興はこんなところかな、重戦車の需要が特に大きく変化してきている。このあとVer9.22が来るとソ連ツリーの重戦車も一変するため、この記事はそれほど役に立たないかもしれないが…とりあえずは必要なのはこの辺だってところで覚えておいてくれ。

コメントを残す

以下に詳細を記入するか、アイコンをクリックしてログインしてください。

WordPress.com ロゴ

WordPress.com アカウントを使ってコメントしています。 ログアウト /  変更 )

Google+ フォト

Google+ アカウントを使ってコメントしています。 ログアウト /  変更 )

Twitter 画像

Twitter アカウントを使ってコメントしています。 ログアウト /  変更 )

Facebook の写真

Facebook アカウントを使ってコメントしています。 ログアウト /  変更 )

%s と連携中