久しぶりのPUBGお宅紹介、砂漠マップが追加されてようやく建物が追加された、砂漠マップは建物の種類が多く、一つ辺りの広さもおもったよりも広い。それは小屋から家にかけてすべての建物に当てはまる共通の部分だ。

島マップと違い、家を漁ることでアイテムを揃えるというよりはアイテムの湧きポジションが多い建物や建造物を漁ったほうがより装備を揃えやすい。拡張パーツやちょっとした弾程度なら家を漁ったほうが良い場合も多いが、基本的には前記したとおりだ。

とりあえずおすすめの建造物を2つ。円屋根型レンガ倉庫と廃屋型コンクリ倉庫の2つだ。特に廃屋型コンクリ倉庫はマップの至る所に点在しておきながら、そこそこの物資を期待できる優秀な建物だ。窓も複数存在するが位置が高いため防衛には向いていない気がする。

円屋根型レンガ倉庫は2階部分をうまく使えば四方を警戒でき、簡単に身を隠すことができる。マップ上の点在数こそそこまで多くないが、物資の質はかなり良い。1人分であればこの倉庫を漁ることで賄えるだろう。

20180106192722_120180106192908_1

それぞれの内部構造と現状確認できたアイテムの湧き位置だ。Excelの図を使って作成したから正確な尺図ではないが、参考程度にはなるだろう。

円屋根型レンガ倉庫の構造はこんな感じ、灰色の部分は一段高い障害物、黄色の部分がドアがある部分だ。2枚めの赤色の辺りがアイテムの湧き位置になる。ドアの開閉が少なく、走りながらアイテムを拾い集めることができるのでアサリの速さもそれなりに期待できる。

防衛の際は2階部分を駆使すると良いだろう。若干位置の高い窓が取り付けられているので撃たないときはしゃがんでいれば射線を切ることができる。

そして廃屋型コンクリ倉庫がこちら。小さいながらに屋上までアイテムの湧きが存在し、家1軒を漁るよりも遥かに物資量が多い。防衛に向いていないのは1階に窓が存在せず、2階は極端に狭く、屋上は遮蔽物が存在しないからだ。基本的にはアイテム漁りだけの目的で利用するようにしたほうがいいと思う。

基本は1階を走り抜け、アイテムを探索していこう。2階3階はおまけ程度で良いだろう。廃屋型コンクリ倉庫

砂漠の建物は構造が複雑だったり、内部自体も広いので漁りづらい印象が強い。それは小さな家から大きな倉庫まで共通の認識で間違いないだろう。選ぶところを選ばないとアイテムの収集ばかり時間が掛かってしまって旨味が少ない。

カテゴリー:
WoT

コメントを残す

以下に詳細を記入するか、アイコンをクリックしてログインしてください。

WordPress.com ロゴ

WordPress.com アカウントを使ってコメントしています。 ログアウト / 変更 )

Twitter 画像

Twitter アカウントを使ってコメントしています。 ログアウト / 変更 )

Facebook の写真

Facebook アカウントを使ってコメントしています。 ログアウト / 変更 )

Google+ フォト

Google+ アカウントを使ってコメントしています。 ログアウト / 変更 )

%s と連携中

%d人のブロガーが「いいね」をつけました。