Ver9.21からFV215b 183と置き換えで実装されたイギリスTier10TDだ、ランダム戦・グランドバトルでも大量発生しており、その生存能力の高さからも量からももはや白いゴッキーのような印象を受ける。

DPMは換気・ラマー・戦友で4100と最高値となっている。精度・貫通力・照準速度もすべて高水準に達しており、砲撃能力はTier10随一といえる。耐久値も2,100とTier10TDの中では2番めに高い。

運用的には典型的TDではなく前線で重戦車の合間を縫って差し込んだり、中遠距離で持ち前の装甲厚を活かし、耐えながら戦うなどが良いだろう。どちらかと言うとTier10水準の砲性能・装甲厚に上昇させたJagdTigerといえるだろう。

 

Badger_APCRさて、装甲厚だが、全部の箇所を書いてたら色々手間なんで主要な部分のみを抽出していこう、APCRでは概ね340mm ~ 350mmといったところだろうか、弱点部分は240mm ~ 280mmとかなり均等な装甲厚になっている。Tier10通常弾ではこいつを素直に抜くのは厳しいだろう。課金APCRならば350mmほどの貫通力を持っていれば選ぶとこを選べば貫通は見込めるだろう。

角度をつけた場合でも基本は同じだが、抜ける箇所は更に減る。車体下部でも250mmと、下振れした場合は貫通できない場合も多い。特に車体下部の端側は290mmとなり通常APCRでは貫通の見込みは低い。

Badger_HEAT面白いことに対HEATはなぜか耐性が強くなっている。貫通力が高くなったとしても抜きづらい。340mmクラスの貫通力があれば車体前面のコブのようなところが抜きやすいだろう。あとは車体前面の傾斜部は340mmと厚み自体が薄い。上振れ次第では貫通は十分に見込める。

総じて車体はかなり硬い。車体下部を狙えない場合は正面からの戦闘は避けるべきだ、特に単独で戦闘は絶対に禁物だ。貫通力の面でも火力の面でもこいつに勝てるTier10戦車は存在しない。対処方としては慎重に囲んでいくのが良いだろう。履帯を切断し、動きを止めるのも良い。とにかく後回し後回しで最後に残った数枚で囲んでぶっ叩きまくるのがいい。もし正面からぶつからないと行けない場合は、必ず2枚以上で対応することだ、1発を受け、2発を返す状況を作らなければ無駄にゴリゴリ削られることになるだろう。

 

Tier10戦車としては圧倒的な戦闘力で押し潰していくタイプだ、T110E3やJagdE100ともまたちょっと違うが、後方に置かれるのもまた厄介だが、前線に置かれるのもまた厄介。一番は構われずに放置されることだろう。

 

カテゴリー:
WoT

コメントを残す

以下に詳細を記入するか、アイコンをクリックしてログインしてください。

WordPress.com ロゴ

WordPress.com アカウントを使ってコメントしています。 ログアウト / 変更 )

Twitter 画像

Twitter アカウントを使ってコメントしています。 ログアウト / 変更 )

Facebook の写真

Facebook アカウントを使ってコメントしています。 ログアウト / 変更 )

Google+ フォト

Google+ アカウントを使ってコメントしています。 ログアウト / 変更 )

%s と連携中

%d人のブロガーが「いいね」をつけました。