CWの途中

さて、イベントページには12月18日がCWの終了期限となっていたが、残り9日となった。長い戦いはやはり疲れる、途中休憩が何日かあるにしてもやはり気疲れが多い。HA03分隊もNEST内でも確かな戦力として認めて貰うことができたようだが果たして本当に結果が残せているのだろうかどうか…

いろいろなクランの知り合いから話を聞く限りではやはり四苦八苦しているようだ、ルールに苦しめられたり、7対7という不慣れなチーム構成のせいでタクティクスの流用ができたり出来なかったりと、調整が難しい。

 

 

現状の結果としてはやはり王冠が一強を示している。まぁわかりきっているところではあったが、このフォーマットは手軽さと人数の少なさから人数が少ないクランでもある程度の部隊数が用意できたりと、メリットも有る。

ただ、王手クランにはこの7対7フォーマットに慣れたチームバトルのメンバーを多く抱えたクランも多い、王冠や炎上マーク、R・・・・Eもそうだこういったクランが確実に勝ちを拾い、より高い得点を叩き出す。もちろんそれだけではCWは成り立たないんだが…

 

王冠はその抱えている人数が多い、略称で失礼するがCTやNK、BG何かのメンバーもいくらかいたはずだ。まぁもう少しでCWも終わりだ、頑張って戦い抜こう。

JSILの結末とNKの反省

https://worldoftanks.asia/ja/news/tournaments/jp-silver-invitational-finals/

JSILの結末はなんともな感じだったな、TOP4チームの戦いはどれも目を見張るものも多かった、特に第3位決定戦はかなりレベルの高い戦いもあり、プレイヤーのレベルの高さとともにチームのレベルの高さを思い知らされたね。

NKは残念な結果になってしまったなぁ、まぁ…やるだけはやったからまずはその健闘を讃えよう。お疲れ様。今後の課題は多く残った、撃ち合いやチームの連携力、タクティクスの穴などいろいろ見つかったところは多いだろう。反省会は私も含めNKのメンバーが総参加し、チームとしての今後をまとめた。私もそうだがメンバー自体が変わることを強いられている。

配信でもそうだったが、チーム外のプレイヤーからも野次が飛ぶほどだ、それは戦闘に参加していたチームメンバーも自覚はしているだろう。それがナニが原因でどうしてこうなったのかとか、色々考えているかどうかは選手個人の問題だろう。

 

 

反省会の結果としては、色々と互いに毒を吐ききることで、チームメンバー同士の意識を確認できた、一人一人の意識というのはそれぞれであったが、悔しい、次は絶対に勝ちたい、改善しなくてはならない。そういった意思はたしかに伝わってきた。それはVC越しに時折聞こえる啜り声で伝わった。

今回の負けを通して自分達は成長することができるだろう、それは間違いない。次のシーズンでは今シーズンより成長したNKを見ることができるだろう。いや、むしろ以前のNKへと戻り、以前より期待されるチームになろう。私もそう思う、NKのメンバーもそう思ったように。