いっその事Tier8やTier10という括りじゃなくてTier7やTier9にしてみたら面白いんじゃないのなんて最近思い始めた。CWEやCWCの最大の魅力はその密度の濃いCWと褒章車輌だ。Tier7であれば課金戦車の実装も容易い、問題になるのは上位層が中TierであるTier7を再度購入しなければならないことだ、ただTier6よりも車輌の完成度は上がっており、よっぽどバランスの良い試合を行うことができるだろう。MTシリーズが死んでいるのは変わらないがLTやHTの選択の幅は広い。

Tier9であれば車輌の質はさらに上昇し、Tier10と遜色のない戦闘が期待できる。特にMTやLT、HTなどの選択の幅はTier8より遥かに広い。T-54やT54E1など、それだけでも魅力な車輌は多く存在する。特に重戦車についてはTier10の弱体版のような車輌も多く、Tier10から降りてきても入りやすいというメリットも有る。

Tier7はTier6の強化版で、Tier8よりは課金戦車の立ち位置がまだ安定している。課金戦車主体の戦場はなくなるだろう、Tier7の問題点があるとすれば先程あげた車輌の買い戻しが必要なことと、報奨の地味さ、そして新たなルール(枚数)の設定とかだろう。

Tier9はTier8よりバランスがよく、Tier10より手が出しやすいレベルの戦場になるだろう、Tier9に課金戦車は存在せず、既存の車輌のみで戦う必要がある。T-54やWZ-111-1-4などの強戦車が並ぶだろう。報奨がどうなるかは悩みどころだが、Tier9のプレミアムタンクはT-55Aしかないことを考えれば、外見を変え、若干の性能変化と国籍変化でいろいろな車両を水増しするのもなかなかいいかもしれない。

 

ともかく、今度のCWEはTier10で確定したみたいだし、参加する人は大手か中堅を目指すことをおすすめする。現在はアクティブ率の低下を理由に、様々なクランがメンバーの新規募集をかけている。これにあやかるのも良いだろう。

ただ、そのクランは実績があるのかどうかや、率いる人がいることを確認してから入隊申請を出そう。その際には必要な車両と自分のアクティブ率をしっかりとアピールすることで、よりPickされやすくなるだろう。

カテゴリー:
WoT

コメントを残す

以下に詳細を記入するか、アイコンをクリックしてログインしてください。

WordPress.com ロゴ

WordPress.com アカウントを使ってコメントしています。 ログアウト / 変更 )

Twitter 画像

Twitter アカウントを使ってコメントしています。 ログアウト / 変更 )

Facebook の写真

Facebook アカウントを使ってコメントしています。 ログアウト / 変更 )

Google+ フォト

Google+ アカウントを使ってコメントしています。 ログアウト / 変更 )

%s と連携中

%d人のブロガーが「いいね」をつけました。