Asiaサーバーの公式サイトからは特に音沙汰ないが、実は貫通の仕組み以降の動画が上がっているのはご存知だろうか、特に今回は重戦車乗りにとって最も重要とも言える装甲で弾く技術についての動画になる。

重戦車乗りは目を通しておくと良い結果を残せるようになるだろう。

特に注目スべきは車体形状による砲弾の無効化についてだ、クリティカルヒットは敵には直撃したがダメージが入らなかった場合に発生する音声メッセージだ、これは主に履帯や砲身のみに直撃した場合に発せられる事が多い。

syatai.png

つまりはこういうことだ、車体といえど一概に1つの形状をしているわけではなく、大きく分けると4種類の形状にわけられる。図の青色が車体部分、黒色が履帯部分になる。まぁ大まかにの話だが。

1つはドイツ系、高ティアドイツ系は大半がこの形状をしている。車体正面のみが傾斜しており、その他は垂直、車体を真正面から見ると横に飛び出ている部分があり、ここは下側から履帯を撃ち抜く形で砲撃するとダメージを与えることができる。

2つめがアメリカ系、高ティアのアメリカ系の車輌に多く見られる。車体正面が丸く傾斜が作られており、側面からは尖っているように見える。正面から見ると若干舟形になっており、履帯の下側に撃ち込むと履帯のみに着弾する場合がある。

3つめがソ連系、舟型とまでは行かないが上側に傾斜部分がついており、これまた側面に撃ち込むとアメリカと同様に履帯にだけ当たることが多い。また、傾斜している部分は下から打ち込めば貫通する場合があるかと思えば空間装甲のみの場合とかやたら分厚かったりとかする。

4つめが垂直系、1~3のいずれにも当てはまらず、割りとどこにでもある装甲配置。車体正面が傾斜しており、側面に一切の傾斜がない装甲配置。FV215bなどのイギリス系やオートローダーと言った車輌に多く、動画内で語られるスウェーデン戦車もこれに該当する。

重戦車にはこれらの車体形状が存在し、それぞれが豚飯角に優れたり、昼飯角に優れたり、そもそも弾受けに優れていないなどの特徴が存在する。まぁ動画で詳しく解説されていなかったのはここぐらいだろうか…詳しく動画を見ればほとんどの内容は理解できるだろう。

カテゴリー:
WoT

コメントを残す

以下に詳細を記入するか、アイコンをクリックしてログインしてください。

WordPress.com ロゴ

WordPress.com アカウントを使ってコメントしています。 ログアウト / 変更 )

Twitter 画像

Twitter アカウントを使ってコメントしています。 ログアウト / 変更 )

Facebook の写真

Facebook アカウントを使ってコメントしています。 ログアウト / 変更 )

Google+ フォト

Google+ アカウントを使ってコメントしています。 ログアウト / 変更 )

%s と連携中

%d人のブロガーが「いいね」をつけました。