T-44 3優等獲得

今更Tier8の優等3がなんだと思うかもしれないが、T-44については122mm砲という選択肢があったので、9.20でのBuff確認も含めて取ってきた次第である。使い勝手はIS-6を軽量・軽装甲にし、機動力を上げたイメージ。shot_148

あえて100mmを使わないのはちょっとしたこのT-44が最終砲として2種類の砲が用意されており、100mm or 122mmといった選択が以前から可能だった、122mmの性能がいまいちだった、砲拡散や再装填の時間が特にね。

9.20でBuffを受けた122mmは砲拡散が格段に良くなり、再装填の時間が若干短縮された。これにより実用レベル?にまで122mmの使い勝手が向上した。再装填は約12秒ちょいちょいで、IS-3より若干遅い程度。まぁMTとしてはDPMが物足りないところではあるが、単発火力を重視したい場合は別に載せてもいいんじゃないかな。

使い勝手は前記したとおり軽量化IS-6と言った感じであり、格下には高い火力を押し付け格上には機動力で勝負を挑む必要がある。相変わらず課金弾の貫通力が217mmと非常に低い。MTで重戦車と正面切って撃ち合うことこそ少ないが、Tier9クラスの重戦車になると砲塔側面や車体側面の装甲厚がいろいろ込みて200mmを超えることが多く、課金弾でも弾かれることが多い。

T-44_Comper

そもそも性能として100mmが122mmより優秀であるというのは変わらない事実ではある、DPMや精度、収束時間なども考えれば122mmという選択肢はまずありえない。いくらBuffを受けたところで、500ものDPM差は圧倒的。

だが122mmもいいところはある、単発390は偉大で、Tier9やTier10のMTの平均は320 ~ 390であるところを考えれば、高水準に位置する390であれば、装填時間さえ稼げればなんとか単発交換で張り合うことができる。

ISと同様に最終砲以外にも選択肢があるといえばある、ISは122mmが一択であったが、100mmもまた選択肢としてある。T-44もまた100mm一択であるが、122mmも選択として用意されている。

最終的な試合数は180ちょいちょいだったが、ちょっと何試合かやってる。ダメージは1400とちょっと低いが、これは90試合ほどかなり前から既に乗っていたためだ。3優等の基準は大体3000くらいと行ったところ、アシスト込みでね。おすすめはラマー・スタビ・レンズ皮膜、載せれるなら食料を載せよう。アシスト値をより稼ぐためには視界を伸ばしておきたいところだ。素の視界では445mに届かない。食料を載せることで460m程度まで伸ばせるので、実用的な視界にまでなる。

あとはプレイヤーの状況判断次第で陣地転換陣地転換の繰り返し、可能であれば割りと快速な機動力を活かして、背面や側面を取り、低貫通力を補っていこう。それができないならば撃つ相手を選ぶことだな。

そんなところだろう。

 

コメントを残す

以下に詳細を記入するか、アイコンをクリックしてログインしてください。

WordPress.com ロゴ

WordPress.com アカウントを使ってコメントしています。 ログアウト /  変更 )

Google フォト

Google アカウントを使ってコメントしています。 ログアウト /  変更 )

Twitter 画像

Twitter アカウントを使ってコメントしています。 ログアウト /  変更 )

Facebook の写真

Facebook アカウントを使ってコメントしています。 ログアウト /  変更 )

%s と連携中