KV-2 100戦終了

ソ連Tier6重戦車 KV-2の100戦が完了した、1戦目から100戦ってわけではなく、50試合くらい前にしてたようで、そこからの100戦となった。

基本的には152mmでの運用になるが今回は榴弾をほとんど使用しなかった。KV-2最大の特徴であるTierに見合わない榴弾砲ではあるが、Tier相応の貫通力は持ち合わせており(まぁそれでも低いが…)Tier6 ~ 7程度なら十分貫通が見込める。

具体的に言うとTier6は大半の重戦車が貫通可能で、Tier7はBlackprinceとT29、KV-3は貫通箇所が限られるため撃つ際は慎重を要するが、それ以外の車両に関しては貫通箇所が広く十分に貫通が見込める。

榴弾砲としての役割もできるが、安定して700を出せるAP弾を使用することでより高いポテンシャルを魅せてくれた。

 

何より気に入ったのが単発火力の高さと意外性だ、基本的に榴弾を使用することでダメージを取るこの車輌がAPを使うとは思っていないのかよくもまぁ側面を晒してくれる。

貫通したときのダメージは確かにAPのほうが低いが、安定して貫通させる事ができる分期待値は高い。それに標準化も加わり薄い装甲に対しては傾斜軽減の恩恵を受けることができる。

単発700のTier6HTと考えれば…まぁ悪くはない、精度も0.55とはいうが戦闘距離を間違わなければTier7までの相手ならば十分に戦うことができるだろう。

 

コメントを残す

以下に詳細を記入するか、アイコンをクリックしてログインしてください。

WordPress.com ロゴ

WordPress.com アカウントを使ってコメントしています。 ログアウト /  変更 )

Google+ フォト

Google+ アカウントを使ってコメントしています。 ログアウト /  変更 )

Twitter 画像

Twitter アカウントを使ってコメントしています。 ログアウト /  変更 )

Facebook の写真

Facebook アカウントを使ってコメントしています。 ログアウト /  変更 )

w

%s と連携中