Halo Wars2

さて、知る人ぞ知る名作とも言われていたHalo Wars の続編であるHaloWars2が発売された、私も知り合いに押してもらうまでは今年の2月に発売だなんて言う情報全く知らなかった。

とりあえずプレイしてみた感想だが基本的な操作方法はほとんどHalowarsと大差ない、前作をプレイしていたプレイヤーならなんの違和感もなく操作が可能だろう。ただ問題もちょっとある。いくぶんか細かい操作がしにくかったりユニット数が多くなれば多くなるほど管理の難しさも上がっていくが、前作よりも難しい感覚がある。

今作から複数のユニットを1グループとして扱う機能が追加されている分それを使いこなさないことには始まらないんだろうが、元からなかった機能が故ここは全員が同じスターラインから始めることになるだろう。

 

さて、ゲームの中身についてだが…前作とは違い対人と対AIのみならずキャンペーンを複数人でプレイするCOOPの3種類に加え、プレイヤーチームvsAIチームや新たなゲームモード「ブリッツ」が実装されている。

そしてテックレベルがリアクター/神殿依存ではなく、自軍基地の強化レベルによって増減する用になった。その代わり物資以外の新しいリソースであるエネルギーが実装されており、エネルギーはユニットのアップグレードや一部ユニットの生産に消費される。

また、自分が扱える基地の種類も増えており、射撃陣地~ミニベースまで様々なタイプの基地が用意されている。まぁココらへんについてはキャンペーンをやればなんとなくは分かるからまずはキャンペーンからやろうな。

ちなみに今作HaloWars2はWindows10とXbox Oneでの発売になっているという点も大きい、前作から既にPC版で出なかったことが惜しまれていた分今作はPC版でもプレイできるという大きなメリットがある。Windows10のHaloWars,HaloWars2同梱パッケージは日本円で9100円となっているのでHaloWarsもやりたい!って人は我慢して買おうな。

前作から体感レベルで変わったのはユニット個々の耐久値かな、海兵隊~スコーピオンまですべてのユニットが耐久値が低い気がする。もちろんまだ全然やっていないから憶測に過ぎないが、海兵隊を人口枠全部対スコーピオン人口枠全部で戦った場合前作なら30秒くらいかもしれないが今作なら20秒も持たない。そのくらいもろくなった気がする(海兵隊の扱いが変わっているからかもしれないが…)

まぁ前作のスコーピオンが強すぎた(アンチユニットを組んでも下手したら負けるくらい)せいかもしれないが今作は今作なりの戦い方を見出さないとこれから勝っていくのは厳しいだろう。

一応17時間ちょっとのプレイでいまのところしっくり来てるのは最終的にホーネットへと持っていく戦い方で、ホーネット自体の戦闘力もそれなりでなによりまとめて扱ってもしっかりと動かせる機動力が魅力だ。ジャックラビットが前作のワートホグ的な位置づけになっているので、マルチプレイやスカーミッシュをするのであれば覚えておくと良いだろう。脆さといい脚の速さと良いそっくりだからな。

ホーネットまで持っていくことができれば基本的には数で押していけるから大丈夫だ、敵が全部AAでもない限りは押し負けないので、ローカルユニット指定もしくは全ホーネット指定で一体一体潰していけば自然と勝てる。

もちろん対人ともなれば話は違ってくるのだろうが、そこについてはもうちょっと対AI戦をやって研究してからの進出になるな。

前作と今作でどっちが面白いの~って言われたら…う~ん悩みどころかな、今作はユニット同士がぶつかりあったときの派手さと爽快に溶けていく様が前作より派手になっている、そういう意味だと戦闘を見るって観点からすれば今作はとても愉快な作品に思える。

前作の良かった点はなによりシンプルかつ繊細な操作が求められ、頭の回転と状況判断力が必要だったりととにかく忙し楽しいそんなゲームだった。まぁあくまでも私見だがね。これからもっと研究していろいろ試していこうと思う。

 

コメントを残す

以下に詳細を記入するか、アイコンをクリックしてログインしてください。

WordPress.com ロゴ

WordPress.com アカウントを使ってコメントしています。 ログアウト /  変更 )

Google+ フォト

Google+ アカウントを使ってコメントしています。 ログアウト /  変更 )

Twitter 画像

Twitter アカウントを使ってコメントしています。 ログアウト /  変更 )

Facebook の写真

Facebook アカウントを使ってコメントしています。 ログアウト /  変更 )

%s と連携中