スウェーデンツリー

この前のアップデートで追加されたスウェーデンツリー、重戦車と駆逐戦車の2ルートに分かれているのはみんなも知っているだろうがどちらも尖った性質をしている。

特に駆逐戦車については相当扱いが難しく、局所的な戦闘や防衛戦向けの設計思考はWoTにとっては扱いづらいの一言だろうに…重戦車ルートは一転して防御力に尖った性能なのは噂に聞いての通りだ、特に砲塔正面は同Tierの中でもかなり飛び抜けてる。

俯角が大きく取れ、砲がオートローダーという車両は過去に類を見ない。トーナメントでも実装直後からいろんなチームがいろいろなマップでこれらの車両が使えないかと模索している。

Emil1までとりあえずぶっこ抜いて作ってみたが、まぁ悪くないというか何処かで既視感を覚える使い勝手だった、基本的にはT32と似ている。砲性能がそこまで高くなく、砲塔の装甲厚がTierに対して高く、ハルダウン時の堅牢さは同Tierの中でも優れているといえる。

砲の単発火力と貫通力が低い点がT32と似ていて、機動力も同じくらいと来たもんだからなぁ…いやちょっとくらいは早いか。

サラッと乗った感触はT32をオートローダーにした印象が強い、手堅く扱いやすい単発砲だったT32の100mmを4発のオートローダーに変え、瞬発火力を高めたのがEmil1、弱くはないし、尖った部分があるから使いみちはかならずあるし、T32と似た特徴から集団戦での活用も今後は広がっていくだろう。

コメントを残す

以下に詳細を記入するか、アイコンをクリックしてログインしてください。

WordPress.com ロゴ

WordPress.com アカウントを使ってコメントしています。 ログアウト /  変更 )

Google+ フォト

Google+ アカウントを使ってコメントしています。 ログアウト /  変更 )

Twitter 画像

Twitter アカウントを使ってコメントしています。 ログアウト /  変更 )

Facebook の写真

Facebook アカウントを使ってコメントしています。 ログアウト /  変更 )

%s と連携中