Silver Mavericks開催

さて、結構前にシルバーシリーズへの参戦をうんちゃらとかいう記事を書いていたが、いよいよ開催だ。このシルバーマーベリックスで戦果を上げることができれば、WGL APACシーズⅡ ゴールドシリーズへの参戦権が与えられる。

もちろんゴールドシリーズへの挑戦権ともあり、相手は強豪ぞろいらしいが、今までTBにあまり興味がなかった私からすれば有名どこのチームくらいしか名前を知らんのだ…

結構WoTをやってきてはいたが、実際にこういう本格的なトーナメントに参加するのは今回の機会が初めてだ、今まではカジュアルトーナメントとかで知り合いのチームに参加させてもらってたくらいだったからなぁ…

 

自分らと同等、もしくはそれ以上のプレイヤーしかいない戦闘に参加できるってのはすごい貴重な経験なんだ、言っている意味があまりわからないかもしれないが普段からランダム戦をやっているとこういう強いプレイヤー同士の戦いはしびれるんだ。

ランダム戦はどんなプレイヤーでも参加できる、参加人数が多いってことは母数が増えるってことでもとから少ない強いプレイヤーたちと戦う機会はめったにない。しかも同数で対峙することなんてもっとないだろう。

 

CWも集団戦としてはまぁいいほうだが、トーナメントは公式の動画配信とかを見たことがあるならわかるだろうが、普段の試合より数段試合展開が早い、集中しないと一瞬でおいていかれる。おいていかれるということは自分が穴になってそこに敵がなだれ込んでくる。その結果試合に負けるなんてしたらもう顔を見せることもできない。

 

まぁそれはさておき、戦ってみるとやっぱりWoTってのはこういう集団戦をやるためのゲームだっていうのはよく分かる、15vs15となると数は多いが、7vs7くらいの人数ならプレイヤー同士の連携が取れてすごく面白いゲームになる。マップごとに強ポジを探したり撃ち合いをする場所を決めたり、自分たちが配置した場所に対して敵がどうやって詰めてきたがるのとか、そういったことをみんなで考えたり、考えたタクがガッツリはまったり、敵との撃ち合いで勝ったりしたときの満足感といえばランダム戦で取ったMバッチ何かとは比較にならない。

 

 

ランダム戦しかしていないプレイヤーはこういった集団で動いて敵をぶっ倒していくって言う感覚を知らないのは少し勿体のないことだと思うが、ちょっと足を伸ばして集団戦に興じてみてほしいものだ、拠点戦とかで十分とか思ってないでチームを組んでまずはカジュアルトーナメントとかチームバトルから参加して見るんだ。

そうすれば自分の中での試合の見方とか、マップに対しての考え方も変わってくる。ランダム戦に活かせるものもあれば活かしづらいものもあるが、きっとためになる。自分が強いプレイヤーになりたいとか考えているならなおさらだ。

今後もし機会があるのであれば、是非挑戦してみてくれ。

コメントを残す

以下に詳細を記入するか、アイコンをクリックしてログインしてください。

WordPress.com ロゴ

WordPress.com アカウントを使ってコメントしています。 ログアウト /  変更 )

Google+ フォト

Google+ アカウントを使ってコメントしています。 ログアウト /  変更 )

Twitter 画像

Twitter アカウントを使ってコメントしています。 ログアウト /  変更 )

Facebook の写真

Facebook アカウントを使ってコメントしています。 ログアウト /  変更 )

%s と連携中