CWCの思い出

CWCが終わってから暫く経って景品の車両も配られた。今はそれぞれが車両を楽しんだり、CW中の緊張をほぐしていたりするんだろうな。今回はKV-4 Kreslavskiy?を選択した、IS-5とCheiftain/T95はすでに持ってるしね。

KOIKEとしては車両がほしい人は全員が取得できたし、まぁ上々な出来だったんじゃないかな、仕事で忙しかったりして後半にポイントを稼がせてもらった、でもまぁポイント調整ができるのはクランのポイント管理者がやり手だったって話だ。

さて、車両をまだ選んでいない人がいるのならよく考えることだ、KV-4は新規車両で確かに魅力的であるが、乗員構成の互換性が低い、一度に多くの乗員を育成できるメリットはあるが、車両自体の使い勝手に若干の慣れが必要なのと搭乗員をそろえるのが面倒なのが嫌なところだ。

IS-5はIS-3やISシリーズに対して搭乗員の互換性があり、集団戦で主力になりうるIS-3の搭乗員を育成することができる。基本的な性能はIS-3に通じるものがあるが射撃性能については若干劣る。砲拡散がひどく移動中や砲塔旋回時はIS-3と比べると比較にならないくらいだ。機動力や装甲厚はあまり変わりはない。

IS-3の快適性を下げて代わりにクレジットボーナスをつけるようにしたのがIS-5といったところだ。貫通力や単発火力もほぼ据え置きだし、細かい差こそあれどランダム戦ではほとんど同じように使うことができるのが魅力だ。

Cheiftain/T95については物好きが乗るような車両かな。もとからイギリスツリー自体が車両数が少ないのもあるが、ツリーに対して課金戦車の量が多い。特にTier6のCromwell Bの存在が大きい、Tier6拠点戦でも主力として使える上にCromwellと同等レベルの車両性能を保持している。搭乗員の育成もTier6拠点で育成が簡単だ。一応FV4202というのもいるが、あれと比べればCheiftain/T95のほうがいい。

ただTier8課金戦車としてみればそこそこいい戦車に思える。貫通力やDPMもそこそこで、機動力についてもまぁ悪くはない。ただ後退速度が遅いのは乗るときに気を付けてほしい点だ。ハルダウン中に見つかった時にSPGの回避運動がし辛くなる。そして特筆すべき点は砲弾の弾速だ、記憶が確かであればゲーム中?Tier中?最も早い弾速を持っているはずだ。そのため偏差射撃がしやすく、遠距離の移動中目標に対して砲弾を当てやすい。

 

おすすめ度として「IS-5 > Cheiftain/T95 > KV-4 Klsk」の順かな、やはりIS-3の育成車両としても役立ち、重戦車としてみてもTierに対して劣っているとは思えない。格上に対しては若干戦いにくいところがあるがそれでも何とか対抗はできる。

Cheiftain/T95は見た目が格好いいから持っていてもいいだろう。KV-4は最初に書いた通り搭乗員の互換性が低いからあまりお勧めはできない。

まぁもうほとんどの人が車両を選んだだろうから、まだ選んでいない人は自分の持っている車両と、いまどれが必要なのかをよく選んで取得してくれ。

 

コメントを残す

以下に詳細を記入するか、アイコンをクリックしてログインしてください。

WordPress.com ロゴ

WordPress.com アカウントを使ってコメントしています。 ログアウト /  変更 )

Google+ フォト

Google+ アカウントを使ってコメントしています。 ログアウト /  変更 )

Twitter 画像

Twitter アカウントを使ってコメントしています。 ログアウト /  変更 )

Facebook の写真

Facebook アカウントを使ってコメントしています。 ログアウト /  変更 )

w

%s と連携中