スキルと拡張パーツ

最近検索ワードでちょくちょく見る、搭乗員スキルと拡張パーツについて何か参考にならないかみたいな感じで検索している人達がいるようだ。まぁスキルについてはいろんな考え方とか、その人がしたいこととかでいろいろ変えていくとして拡張パーツか。

拡張パーツは車両ごとにほとんど決まっているものが多い、特に中戦車・重戦車といった大きなくくりでは2種類の拡張パーツがほぼほぼ決まる。例えば重戦車なら「装填棒(Rammer)/改良型換気扇装置(Improved Ventilation)/後はお好み」

戦闘力を重視されがちな重戦車は基本的に再装填にかかる時間を短縮する装填棒と砲収束を早めたり実質的な精度を上げる換気扇などが代表的で基本的だ。

これに当てはまらない車輌もいくつかある。例えばMausなんていうのは代表的だ、実際に乗ってみればわかるが火力を底上げしたところであの低下力は補えきれるものではないため、装填棒は不要になる。代わりに被弾するたびに敵を発見しやすくなるようにレンズ皮膜を装着し、対榴弾に内張り装甲を載せる。こうするとダメージを取りづらくなる代わりに弾受け/前線の目取が可能になる。後はオートローダーなんかはラマーが詰めないのでガンレイや皮膜を載せる場合もある。

ただ基本的には上に書いたようにラマーと換気扇はほぼ必須と思ってもいい、ただTier7 ~ 10ではスタビライザーを載せられる車輌も多く存在する(というかほとんど)ので、基本的に最後の枠はスタビライザーで埋まる。まぁあれやこれやと書いていてもきりが無いし、参考にしたいのはそうじゃねえよって言う人も多いだろう。私が普段使っている重戦車の拡張パーツと弾配分とかを乗せておくから参考にしてみてくれ。

Tier8でCWに使われやすい車輌についてはランダム戦や拠点戦でも常時APCRでの運用を行っている、貫通力に慣れるという意味もあるし、偏差射撃なども日頃からAPCRで慣れておくことでCWでも当てやすくするためだ。ソ連Tier7HT_IS-2の乗員は基本的にIS-3の乗員を使いまわしているからそちらを参照だ。

 

基本的にラマー/換気扇/スタビライザーの3点セットで、一部車両については消耗品に食料を入れている。これは好みに分かれるし、外そうと思っているけど忘れて外していないだけのものもある。

弾種の配分については本当に参考程度にしておいたほうが良いと思う。たかが弾種の配分で強く慣れるかなれないかとか考えると頭が痛くなりそうだ。ただ貫通力に不満がある、自分が確実に相手の弱点を貫通させる自信がない、そもそも課金弾の貫通力でも上位ティアには安定しないとか言うのについては、通常弾の配分を若干だが多めにしている。が、基本的には課金弾多めの意識だ。私は射撃が下手なんでね。

HEもわずかながらだが搭載している、ランダム戦での使用場面は極端に少ないがTier8CWなんかではハルダウン中の重戦車に対して牽制の意味も込めてHEを使うことはあるから微量でいいので積んでおこう。

以下乗員スキル/拡張パーツ等のSS

ドイツTier9HT_E75

WS000056WS000057

 

ドイツTier10HT_E100

WS000058WS000059

ドイツTier10HT_Maus

WS000060WS000061

ソ連Tier7HT_IS-2

WS000062

ソ連Tier8HT_IS-3

WS000063WS000064

アメリカTier8HT_T32

WS000065WS000066

アメリカTier10HT_T110E5

WS000068WS000067

中華Tier8HT_110

WS000070WS000069

イギリスTier10HT_FV215b

WS000071WS000072

フランスTier8HT_AMX 50 100

WS000073WS000074

 

 

 

コメントを残す

以下に詳細を記入するか、アイコンをクリックしてログインしてください。

WordPress.com ロゴ

WordPress.com アカウントを使ってコメントしています。 ログアウト /  変更 )

Google+ フォト

Google+ アカウントを使ってコメントしています。 ログアウト /  変更 )

Twitter 画像

Twitter アカウントを使ってコメントしています。 ログアウト /  変更 )

Facebook の写真

Facebook アカウントを使ってコメントしています。 ログアウト /  変更 )

w

%s と連携中