Maus 納車

皆さんお待ちかねと言わんばかりの車輌Mausの納車だ

第一印象がでかい、重そうと言った感じ。実際に車重はWoTの中でも最重量で190tにもなる。その分車体・砲塔の防御力双方ともに高水準で、適切な場所で扱えば3000の耐久値もありかなりの耐久性を発揮する。まぁ攻撃性については前のTierから据え置きだから正直言って物足りないのは仕方ない。

 

砲は128mmを装備しているが、基本的な性能はE75とVK45.02Bとほぼ同格だ。貫通力と単発火力も向上せず、精度・収束なども据え置きになってる、攻撃性に難ありと言われるのはコレが原因だな。確かに単発490は決して低い値ではないが、装填速度が12秒なのはちょっといただけない。E5とかFV215bは単発が400だったとしても7秒程度で装填が終わることを考えれば、単発が少し高くとも装填速度がこのザマではなぁ…

車体防御力は画像の通りだ

傾斜込みで考えれば車体上面で300mmほどある。下部は230mm程度だが、E100より投影面積が小さい分狙われづらい。真っ向向けての戦いだったらE100よりしぶとい。砲塔正面はおおよそ250mm程度の厚みだが、丸い上に投影面積が広いのでここはもろに弱点になる。

砲塔の旋回速度も遅いことから撃ってから元の位置に戻すまでに時間がかかるため基本的には敵の弾を全弾受け流してから反撃をするという戦闘スタイルになる。もちろん貫通力が足りていない相手にはそのようなことをする必要はないが、Tier10の平均貫通力が270より上なことを考えれば、格下以外にはしっかりと防御してから戦うようにするべきだろう。

 

まぁそうは言っても高い防御力を持っていたとしてもその低すぎる機動力はマップを選ぶ。平原系のマップに関しては地獄の一言で、移動中に発見されるのは必至だろう。扱い方によっては一つのラインを渡り切ることもできるが、それは味方の手厚い支援が必要だ。

 

ただ噂に聞いたほどひどい車輌ではないが、扱い方には要注意だ。どちらかって言うとランダム戦向けの車輌ではないことは確実だろう、足の遅さと攻撃力の無さから、ランダム戦では稼ぎづらい印象を受ける。集団戦においては一つの道を塞ぐことに関しては、一部重駆逐戦車を除き重戦車の中でもトップクラスだろう。

まぁそれでもまだ100戦乗ってないし、これから乗り続けるかもわからない車輌だしで、モチベーションはそれほど高くない。それに集団戦でも採用数の少なさから需要は低い。まぁ~、好き好んで乗るならまだしも積極的に創る車輌ではないかな?

コメントを残す

以下に詳細を記入するか、アイコンをクリックしてログインしてください。

WordPress.com ロゴ

WordPress.com アカウントを使ってコメントしています。 ログアウト /  変更 )

Google+ フォト

Google+ アカウントを使ってコメントしています。 ログアウト /  変更 )

Twitter 画像

Twitter アカウントを使ってコメントしています。 ログアウト /  変更 )

Facebook の写真

Facebook アカウントを使ってコメントしています。 ログアウト /  変更 )

w

%s と連携中