JagdTiger 100戦完了

 

さて、先日話題に上げたJagdTiger(以下ヤク虎)の100戦が完了した、珍しくTDの中でもかなり高評価になった車輌で、私自身もここまで気にいるとは思わなかった。100戦目完了時の戦績は下の感じ。

勝率は69%ということで、プラとソロ4:6くらいの割合だったから妥当なとこかなと、与ダメは2,921とTier9TDとしてはまぁまぁかな~…?ほかの人のがどれくらいかは分からないがまぁ平均くらいは言ってるんじゃないかなと。優等が87%とTier9にしては早かったかな。

全体的な使い勝手は駆逐戦車と言うより重戦車に近いのは多分合ってるはずだ、2100という豊富な耐久値とトータスと同レベルにまとめられた強力な砲、250mmという分厚い戦闘室正面装甲、トータスと性質が似ている当車両はTDという車種ではあるものの本来いるべき位置は前線だと思う。

よく考えればわかる話で、なんで耐久値2100もあるのに後方に居なければならないのか。耐久値2100という数値はTier10TDのT110E4やWTE100といった車輌より高い数値なのだ、ましてやTier9HTと比較してもヤク虎の方が耐久値が高い車両も多い。

そんな中良好なDPMと確実に貫通させることが出来る貫通力、このふたつが備わったこの車輌は前線において圧倒的な戦闘力を見せてくれた。

 

優等が進みやすかった理由も前線で殴り合いに参加しているからだと思ってる、どこのヤク虎も基本的に後方に待機してたり、重戦車系というより駆逐戦車系の位置取りをしている人が多いように感じる。

確かに駆逐戦車系の運用をしても問題は無いといえば問題はない、優秀な砲性能はTier9TDとしてみても他国の戦車と比べてみても劣るものではないし、至近距離では簡単に貫通されてしまう車体も、中遠距離とまで行けばそれなりの硬さを見せる。

ただ何度も書くように同格の中でも飛び抜けて高い耐久値を後方支援の役割だけで利用しきれるかと言われたら答えはもちろんNOだ、後方支援という立ち位置からしても砲撃が集中することは多くない、それこそ後方支援で耐久値を使いはじめる時期っていうのは前線が崩壊した後の話で、前線が崩壊する原因は前線の耐久値がなくなるからだ。それなら前線用の車両よりも高い耐久値を後方で余らせるのはいかに勿体のないことかわかるだろうか。

 

総評は乗っていて気持ちよく慣れる戦車に認定だ、良好な砲性能は他に類を見ないほど心地よいダメージと安定感を見せてくれる。高い耐久値と戦闘室正面の防御力は同格であれば心強いほどだ。機動力こそ遅いと言われがちだが、Tiger2と同等で動けるのであれば十分だ。視界も拡張パーツの積み方次第だが駆逐戦車としては上出来なんじゃないかな。駆逐戦車の中でもこれほど気に入った車輌はTier5の三号突撃砲以来だ。

 

みんなもぜひヤク虎を前線で使ってみてくれ。

コメントを残す

以下に詳細を記入するか、アイコンをクリックしてログインしてください。

WordPress.com ロゴ

WordPress.com アカウントを使ってコメントしています。 ログアウト /  変更 )

Google+ フォト

Google+ アカウントを使ってコメントしています。 ログアウト /  変更 )

Twitter 画像

Twitter アカウントを使ってコメントしています。 ログアウト /  変更 )

Facebook の写真

Facebook アカウントを使ってコメントしています。 ログアウト /  変更 )

w

%s と連携中