T95E6 100戦終了

先のCWCで獲得したT95E6が100戦完了した、SSが101戦のものだがそこはミスしちゃった俺が悪いので容赦して欲しい。

WS000016.JPGWS000017.JPG

使いこなせてる使いこなせてないで言えば間違いなく使いこなしてない。普段から頭が固くて俯角が取れる戦車自体にあんまり乗っていないせいもあるが、やはりどこか取り逃してる部分が多いはずだ。

ただこの車輌は面白いもんだと思う、T110E5がHTににしては単発火力がないと言われているが、この砲を実際にMTに乗せてみるとどうだろうか、なかなかに良いものだ。HTで不足であったとしてもMTで考えれば単発火力400という数字は決して低いものではなく、他のMTとは違った楽しさを見せてくれた。

とにかくパンチ力が強い、ハルダウン時の安定性はそれこそソ連中戦車に遅れを取る場面も多いが、実厚270mm近くが多い砲塔はなかなかに硬さを見せてくれる。キューポラが抜かれやすいという話は実際にあるが、これはしかたがないことだ。

image

画像はこんな感じ、キューポラって言うよりは副砲塔っていうのかな?そこら辺がおおよそ180mmくらいで、他の濃青色の部分が270mmを超える部分だ、天板は330HEATでも貫通が怪しい部分が多く、砲塔に関しては副砲塔と砲の真横、この2箇所を除いて標準より高い防御力を見せる。

車体は傾斜が厳しい物の、本体の厚みが95mmしか無いので傾斜がきつかろが薄いものは薄い、実厚は180mmほどで、格下の砲は弾ければ良い方だ。全体的な防御力こそそこまで高くはないが、先にも書いたように砲塔はそれなりってことは覚えておいて欲しい。

 

主砲はT110E5と同系統のものを装備できる、120mm砲で単発火力はMTの水準より少し高い400となっている。貫通力も340HEATがあることを考えれば必要十分といったところだ。装填速度も7秒弱と、なかなかに高い数値を出している。

平地での移動速度は平均で45 ~ 52くらいで、最初にこいつについて書いた記事とはちょっと違うが、MTとして見るとそれなりという感じ。加速に少しモッサリ感がつくがそれでも必要十分あるのは事実だ。

 

総合評価はまぁまぁな車輌っていう印象。良くもないけど悪くもない、使いドコロとか位置取りさえしっかりしてればこの車輌はなかなかによい戦闘力を引き出してくれる。他のMTに類を見ない単発火力は中華戦車に次ぐ高さであり、これは間違いなくこの車両の特徴だ。Tier10MTとしてパッとしなさっていうのは確かにあるかもしれないが、私としてはなかなかに好きな車両だ。

 

まぁ…なんて書きながらも結局戦績は振るわなかったが、持ってる人少ないし大丈夫だろう。この車輌を選んだ理由が話題性に長けているからだったんだけども、今思えばそれなりにもったいないことをしたなと、907とか140に匹敵するレベルのまとまりを見せてるし、VK72もHD化にともなってなんか強化されたらしいし…M60パットンは見た目が素敵?使ってる人間が近くにあんまり居ないからよく話を聞いたことがないなぁ。

まぁそこまでひどすぎる車輌ではないし、ガレージに残しておくのは全然有りだな。たまに乗りたくなる車輌リストに登録だ。

次のCWCは何でも4月?6月?だっけ、夏より少し前にあるんだっけな…いや確信はない、ただまた来るであろうCWCの時にこいつが景品としてあったら選んで見る価値はあるとは思う。是非ご一考にって感じだ。

 

コメントを残す

以下に詳細を記入するか、アイコンをクリックしてログインしてください。

WordPress.com ロゴ

WordPress.com アカウントを使ってコメントしています。 ログアウト /  変更 )

Google+ フォト

Google+ アカウントを使ってコメントしています。 ログアウト /  変更 )

Twitter 画像

Twitter アカウントを使ってコメントしています。 ログアウト /  変更 )

Facebook の写真

Facebook アカウントを使ってコメントしています。 ログアウト /  変更 )

w

%s と連携中