CWCへの備え

先日1/9は私の生誕日だ、フレンドやクランメンバーからバンドルを貰ったり、祝のメッセージをくれたりと、やはり年に一度の自分の日というのは気分もよくなるものだ。

さて、CWCの第一ステージ?っていうのかな、Tier6のステージも後少しで終わりになるそうだ。これからはTier8 / Tier10と徐々にティアが上がっていくことになる。Tier6主体のクランも、Tier8主体のクランも、ここからが本番といった感じだな。

 

Tier8CWに備えて、やはりある程度の用意はしておかなくてはならないだろう。Tier6までは少数のメンバーでの戦闘で、どちらかと言うと出来る限り戦闘数を稼ぐような戦い方をしているところも多かったはずだ。Tier8も同じといえば同じだが、Tierが上がればもちろん使用されやすい車輌、マップに合わせた構成なんかもよくやるようになる。

 

再三ここで語るように、IS-3やT32、AMX50100といった主力重戦車群や、より状況判断が必要になるT-54LwやAMX1390といった軽戦車群、偏差射撃の慣れが必要になるLorrSPGやM40/43といった自走砲群、使用する車輌にはそれぞれ慣れる必要がある。

IS-3のハルダウンの仕方や、T32の車体の出し方、50100の砲弾数の管理とかだね、こういったのは普段からTier8拠点やランダム戦で乗らなければわからない部分も多く、試合数をある程度こなしていなければ使い物にならなかったりもする。場合にもよるけどね。

 

Tier10は更にそれが顕著になると言われている。IS-7やT110E5なんかは私でも全然乗ってないからわからないし、Object.140とかも戦闘数が足りない感じが否めない。

 

 

もちろん指揮官の腕や、タク次第では兵士個人の腕をある程度カバー出来るように配慮されていたりするが、それはかなり手練れな指揮官や、古参クランの経験豊富な指揮官クラスでなければなかなか難しい話で、実際私だってそこまで考慮はできない。

 

とまぁ、個人で準備すべきことは準備すべきであると…

私も先に書いたようにIS-7とT110E5を入荷した。これでTier10の指揮官へのPick幅を広げられればいいのだが…まぁコレを作るのに払った代償もなかなかに大きいもんだが。フリー経験値240,000はかなり痛手だ。誕生日に貰ったバンドルがなかったら作れなかった。

ま、Tier8/10もTier6と同じようにある程度期間があるし、私みたいに焦る必要がある人と、別にクラン自体の車輌は余裕あるから、そんなに焦るひつようのない人と、微妙に分かれるが。とりあえずまぁまだ長い時間戦わないといけないから、それぞれ車輌の準備や戦闘資金(クレジット)の準備はしっかりと行っていこう。

 

 

※入荷したIS-7とT110E5

コメントを残す

以下に詳細を記入するか、アイコンをクリックしてログインしてください。

WordPress.com ロゴ

WordPress.com アカウントを使ってコメントしています。 ログアウト /  変更 )

Google+ フォト

Google+ アカウントを使ってコメントしています。 ログアウト /  変更 )

Twitter 画像

Twitter アカウントを使ってコメントしています。 ログアウト /  変更 )

Facebook の写真

Facebook アカウントを使ってコメントしています。 ログアウト /  変更 )

w

%s と連携中