SU-101

最近Buff?が入って、Tier8駆逐戦車としての立ち居地が若干回復傾向にあるこやつ。

元はと言えばTier8駆逐なのに単発火力が320っていうのがひとつの問題点として挙げられ、その貫通力の特性から、課金弾の多様も考慮される、そしてそれから生まれる結果としてクレジット収支が絶望的なまでに悪いということがもうひとつの問題点。

Ver9.13で新しく追加された122mmM62-C2は、これらの悩みを解決すると同時に、新しい悩みがまた出てきた。100mmD-54Sと比較し、単発火力と貫通力に優れ、精度・収束・DPMで劣るものとなっている。そのため総合的な火力は下がってしまう。

別にそれは問題ではない、高ティアになればなるほど単発の重みというのは重要になるって言うのはみんな知っての通りだし、これでTier8駆逐で一番低火力なんていわれなくなったんだから。

 

122mmの利点は単発火力、それに尽きる。M62-C2は他の122mmより若干火力が向上しており、単発は440となった。そのおかげでDPMをフルに生かせない場面があったとしても、単発火力のおかげでリターンが増えた。

 

 

そもこのSu-101はTier8駆逐戦車において微妙な扱いをされるが、実際は他の駆逐戦車より勝る点も多い。例えば機動力においてはJagdPanther2と同レベルにまとめられており、頻繁な陣地転換にも難なく対応できる。隠蔽率は同格TDの中でも3番目に高く、あの高隠蔽率で有名なRhmにすら匹敵するレベルだ。

そして今回のアップデートにより、単発火力が向上し、全体的な性能から見てもそう劣っているものではなくなったのだが。やはり俯角の問題っていうのが付きまとう。

 

俯角2°、それは乗ったことのあるものしか体験し得ない境地。もはや下を向けないのと同義なレベルで俯角がない。これは仰角5°並に鬱陶しく、いかなる地形に対しても俯角を意識しなければならない。平地にいるからといってこいつが敵を撃てるとは限らないのだ。

 

あれやこれやと書いてきたが、まとめるとこんな感じ。

【利点】

  • 高い隠蔽率
  • 高レベルにまとめられた機動力
  • 単発火力440(100mm砲は320)
  • 高貫通力を持つHEAT(340 or 330)

【欠点】

  • 取れない俯角(重レベル)
  • 比較的悪い精度
  • 同格TD中最も低い耐久値(990)

こんな感じ、使う人を選ぶ理由は取れない俯角で、使う人が使うと強い理由が利点の4つ、駆逐戦車、っていう視点で見れば、一見弱くはないが車輌としては発展途上な感じが否めない。

扱うには高度な地形知識を必要とし、より安定した戦績を出したいのであれば、陣地転換や状況判断が必要になってくる。こう考えると駆逐戦車の中でも扱いが非常に難しいね。

コメントを残す

以下に詳細を記入するか、アイコンをクリックしてログインしてください。

WordPress.com ロゴ

WordPress.com アカウントを使ってコメントしています。 ログアウト /  変更 )

Google+ フォト

Google+ アカウントを使ってコメントしています。 ログアウト /  変更 )

Twitter 画像

Twitter アカウントを使ってコメントしています。 ログアウト /  変更 )

Facebook の写真

Facebook アカウントを使ってコメントしています。 ログアウト /  変更 )

%s と連携中