考え方

考え方自体は人それぞれなのはもちろんなんだけど、一応ブログとかは人に見られるためにやっているもんだから考え方とかものの見方については結構気にかけてる。ブログを始める前は他人の考えなんかは特に気にせず、自分と考え方が違いがあったらそれまでって考えだったがちょっと待てよと思考を働かせることでだいぶマシな脳みそになった気がするね。

 

もちろん好き好みってのもあるが他人の趣味に口出ししちゃいけないっていうのもあるし、その人の考えっていうのは表現の自由だったり思考の自由だったりで保証されるべき有意義なものだ。

例えばリロールなんかは私は嫌いだけど数値大好きな人からすればリロールなんていうのは自分の外見を気にしまくってるリアルで言うところのブランド物とか服に金使いまくるタイプの人間に見えなくもない。

世の中いろんな人がいるし、結局自分の意見通すことを考えたとしても対話を行わずして自分の意見を通すことは難しい。もちろん話の通じない相手っていうのはどうしてもいるが、可能なかぎりは対話は必要だろう。

 

 

もっとも面倒なのは自分の考えを肯定することにばかりに頭が回り、ほかの思考がおろそかになるタイプの人、この前の拠点戦について書いた記事でも言っているが、指揮官と兵士の頭の中っていうのはもちろん別物だし、同じ思考をしているチームなんていうのはかなり珍しいか錬度の高いチームだ。

 

拠点戦で指示を聞かない人っていうのは主に2種類ほどいて、まずは「自分の意見が絶対正しい」と思っているタイプと「一つ目の指示に集中して二つ目以降は聞けてない」タイプ。

どちらも本人次第で救いようがあるが、問題なのは一つ目だ、よく高Statsをたたき出しているプレイヤーがこれに陥りやすくて、最初のころは私もそうだった。

自分より下手なはずの人間に指示をされるのはランダム戦でもどこに行っても少しむっとするもんだし、その気持ちはわかるが少し抑えなければチームとしては戦えない。指揮官がいる試合っていうのはチームの動きを求められる場面が多いもんだから、こういうタイプのプレイヤーが聞き分けよくやらないと、アベレージプレイヤーより扱いがひどくなったりもする。アベレージプレイヤーが悪いとはいってない。指示を聞けないタイプのプレイヤーがもっとも責任を問われやすいんだ。

 

こういった問題を解決するためにも、やはり考え方ってのを変えないといけない。だからまずは自分の意見を押し通す前に「ちょっと待った」をかけて、相手の考えを一回自分なりに解釈する。これが大事だと思うね。

コメントを残す

以下に詳細を記入するか、アイコンをクリックしてログインしてください。

WordPress.com ロゴ

WordPress.com アカウントを使ってコメントしています。 ログアウト /  変更 )

Google+ フォト

Google+ アカウントを使ってコメントしています。 ログアウト /  変更 )

Twitter 画像

Twitter アカウントを使ってコメントしています。 ログアウト /  変更 )

Facebook の写真

Facebook アカウントを使ってコメントしています。 ログアウト /  変更 )

%s と連携中