IS-5 約100戦完了

約100戦だ約な約、ひとつ前のCWCで貰ったこのIS-5、クレジットのボーナスがついていて資金を稼ぐのには最適な車輌な感じ。優遇が無くなった代わりにTier相応の貫通力を得たIS-6みたいな感じ(DPMは落ちているけどね。)

約って言ったのは99戦だからで、ちょっと時間がないし、一戦ぐらい微々たる差だから大丈夫だろうっていう思い込みだ。

 

結構前に記事を起こしてからだいぶ時間が立ってしまったのはこいつを運用している時って言うのは大抵拠点戦で、ランダム戦ではほとんど使ってなかったからだ。別にそこまでひどい性能ではないんだが、ランダム戦やるなら折角だしIS-3の練習したいな~ってことで、ランダム戦ではほとんど出番がなかったんだ。

装甲に関しては「前回の記事」を参照だ。ここで語るのは砲とか機動力の使い勝手だな。

 

IS-5の砲は122mm、平均ダメージは390、貫通力はAPCR 220 HEAT270、この車両の特徴として通常弾がAPCRなところだ。APCRということは弾速の上昇が見込めるが、この車両の弾速は他の同格APCRよりも早いらしく、遠距離での偏差射撃の際には少し役に立つ。

が、砲性能はIS-3に劣る結果になっている。移動時や砲旋回時の精度拡散がひどく、収束が若干向上していても移動しながら砲撃を当てることはなかなかに難しい(IS-3でも難しいが。)

精度もIS-3と比べ0.4 → 0.46と悪くなっており、中遠距離での砲撃に支障が出るレベルだ。なので、弾速が早かろうが遠距離での偏差射撃ではそもそも当たるかどうかの問題になるので、そこは祈るようにしよう。

機動力の面では、最高速度がIS-3より増加しており、直線での移動ではこちらの方に分がある。ただ、不整地や履帯の旋回性能ではIS-3に劣っており、小回りの効きやすさではIS-3のほうが断然良い。

 

総合的な使い勝手で言えば、単純に劣化IS-3で砲精度や走りやすさで使い勝手が悪くなっている。ランダム戦で使ってなかったのは砲撃性能に不満があるからで、いざというときに頼りになりづらく、ランダム戦より拠点戦で運用したほうがストレスが少なかったからなんだ。

が、クレジットのボーナスはとても良いもので、IS-3に似通っている部分が多いために拠点戦ではIS-3の代替品としても使えたりと、微妙な性能の割には使い所は多かったりする。まぁもらっててよかった戦車の一つだね。

なんでも過去のCWCの景品の一部が、名前に(A)とかがついて販売されるとかいう噂もあったがどうなんだろうか、IS-5が対象だったかどうかは覚えていないが…

まぁIS-5が欲しい!って人は、一度調べてみるといいかもね。

コメントを残す

以下に詳細を記入するか、アイコンをクリックしてログインしてください。

WordPress.com ロゴ

WordPress.com アカウントを使ってコメントしています。 ログアウト /  変更 )

Google+ フォト

Google+ アカウントを使ってコメントしています。 ログアウト /  変更 )

Twitter 画像

Twitter アカウントを使ってコメントしています。 ログアウト /  変更 )

Facebook の写真

Facebook アカウントを使ってコメントしています。 ログアウト /  変更 )

w

%s と連携中