日本中戦車:レポート_1

とりあえず日本重戦車のレポートだ。

日本重戦車は総合してみると重装甲・中速の重戦車ルートかなと思った。

車体正面装甲は弱点と呼べるものがほとんど無く、均一な重装甲で構成されている、O-iなんかはいい例だ、150mmの均一装甲で160mm程度までは安心して弾ける。ただ副砲塔が2つも乗っかってるせいで車体を傾けたときに絶対に一箇所は相手に対して直角になってしまう部分がある。ただこの問題に関してはTier8までの日本重戦車が抱える問題だ。

機動力は中速なのかなと思った、基本的には鈍足といわれがちだが車重から考えれば妥当というより少し早いくらいだ、140tもある車体を平地30km安定して出せるのであれば機動力は十分といったところ。

火力に関しては何ともいえない、Tier6の150mm榴弾砲は破格の単発火力を持つが、格上を相手にしたときは安定した火力を出せない感じが否めない、伝統の100mm砲は安定どころではあるが、パンチが少し弱い。使い勝手を考えるならば断然100mmだな。Tier8は恐らく鬼門になるんじゃないかなって(貫通力的な意味で)

使い方とかは正直まだよく分からない部分が多いかな、Tier9とTier10の車輌はともかくとして、Tier8以下に関して言えばチーム戦とかでの需要も少なそうだ、拠点戦であればTier6のO-iは使えるレベルではあるが、Tier8はほとんど使うことはないと思う。ただCapの壁としてならばKV-5や4に取って代わって壁として使うことはあるかもしれないな。

総合的な感じだと、 ~ Tier6までは火力に悩むことはないが足の遅さと榴弾の安定さに気をつけなくてはならないだろうね、Tier7は火力面で充実さを見せて、車体装甲の配置からしても使いやすい分類に入ると思う。Tier8以上に関してはまだ乗っていないので少し名言とまではいかないが。

Tier8は恐らくつらいだろう。火力が上がらず貫通力も伸びない100mm砲を選ぶか、実用レベルまで性能を底上げされた150mm榴弾を使うか、どちらも悩みどころではあるがそも前提として同格の壁であるIS-3を安定して貫通させずらいということで私的にはつらい。

Tier9とTier10、コレに関してはまだ未知の領域だ。遭遇率自体も少ないし、データもまだほとんど出ていない。貫通力が不足しているE100と言われるが実際のところはE100より相手したくない車輌かもしれない。

まぁ実際に乗ってみないと何ともいえないのが重戦車だな、Tier8は飛ばしちゃうかも知れんがTier9とTier10に関していえば楽しみだ。

コメントを残す

以下に詳細を記入するか、アイコンをクリックしてログインしてください。

WordPress.com ロゴ

WordPress.com アカウントを使ってコメントしています。 ログアウト /  変更 )

Google+ フォト

Google+ アカウントを使ってコメントしています。 ログアウト /  変更 )

Twitter 画像

Twitter アカウントを使ってコメントしています。 ログアウト /  変更 )

Facebook の写真

Facebook アカウントを使ってコメントしています。 ログアウト /  変更 )

%s と連携中