ここ二日でISにみっちり乗ってみたがやはり強い。IS-2はソ連のほうだが122mmの単発火力自体は変わらないから問題なかろう。単発390で殴りかかるのは実際脅威だし、Tier8重戦車の中でも最も単発火力が高い。集団戦においてもランダム戦においても同様で、格上に対して貫通した場合は痛手といえる。

火力と機動力、防御力のバランスが非常によいし、乗っていて心地いい。

1442065458075214420682386563

なんとかIS-3も優等3のエリアまで戻せたし、しばらく乗ってなかった代償はとっぱらえたかなぁ、格上Tierに対しても格下に対しても有効なBL-9はとても使い勝手がいい。使いこなすって言うならばIS-3の平均与ダメ2100くらいまで目指したいもんだが、2000で十分といわれるご時世だし問題ないんかね。

IS-2に関しては本家ISよりなぜか122mmの使い心地がいい、マスクデータとかが変わってるのかねぇ、でもまぁ122mmの単発火力はやはり驚異的で、Tier7(戦闘数は少ないが)にして平均与ダメ2000を超えているのは驚きだ。どちらのISもやっぱりバランスよいのがいい。

さて話は変わるが最近のCWではIS-3の錬度不足が気になる。適切な状況判断と貫通させる力量があればTier8以上の活躍だって出来るはずなんだ。

確かにランダム戦と拠点戦やCWみたいなチーム戦とではIS-3の動かし方とか、求められる行動とかは変わってくるが、ランダム戦で動かさない限りはどんな車輌だってチーム戦じゃ役に立つことは少ない。

その車輌ごとの感っていうのをつかまないことには始まらないんだ、確かに他の車輌に乗りたいという気持ちは分かるが、練習が十分でもないのにCWでそんなIS-3出されても困る。一応クラン内では戦績だけみたらIS-3立派に乗りこなしてるのは私だし、私より戦闘回数少なくて練習十分です~なんていわれたら首根っこ引っこ抜いてやりたい気分だ。

拠点戦ならまだ分かる、負けても大した影響は出ないしなによりそこまでガチではない。ただCWは別だ、特に防衛。攻めならやり直しが効くが守りでは負けた時点で領地をうばわれるのだ。

いくら拠点をやるクランだからといって勝ちに向かって戦うのだから日頃の練習なんていうのはもちろんやらなきゃいけない。いわば部活みたいなもので、真面目にやるときは真面目にやらないといけないしでメリハリっていうのは大事だ。IS-3の練習だって勝利向かって練習するもんだ。

日頃の鍛錬こそが力を生むはずなんだ。

カテゴリー:
WoT

コメントを残す

以下に詳細を記入するか、アイコンをクリックしてログインしてください。

WordPress.com ロゴ

WordPress.com アカウントを使ってコメントしています。 ログアウト / 変更 )

Twitter 画像

Twitter アカウントを使ってコメントしています。 ログアウト / 変更 )

Facebook の写真

Facebook アカウントを使ってコメントしています。 ログアウト / 変更 )

Google+ フォト

Google+ アカウントを使ってコメントしています。 ログアウト / 変更 )

%s と連携中

%d人のブロガーが「いいね」をつけました。