圧力の掛け方

KOIKEが今後どうなるか決まってからいろいろクランの一般メンバーに圧力が掛かる場面が出てきた。

もちろん訳はある、12月のCWCに参加するという方針が決まった以上はその方針に向かって歩んで良くは道理だよって、そんで拠点戦もその方向性に歩み始めていてだ。

まぁ今までより戦闘に関して厳しくなったっていう話、指揮ができる人間や上層部に認められている人物に関してはほとんど指摘を受けることの無いような小さな指摘だ。

ただそういった小さな指摘でも指摘する側の人間によって圧力の掛け方が異なる。私みたいなタイプだとゆ~っくりゆるく圧力を掛けていく。ただ、別な人だと思いっきり圧力を掛けたりする。どの圧力の掛け方も間違えた掛け方をすればまったく持って意味を成さなかったりと指摘する側もいろいろと考えることが多いなとね。

Tier6はそれなりに緩くやっているつもりなんだが、それでもやはり指摘するところは指摘していかないといけない、私だって楽しく拠点やりたいし、指摘される側もする側も、指摘してしまったら楽しくない。Tier8に関しては結構厳しくやってるようだね、フォーカスの掛け方や細かい移動の仕方、射線の取り方とか、ランダム戦でも気にかけていれば言われないようなことではあるがその時々によって本人が忘れていたりもするからまぁ~大変なわけだ。

今後は多分このままの圧力の掛け方ではなくなるとは思う、戦える人材を作ろう!って言って人材そのものが圧力掛けすぎでいなくなっちゃ意味が無いからね、また今度会議があって、そこで話し合いが起こるんじゃないかなぁ。大変だ。

コメントを残す

以下に詳細を記入するか、アイコンをクリックしてログインしてください。

WordPress.com ロゴ

WordPress.com アカウントを使ってコメントしています。 ログアウト /  変更 )

Google+ フォト

Google+ アカウントを使ってコメントしています。 ログアウト /  変更 )

Twitter 画像

Twitter アカウントを使ってコメントしています。 ログアウト /  変更 )

Facebook の写真

Facebook アカウントを使ってコメントしています。 ログアウト /  変更 )

w

%s と連携中