錬度不足

錬度不足にも錬度不足だ、特に最近の拠点戦では兵士個人の錬度不足と慢心が目立つ。

兵士自身が何を考えているかは指揮官にはどうしても感じ取れないが、日頃から何を考えているのかまではもちろん管理出来ないし、管理する気も無い。

当ブログでも何度か記事に起こしているが、やはり個人錬度っていうのはチーム戦においても大事で、特に撃ち合いが重要になる場面では錬度がひたすら重要だ。

いや別にそこまで高い錬度を求めているわけではない、IS-3を貫徹できるだけの装甲配置の把握が欲しいんだ。何処を撃てば貫徹できるのか、何処を撃てば弾かれにくいのか、IS-3の側面装甲の空間装甲はどうなっているのか、HEATを撃った場合にはどれくらい減衰するのか。

攻撃は最大の防御とはよく言ったものだ、いかに防御力が優れていようと、隙のない防御力はほぼない。時と場合にもよるが、やはり攻撃力が優れているほうが戦闘では勝ちやすい。Tier8で重戦車にIS-3が抜擢されるのも、Tier8の駆逐戦車でRhmやISUが抜擢されるのも150mmクラスの単発火力が原因で、IS-3は重戦車中もっとも単発火力高い390だ。

じゃあT49が抜擢されない理由は何よって安定感の無さだ、HEの低貫通力では重戦車に安定して貫通させることは難しいし、装填時間の長い砲ではどうしても安定させるのは難しい。

とまあ諸性能とかはさて置きだ、やはり勝つためには相手の耐久値をすべて削りきる必要がある、そのためには一発たりとも非貫通弾を出さないことが大事だ、前記した例だとT49がいい例だろう、いかに単発火力が高かろうと、安定してダメージを出せないことにはそれは主力とはいいがたいものだ。

普段からランダム戦ではTier8戦車に乗っているのであれば尚更のことTier10やTier9を相手にする機会も多いだろう、そういったとき諸兄はどうしているかな?逃げられない場面になったら、じっと止まって、相手の弱点を的確に射撃する。うまくいけば貫通するだろう。

チーム戦では同格が相手になる、同格であるならばTier9やTier10より貫通させることはいかに容易いことか。考えてみよう、指揮官が求めるのは格好のいい動きとか、無駄な行進間射撃ではなく、敵IS-3に確実に390のダメージを与えることの出来るIS-3だ

敵と相対して撃ち合う場合には気をつけて欲しい。移動を止めて撃てる場面になったら少しでもよいので動きを止めて、相手の車体に対して有効弾を送り込む。それが一番なのだ。

コメントを残す

以下に詳細を記入するか、アイコンをクリックしてログインしてください。

WordPress.com ロゴ

WordPress.com アカウントを使ってコメントしています。 ログアウト /  変更 )

Google+ フォト

Google+ アカウントを使ってコメントしています。 ログアウト /  変更 )

Twitter 画像

Twitter アカウントを使ってコメントしています。 ログアウト /  変更 )

Facebook の写真

Facebook アカウントを使ってコメントしています。 ログアウト /  変更 )

%s と連携中