MAP研究 [ 湿地 _1 ] ver9.9

お待たせした、Ver9.9の湿地の第一次研究結果だ、マップ改変が入ったにもかかわらず、あいも変わらず片側が攻めるに難しいという謎地形に修正されてしまっている。

湿地考察1

まずはマップを見ていただきたい、黄色の点線で先っちょが「T」は射線で、↑が初動で移動しやすいルートだ。危ないって書いてあるところは止まってると遅かれ早かれ撃破されるのは間違いのないところ、特にマップ右側の危ない地帯はとても危険で、茂みもなければ遮蔽物も少ない危険地帯だ。

赤色の点線は北側陣地の最終防衛戦で、ここまで詰められると結構やばいラインだ。ピンクの点線は南側陣地の最終防衛戦だ。

黒い丸は入られると面倒な地点で、相手側から射線が通り、下手に撃破を急ぐと逆に被害を被る厄介な地点。しかもここに張り付かれた場合は、最終防衛戦の目前まで敵の進軍を許すことになり、被害を被ってでも撃破しなければならない場合も出てくる。

基本的には改変前にもあった稜線があいかわらず強ポジで、マップの重要地点への援護射撃や、対岸の狙撃が可能だ、北側はD4とD5/6が優秀で、入られると面倒な地点への援護が可能だ。特に中央は抑止力としての意味も大きく、マップの半分位は射線に収めることができる。

D4は腕にもよるがマップの左下側とF7のLTポジへの対応が可能で、狭いように見えて広い射線を持つ。ただし相手からも狙われる角度が広いため、下手に撃ってバレた場合は安全は保証しかねる。

C7の射撃ポジはとても強力で、茂みが大量に用意されている上に遮蔽物も少なく、一度視界を取れさえすれば通行料の獲得は間違いなしといったところ。

北側重戦車は恐らく1ラインを押し上げることになる、0ラインと違い、しっかり稜線が確保されている上にC7の反対位置であるF4からは射線が通りづらい、しっかりと稜線に隠れながら進めればG2までの進軍は容易だろう。ただし気を付けないといけないのはG2まで進軍した場合に、南側陣地の最終防衛戦からの射線が通っていることだ。ここからの射線は防ぎづらく、早急にJラインへと抜ける必要が出てくる。

北側はこんなところだろうか?

南側が非常に難しい、北側と違い最終防衛戦が極端に狭い、しかも北とは違い明確にここにつめれば比較的安全であるといった場所がまだ見つかっていない。一応D5に入られると面倒であろう場所を付けてはおいたが、実際のところはあんまり面倒でもない。

また0ラインを初動で上がることは可能ではあるが、C7の射撃ポジを抑えるためにさらに進んで右上に入ると、今度はD5/6からの射線が大きく通ってしまう、ここら辺はとても難しいところで、右上のエリアは射線を遮れる岩や障害物が何個か有り、一応腕次第ではC7を抑えきることはできるはずだ。

ほかの初動としてはH6付近が北側と同様にそれなりに使える、ただ北側とは違い稜線が少し高いので俯角がなかったりすると撃ちにくいところもあるだろう。

J2の重戦車ポジだが、相手の1ライン進行を止める役割と、C4に対する抑止力の意味を含んでいる。が、実際のところはあんまり入るメリットは少なく、極論を言えば最終防衛戦でも守れる地形をしている。

湿地考察1

まだ研究は初期段階ではあるが、南側がもし北側に対して攻める手立てがあるとしたら、北側の最終防衛戦間近に張り付いて、うまく敵を左右にふらせて、薄くなった箇所に対してラッシュをかける。これくらいだろうか?

湿地は改良されたとか改悪だ~とか、賛否両論のあれではあるが、難しいマップであることには変わりはないと思う。まだ実装されてから間もないし、もしかしたらこのマップ考察も無駄になるかもしれないがとりあえずはこんなところだろう。

コメントを残す

以下に詳細を記入するか、アイコンをクリックしてログインしてください。

WordPress.com ロゴ

WordPress.com アカウントを使ってコメントしています。 ログアウト /  変更 )

Google+ フォト

Google+ アカウントを使ってコメントしています。 ログアウト /  変更 )

Twitter 画像

Twitter アカウントを使ってコメントしています。 ログアウト /  変更 )

Facebook の写真

Facebook アカウントを使ってコメントしています。 ログアウト /  変更 )

%s と連携中