T-54 100戦終了

う~む、強いんだけどなんか合わないっていうか、私はどちらかというとE50派みたいだね。T-54の100戦目完了のお知らせだ、強いけど合わないって書いたけどまさにそんな感じ。強いのはわかるんだけど私は別な車両の方が好きだな~って感じだった。

乗ってみた感想としては素晴らしい車両であるのはわかる、車両自体の性能は走・攻・守が高水準でまとまっており、何をするにしても特に不自由のない車両だ。これといった明確な弱点もなく、機動力も同ティア帯から見たら十分高機動の部類で、白兵戦から中遠距離での戦いでも困ったことはなかった。

特にプロホロフカみたいなマップではコイツの厄介さがにじみ出る感じがしたね、基本に忠実にじわりじわりと詰めていくことで敵を追い詰められる。至近距離での戦闘か中遠距離の膠着が多いこのマップは膠着状態では視界と隠蔽を活かす戦いをし、至近距離では高い白兵戦能力を活用できる良い機会だ。

shot_727shot_728

平均与ダメは2427、WRは67%となった、なんというかThe・中戦車みたいな車両だったなぁ~、バランスよくまとまった性能に、強力な貫通力を持つ主砲。軽戦車に引けを取らない隠蔽率も加わってなお中戦車らしい戦車。Tier9の中でも屈指の強さと言われる訳がわかった。

ただこのブログでも語ったように、バランスよくまとまっている車両っていうのは使う人間によっては良い方向にも悪い方向にも傾きやすいもので、使いこなせる人間からすればT-62Aより強いなんていう言葉も出てるらしい。それぐらいのポテンシャルを秘めている車両だっていうのは分かって欲しい。

使いこなせない人っていうのは多分中戦車としての運用がまだまだなのか、T-54の使い方を間違ったのか、単に腕が足りないのか、まぁそれは使ってる本人しかわからないことだろう。

じゃあお前はどうなのって、いやまぁ使いこなせてないことはないかもしれないが、いうほど使いこなしてるぜぇって感じはない、数をこなせばきっと使いこなせるのだろうが、多分途中で飽きて別な車両に乗ってしまうな。

真面目に書くとE50とは似ているけど似ていない戦車って感じ。E50は戦闘力だけで見ると非常に高スペックでTier9にあるまじき強さを持つ、高水準にまとまった防御力と砲性能、それを最高速60kmでいたるところに運べる。隠蔽率を除いた全ての性能で同格MTの殆どを置き去りにできそうなくらいだ。

逆にT-54はスペックだけ見るとTier9としては並クラスなのだが、隠蔽率や白兵戦での戦闘力はスペック以上の性能を引き出している。T-54がE50より強いと言われるのはT-54は必要十分な装甲厚や機動力を持ちながら、なおも隠蔽率や砲に恵まれていることが原因だろうな、カタログスペック以上の強さがあるのに、カタログスペック以外の強みも多く持ってる。それがT-54なのだろう。

T-54とE50。Tier9の二強MTは甲乙付け難い乗り心地で、好みによって別々な車両に乗れば良いのではないだろうか?恐らく片方の車両が使えればもう片方も使いこなすまではいかないが、乗ることはできるだろう。まぁ多分T-54の弱点を上げるとしたら、金弾がHEATっていうかAPの貫通力が少し低めでそこが難点だ、あとは俯角が少し取れないが、直接的な性能に関わるレベルではないな。拡張パーツは好みにもよるんだろうが「ラマー・スタビライザー・換気扇orレンズ皮膜」で安定だろう

コメントを残す

以下に詳細を記入するか、アイコンをクリックしてログインしてください。

WordPress.com ロゴ

WordPress.com アカウントを使ってコメントしています。 ログアウト /  変更 )

Google+ フォト

Google+ アカウントを使ってコメントしています。 ログアウト /  変更 )

Twitter 画像

Twitter アカウントを使ってコメントしています。 ログアウト /  変更 )

Facebook の写真

Facebook アカウントを使ってコメントしています。 ログアウト /  変更 )

%s と連携中