酒の力

酒の力ってのは20歳を超えてから分かるのかもしれないな、実際問題この歳になれば思い返すことは多い、過去の自分を見たり、学生の頃の自分を見たり。数ヶ月前の自分を見たりだ。

 

今日は一人酒をしながら映画を見てたんだ、学生の頃から好きだったある映画。

スリーハンドレット ~ 300 ~は名前を聞いたことはあるって人も多いと思う、ニコニコ動画とかでも嘘字幕シリーズが大量に出回ってるしな、あの映画実は大好きなんだ。

私のFPS時代は実はBFからではない、そのず~~っと前からFPSには慣れ親しんできた、具体的に言うと小学生高学年あたりだな、まだPS2とかXBOXとかの時代だ、HALOっていう作品が私にとってのFPSの始まりで、今でも志向のFPSとして心に残ってる作品。

この作品の設定にスリーハンドレットを元にした兵士達がいるんだ、300人の選ばれし兵士。スリーハンドレットの映画自体はHALOよりあとに出たが、スリーハンドレットの元ネタ自体はかなり前というか相当前にある、紀元前とかそんなレベルじゃないかな。

その物語には勇ましい戦士たちの物語、誇り高きスパルタの物語が詰まっている。興味があるならぜひ見て欲しい作品の一つだ。

 

もう一つは1年ほど前かな?存在を知った映画で、メカニックっていう映画だ、ジェイソンステイサム主演の映画で見ていてとてもスカットする映画だ。この映画の中にある言葉があって「周到な準備が、勝利を招く」という言葉だ。まったくそのとおりだねって感じ。

映画を見てても主人公はかなり練られた計画を実行しているし、物語の特性上仕方ないのかもしれないが、それは全てうまくいってる。どの場面でもこうありたいものだ。

 

映画っていうのは見るだけでなくいろいろ考えさせられることも多い。趣味としてもいいしね、一度買えばしばらくはずっと見続けられるし、何より他人の物語っていうのは見てたり聞いてたりすると面白いもんだ。

 

コメントを残す

以下に詳細を記入するか、アイコンをクリックしてログインしてください。

WordPress.com ロゴ

WordPress.com アカウントを使ってコメントしています。 ログアウト /  変更 )

Google+ フォト

Google+ アカウントを使ってコメントしています。 ログアウト /  変更 )

Twitter 画像

Twitter アカウントを使ってコメントしています。 ログアウト /  変更 )

Facebook の写真

Facebook アカウントを使ってコメントしています。 ログアウト /  変更 )

w

%s と連携中