Tier6まではわかるんだけどTier7以上になると形が似すぎてわからん。

写真 2015-06-27 18 09 08 写真 2015-06-27 18 08 59写真 2015-06-27 18 09 16 写真 2015-06-27 18 09 28

 

 

 

えー多分1枚目から順にTierが上がっているはずだ、AMX AC mle.46→AMX AC mle.48→AMX 50 Foch→AMX 50 Foch(155)って感じだ。多分。まぁ見れば見るほど外見上の違いっていうのは2枚目以降ほとんどないな、装甲配置とかも含めて微々たるところで変わっている程度で、あんまりパッと見ではわからない。

それぞれの火力比較だ。

Tier7:AMX AC mle.46 → 100mm砲 AP232,APCR263,RoF/6,単発300,DPM/1800

Tier8:AMX AC mle48 → 122mm砲 AP257,APCR325,RoF/5,77,単発400,DPM/2308

Tier9:AMX 50 Foch  → 120mm砲 AP257,APCR325,RoF/6.45,単発400,DPM/2580

Tier10:AMX 50 Foch(155)→ 155mm砲 AP293,HEAT395,弾倉量/3,単発750,弾倉攻撃力/2250

う~む、思ったより攻撃力の変動が少なく、Tier10までは正統派な駆逐として使うことで真価を発揮できるような車両なのだろうか?Tier7はまだしもTier8以降は他国のTDも先鋭化が図られてきていることを考えると、この車両って言うのはTier10で初めて昇華するものなのかもしれないな。

一言で言うならTier7は普通でTier8は許容範囲、Tier9は火力不足でTier10は瞬発力重視とTier8~9が一番大変そうだ。

 

 

写真 2015-06-27 18 10 49 写真 2015-06-27 18 10 30写真 2015-06-27 18 10 03 写真 2015-06-27 18 10 17

装甲厚を見ていこう、貫通力の基準はIS-3の122mmBL-9 AP220。Tier7はまぁ抜けるみたいだ、120mmの装甲厚といえど傾斜が適当ではあんまり効果を発揮しない。頭の上の弱点もこのころは大きくて比較的狙いやすいようだ。

Tier8、車体前面の傾斜がキツくなって比較的安心できるレベルまで防御力が向上している、また車体の上に乗ってた弱点も圧縮されて小さくなってるな、この頃から車体前面の厚みを生かしたゴリ押しも可能になってきているようだ。

Tier9、wikiによればTier10とほぼ同等の硬さを持っているらしく、270付近まで安定して弾けるようだ、車体下部の弱点と車体の上に乗っかってる弱点くらいが正面から貫通しうる場所だろう。

 

ちなみにだが、3枚目と4枚目、どっちがTier9かわからん。なんとな~く4枚目のほうがTier10っぽい気がする。

 

フランス駆逐は見た目の変化のなさからなかなか覚えられないが、車両ごとに貫通できる場所とできない場所を覚えないことには敵と戦うこともできまい。

 

カテゴリー:
WoT, 弱点研究
タグ:
,

コメントを残す

以下に詳細を記入するか、アイコンをクリックしてログインしてください。

WordPress.com ロゴ

WordPress.com アカウントを使ってコメントしています。 ログアウト / 変更 )

Twitter 画像

Twitter アカウントを使ってコメントしています。 ログアウト / 変更 )

Facebook の写真

Facebook アカウントを使ってコメントしています。 ログアウト / 変更 )

Google+ フォト

Google+ アカウントを使ってコメントしています。 ログアウト / 変更 )

%s と連携中

%d人のブロガーが「いいね」をつけました。