Tier8拠点戦

CWの合間にTier8拠点戦を最近やるようになっているが、率直な感想として荒い、ただそれだけだ。

新規参入のクランメンバーも多くなってきたが、それにしたってひどいもんだ。だからまずTier6拠点戦で練習してこいって言ってんだと。

 

Tier6拠点にはあんまり戦術を求められる場面は多くないが、ただ拠点戦における意識付けっていうのは非常に勉強できる。まず拠点戦はランダム戦とは少し違う、っていうのを忘れちゃいけない。細々とした動きまで違うってわけではないが、耐久値の共有とか、誰が受けるとか、誰が出るとか、そういった微妙な点での動きが変わる。

 

それにTier8拠点ともなると車両の性能差、車種ごとの強みっていうのがなおさら露呈してくる。車種ごとに一応Tier8主力系を挙げておこう。

軽戦車:T-54Lw/AMX 13 90/Ru251

中戦車:Pershing/T69

重戦車:IS-3/AMX 50 100/T32/Tiger2

駆逐 :Jagdpanther2/Chariotteer

くらいかな、課金戦車に関しては正直良くわからん。T-54Protは装甲厚に定評はあるが、DPMや貫通力、機動力に難がある。そのため主力としての役目を果たせる、と断言することはできない。CDCは機動力とDPMはそれなりにあるが課金弾がHEATっていうのもあるが車体装甲が絶望的なまでになさすぎて使い物にならんと思う。Panther8.8は辛うじて候補に入れられるくらいかな、貫通力・DPMのバランスがよく、現状Tier8MTという視点から見てもかなり耐久値に定評がある。車体装甲も何度も言っている通り最低限施されている。

とは言えど課金戦車は極力使わんほうがいいだろう、結局のところ課金戦車じゃどうあがいても本家に勝てる状況っていうのはかなり限定的だ。

 

各車両の役割っていうのは軽戦車が基本的に機動戦の主力、視界取り、遊撃の全てを担う。中戦車はときには主力、時には遊撃だ。ただ重戦車や軽戦車と比べると特筆すべき点が少ないため、チームに入れても1,2両だ。重戦車に関してはまごうとなき主力、弾避けとなる。場所を選ぶことができる拠点戦などではその装甲厚とか耐久値を存分に発揮できるだろう。

駆逐戦車系は2両しか上げていないがこの2両はそれぞれ特徴がある。JP2は固定戦闘室型ではあるが、その速度と戦闘室の装甲厚、DPMから見てもかなり強い部類だ。Chariotteerは砲塔が回ることに加え、それなりの機動力と高貫通力を備える使い勝手の良いものだ。

 

車両の選び方は結局のところ人それぞれになるけども、細かな動きに関してはTier6で学んでから、次にTier8と順にやっていくのが正しいだろうね。

コメントを残す

以下に詳細を記入するか、アイコンをクリックしてログインしてください。

WordPress.com ロゴ

WordPress.com アカウントを使ってコメントしています。 ログアウト /  変更 )

Google+ フォト

Google+ アカウントを使ってコメントしています。 ログアウト /  変更 )

Twitter 画像

Twitter アカウントを使ってコメントしています。 ログアウト /  変更 )

Facebook の写真

Facebook アカウントを使ってコメントしています。 ログアウト /  変更 )

w

%s と連携中