新規車両続々納車

最近新鮮味が欲しくなっていろいろな車両を買ってみたり乗ってみたりしている、いやぁどれもいいもんだ。新規納車した車両は「AMX M4 mle.45」と「IS-2」ってところだ。

AMXは埼玉ティーガーとも呼ばれている車両で、まぁその所以はしらんが埼玉ティーガーとは言うがその性質はISの思想に近い。劣化ISとか経験値ボックスとかそういった噂しか聞いてなかったもんだからちょっと乗るのが不安だったが、いざ蓋を開ければこれはこれで面白い車両だってのがわかった。

百聞は一見に如かずってやつだな、この車両はTier7HTの中でも攻撃的運用を求められる車両だ。それなりの機動力に加え105mm砲を前提条件に同ティア重戦車中2番目に高いDPM。正面限定ではあるが俯角が10°取れる点など評価できる点は多い。

基本的には105mm砲のAPCR弾での運用が望ましい、90mmじゃダメなんか?って言われるかもしれないがそれじゃただの貫通力が高いだけのパッとしない戦車になってしまう。なので105mmAPCRだ。この車両が弱いと言われる所以はその中途半端さにある。

一見精度・収束・貫通力の面から見て最終砲の90mmが強いように思えるがそれは実はちょっと違う、砲の選び方は人それぞれにはなるがこの車両、前身であるARLでも言えることだが最大の魅力は単発火力330の高貫通APCRだ。

あくまで個人的な意見ではあるがARLやこのAMX M4では90mmというのはほとんどメインとして運用するにはバランス的すぎる。あの砲はどちらかというと中戦車に載せるような砲で重戦車としてはパンチが足りない。

 

 

それなりの機動力に加えて優秀なDPMと貫通力、精度はお察しレベルではあるが至近距離での撃ち合いや砲撃の間の差込などではあまり苦労することはない、俯角が10°取れる点も魅力的で、これはこれでアリだなと乗って思った車両だ。

 

IS-2は中華ツリーのIS-2ではなく最近出た課金の方のIS-2だ、基本的にはISと同じよな性能で、というかほぼ同じっていうかまぁ同じなんだ。ただちょっとだけ履帯性能と耐久値が上がった代わりに体感できるかできないかくらいで加速が落ちたくらいなんだ。まぁ収支の方はそれなりにいい、Tier7の戦車であればAP175でも充分事足りるし、Tier9に放り込まれたらそれこそISでやっていたようなことをやれば良い、って感じだな。

 

まぁ両方ともTier7の重戦車で最近重戦車にしか載ってねえななんて思いながらもやっているわけだ、まぁこの記事を見ている諸兄も重戦車の楽しさを知ってもらえたらいいなと思っている。

コメントを残す

以下に詳細を記入するか、アイコンをクリックしてログインしてください。

WordPress.com ロゴ

WordPress.com アカウントを使ってコメントしています。 ログアウト /  変更 )

Google+ フォト

Google+ アカウントを使ってコメントしています。 ログアウト /  変更 )

Twitter 画像

Twitter アカウントを使ってコメントしています。 ログアウト /  変更 )

Facebook の写真

Facebook アカウントを使ってコメントしています。 ログアウト /  変更 )

%s と連携中