チヌ改納車

イベントでどうやらチヌ改をもらえるようだったのでサクッと達成してもらってきた。私も若かった頃日本戦車というものに憧れ、安くなっていたからといって一度購入し、そのあとすぐに売ってしまったという経緯がある。

 

ちなみにではあるがこういった課金戦車が配布されるイベントで、もとからその課金戦車を持っていた場合はその車両をゲーム内で購入した時相当の「ゴールド」が配布される。例えば今回で言えばChi-Nu Kaiを元から所持していた人は1500ゴールド配布される。

 

Chi-Nu「Kai」とは名ばかりでWoTではまるでゴミのような扱いを受ける。なんでと言うと日本戦車の特徴は「砲性能がそこそこ良い」と「俯角が結構取れる」なのだが、チヌ改には肝心の俯角が取れない、6.5度しか取れない。

これでは紙装甲で砲性能がそこそこいいだけのただの戦車になってしまう。課金戦車なんだから別に構わないだろとか言われたらそうだがこれはひどい。乗っててストレスが溜まりやすい戦車ってのもなかなかあれなもんだ。まぁ落ち着いて考えていこう。

 

Chi-Nu Kaiは日本戦車だ、言わずともがな装甲はまったくもって意味をなさないので割愛。機動力を見ていこう。

最高速は約39km、Tier5MTの中じゃ少し遅いくらいだが戦線に置いていかれるほどではない。ただエンジン馬力は低く、細かい動きが非常に苦手な仕様になっている。そのため飛び出しうちや車体の回転、登坂能力等で大きな影響が出る。

砲性能はそこそこいいものだ、AP124/AP155と貫通力の方は必要十分を満たしており、Tier6位の戦車であれば貫通はそう難しくはないだろう。単発火力もTier5の中ではそこそこで、125といい感じだ。精度・収束もまぁ許容範囲内ではある。隠蔽率も平均ではあり後方からの射撃や茂みを生かした射撃ではそれなりに役立ってくれる。

 

と、MTとしてはちょっとインパクトが足りないかなって感じはする。前線で戦うにはなにかと能力がかけており、他の中戦車から見てもこれといった特徴がない戦車だ、ただSTA-2が実装されるまでは日本ツリーの唯一の課金戦車だったため、一応ではあるが乗員育成に使えんこともなかった。

ただSTA-2が販売された今、あえてこいつを購入してまで搭乗員を育成するかといわれたら答えはNOだな。

 

ただまぁ、無料でもらう分にはいいと思う。単純なTier5の戦車として考えれば本当に悪いってほどでもないし、自分の立ち位置さえ見失わなければきっとそれなりの戦果を引き出してくれるだろう。

コメントを残す

以下に詳細を記入するか、アイコンをクリックしてログインしてください。

WordPress.com ロゴ

WordPress.com アカウントを使ってコメントしています。 ログアウト /  変更 )

Google+ フォト

Google+ アカウントを使ってコメントしています。 ログアウト /  変更 )

Twitter 画像

Twitter アカウントを使ってコメントしています。 ログアウト /  変更 )

Facebook の写真

Facebook アカウントを使ってコメントしています。 ログアウト /  変更 )

w

%s と連携中