書きたいことを書くんだ。

WoT asiaサイトにロシア旅行者主催のベラルーシへ戦車や記念軍事パレードを見にいく戦車尽くしのツアーが開催!ってある。すげえ行きたい。いいなぁいきたいなぁ、このツアーに限った話ではないがロシアには確か戦車博物館があったはずだ。

あの戦車博物館にはいろいろな戦車が展示されているらしい、そこには確かMausもあったはずだ。WoTを始めたプレイヤーであれば一度入ってみたい場所にランクインするんじゃないかな?

 

ロシアもといソ連の戦車もドイツに勝る魅力があるものも多い、例えばISとか私は好きだし、T-34も結構好きな部類だ。IS-3なんかもカッコイイし、IS-8も割と渋いデザインだ。

 

各々に戦車の好みってのはある。私は結構記事にも書くように「Eシリーズ」が大好きだ、WoTの影響でE25は嫌いだけどね。

E50はなんだろう、いうなれば鋭い?感じが大好きだね。洗礼されたデザインを感じる。具体的にと言われるとそうだな、砲塔は無駄な角張を取られてシャープな感じになった。

車体も余計なものはとっぱらって車体上面をひたすら避弾経始に特化させたデザイン、対戦車戦のみに特化したようなデザインだ。この見た目と重厚さでなおかつ速い。戦闘するデザインってやつかな?

E75もE50に似た外見を持ちながら、確実に用途の違いがある。E50と違い主力戦車に近いような役割を担えるものだと思う。車体の重装甲さはE50からより上位のものに厚みを増され、機動力が落ちたのかと言われれば割とそうではなく、E50に一歩遅れている程度でまとまっている。

E100はその見た目から少しダサいとか言われるかもしれないが、陣地突破という観点から見ればこれほどまでに特化された車両も珍しいんじゃないだろうか、大きな車体と砲塔は味方の盾となるに十分で、それに見合った耐久値も確保される。主砲は強力な150mm砲で、一撃の重さに定評がある。

 

なんかいっつも同じこと言ってんな、と思うかもしれないが大丈夫、重々承知だ。

みんなもぜひ好きな戦車を見つけてくれ、見つけられないならとことん研究してみるといいぞ。読んでいるだけで楽しいものもある。なんか書きたいことを書いただけだからつまらん記事になったかもしれないがね、ご勘弁願いたい。

それではまたごきげんよう。

 

 

 

 

コメントを残す

以下に詳細を記入するか、アイコンをクリックしてログインしてください。

WordPress.com ロゴ

WordPress.com アカウントを使ってコメントしています。 ログアウト /  変更 )

Google フォト

Google アカウントを使ってコメントしています。 ログアウト /  変更 )

Twitter 画像

Twitter アカウントを使ってコメントしています。 ログアウト /  変更 )

Facebook の写真

Facebook アカウントを使ってコメントしています。 ログアウト /  変更 )

%s と連携中