成果報告

まぁ土日はブログほったらかしにしていろいろやってた。

とりあえずはBF4から。階級がやっとのこと130になった。うむ、くっそ遅いね、仕方ないね。

B90rS-rCMAAtABO

 

一歩二歩遅れての到達になるがまぁ…なんというかよく続いたもんだなってお思うね、フレンドさんが強くて負けじといろいろやろうと思ってなのか、小隊メンバーのBF4離れを抑制するためにも鯖にこまめに入ったりしてるせいかね。

今の階級上限は140ではあるが、一つの区切り目として130っていうのはちょうどいいのかもしれないな。

 

ちなみにステルス機従軍星章は☆98から進展しなかった。フレンドさんのいるサーバーに行ってたし、そのサーバーは他のサーバーよりステルス機の出番が少なかった。

あとはクソッタレタクシージェット野郎に湧き待ち合戦で負けたりと乗れる機会が少なかったせいもあるかね、SSDとかにしたら開幕から乗れたりするんだろうが私にそんな資金はない。エアシューに行こうとも思ったが、それで従軍星章100を達成するのはなんか違う気がした、よく言われるエアシュー牧場育ちのパイロットはクソが多いってあれね。ランカーでもないし、コンクエ民としてはやはりコンクエで従軍星章100を達成したい。

歩兵も最近やるようにしているがやっぱりクレイモア主体の戦い方をしているせいか戦績が安定していない。いや楽しければいいんだが気になるもんは気になるやん?

並のプレイヤー(自分基準)よりは強いとは思うが、それでもフレンドさんの中でも有名な人には到底及ばない、改善できる箇所もあるだろうし、結局はもっとBF4やれよってことなんだろう。

 

 

WoTはE75に乗り続けてた。というか記念すべき100戦目のSSを撮り損ねてた。そのぐらいドはまりしているって思ってもらっていい、E75にも食糧を載せてみているがこれがどうもいい感じだ。

やっぱり食糧ってのは偉大だな、加速やら使い勝手やらが体感レベルで変わるっていうのは非常にいい。視界も伸びて観測もよく取れる。

これなんかは正直取った瞬間笑ってしまった。重戦車でパトロール任務を取る日が来ようとはだれが予想したか。

結局のところ優等マークⅢは取れず終いだ、もうちょっと丁寧に乗れば取れることは取れるんだろうがソロだと別な戦線が崩壊してしまって負けることが多い。プラトーンで行けばその埋め合わせもうまくいくが、最近は既に組まれていたりとか、そもそもインしていない人もおるわで組む機会が減ってきている。

クランの人と組めば?って言われるかもしれんが、そこは難しい判断だ。プラトーンを組むっていうのはいくつか理由があるが私としては「快適にプレイしたい(勝ちたい)」なんだ、他の人はもしかしたら「上手い人と組んで強くなりたい」とか「話しながらやりたい」とか理由は様々だ。

実力主義ってわけじゃないがやっぱり最低限の動きは欲しい、クランの人が出来ていないとは言わない、私だって未熟者だし指摘するには少し早い。ただ…やっぱり気になるものはある、黄色レートっていうのはアベレージプレイヤーではあるが、やはりアベレージプレイヤーはアベレージプレイヤーなのだ。いや黄色レート限定って話ではないが…まぁ何が言いたいかっていうと正直なところ居ても居なくても変わらないのがアベレージプレイヤーだ。VCを使っての連携は出来るかもしれないがその点を考えなければソロとあまり変わらない。少し厳しい言い方に聞こえるかもしれないがこれは多分事実だ。

こんな物言いだから小隊組もうっていう誘いが来ないんだろうがね。まぁ…誘われたら組むようにはしている、そうだとしてもただ小隊を組んでいるだけとわかったらすぐに抜けようとするがね、私はスタッツ上昇マシーンではないし、そういう風に利用されるのは凄く嫌いだ。

 

まぁ募る思いはいくらかあるがここらへんで区切っておこう。

 

そうそう、親しい仲の友人からフォールアウトニューベガスをギフトしてもらった(1か月くらい前)。やりたいと思っていた作品だけに非常にうれしい。日本語化に手こずって最近まで起動していなかったが、先日日本語化を完了させて遊んでみた。

やはりオープンワールド系のゲームっていうのはわくわくするね、いろんな装備を使ってみたり、クエストをやってみたりと遊び方は様々だ、好きな防具を使いたいのだが今作は勢力装備なるものがあって、それを着ていると評判に関わらず攻撃されたりと少し自由がきかないのは難点だな。それも醍醐味なのだろうが。

しばらくは暇になることはなさそうだし、いい感じだ。

 

さて、長くなったしここらで終わりにしよう。それではまたごきげんよう。

とんだ間違い

あれあれ~?おかしいぞ。

たま~に過去の記事を振り返ってみてたりするんだがどうも違和感がある記事があった。

HEAT弾についての記事があったのを覚えているだろうか?そこで私はこんなことを書いている。


HEAT弾は、WoTでは特殊な計算方法で貫通処理を行われる。

AP弾は距離による貫通力減衰があるが、HEATには3つの貫通力減衰効果がある。

1.装甲に命中後、10cm進むごとに貫通力が5%ずつ低下する

2.装甲に命中後、HEAT弾の貫通力は入射角の影響を受ける

3.履帯は空間装甲として扱われる(履帯が20cmの場合HEAT弾の貫通力は10%減少する)


これはwikiからの転記で、間違いのない情報だ。

問題はこの後の記述だ。


 

思ったのは予想以上に貫通力の減衰が激しい、空間装甲が140mmあると貫通力は70%も減衰されてしまうようだ。


 

は?

140mm = 14cmで70%も減衰されねえよ何言ってんだ俺は、はぁ~これは恥ずかしいぞ「mm→cm換算も出来ねえのかこいつwwww」とか思われても仕方のない記事を書いているな。いやぁあほらしい。

 

 

プレイヤーズチョイストーナメント

どうやら近々開催されるらしい、すごく参加してみたい。


トーナメントルール

  • チーム最大参加人数: 4
  • 最大 Tier: 8
  • 合計Tier最大数: 30
  • ゲームモード: 通常戦、BO3、シングルエリミネーション形式
  • 戦闘時間: 7 分間 + 2 分休憩
  • 登録チーム最大数: 1024 組
  • マッププール: ランダム

とのことだ、最大Tierが8で4/30っていうTierポイントだから8/8/8/6かなぁ、弾受けのIS-3とローダー2両、LTが1両って感じだろうか?たぶん私ならそうするかもしれない。

参加チームが多いもんだから結構楽しそうだ、一応賞金も出るみたいだし、参加してみることは別に損ではないだろう。

トーナメントやCW、拠点戦などはランダム戦とは違いチームとしての動きを要求される場面は多い、この場合たぶん戦闘数がモノを言うのだろう、指揮をしてくれる人がいるのであればその指示に従うことが大事になる。

ただ今回は4人のチームだから指揮をとるっていうのはなんか違うような…?いや参加もしていない私が言うことではないが。

 

 

そういえばVer9.6については本日も発表はまだない、ただVer9.3#3テストノートが公開されているってことは多分そろそろ9.6の適応は来るはずだ。たぶん明日あたりかな?明日来なかったら来週の今日あたりだろう。

 

WN8

過去にも同じような記事を書いていたが、やたらとこの記事が見られていることが分かった。そのため新しくもうちょっと詳しく書くことにする。

サイトによっては計算式やら何やらを書いているところがあるが、たぶん読者が知りたいのは「どうやったらWN8って上がんの?」とか、「WN8ってなんのことだ?」っていうのだろう。

 

 


まずWN8とはなんだ~っていう人。

 

WN8は「WoTプレイヤーの簡易実力指標のようなもの」で、公式のものではない。公式な実力指標はパーソナルレーティングで、ゲーム内の実績でも見ることが出来る。まぁWN8が高ければ高いほどその人の実力は高いっていうことだと思えばいい。

WN8は4桁で表示されている。また、ある一定の数値ごとに色で区分けされている。基本的には低い順に「赤/オレンジ/黄色/緑/青/紫」に分けられる。

この区切りについては時折上下したりするので、必ずしもここに書いてあることが正しいわけではないので気を付けてほしい。

WN8表示色「赤」:0 ~ 550

WN8表示色「橙」: 551 ~ 850

WN8表示色「黄」:851 ~1450

WN8表示色「緑」:1451 ~ 1750

WN8表示色「青」:1751 ~ 2524

WN8表示色「紫」:2525 ~

らしい、いろいろ調べては見たのだがどこも違っている。多分合っているとは思うが~…まぁ目安程度に考えておくれ。


 

 


 

 

WN8はどうやったら上昇するの~っていう人。

 

 

基本的にはダメージを取ることでWN8は上昇する。車両の撃破やCAPや防衛ポイントでも上昇するといえば上昇するが、ダメージに重きを置かれていることを知ってもらいたい。また、WN8は車両ごとに「期待値」が設定されている。これはダメージの期待値で、この車両ならこのぐらいのダメージ出せるでしょ。っていう作成者の期待だ。

各車両の期待値に関してはこのページをで見ることが出来る。気になる車両があるなら「Ctrlキー + F」で文字検索をするといい。[http://www.noobmeter.com/tankList]


 

同サイトでは自分のWN8も見ることが出来る。

[http://www.noobmeter.com/]

無題

 

左上のサーバーから自分がいるサーバーを選ぶ、日本でやっているなら大半はSEAを選ぶといい。サーバーを選んだらその隣にあるテキスト入力欄に「自分のアカウント名」を入れて、「Find or compare」の隣の「Player(s)」を押せば検索できる。

無題

各パラメーターの見方を一応書いておこう。

一番左の欄から説明して行こう。

PerfomanceRating EfficiencyRating WN7 Rating WN8 Rating

上の4つは左から順に古い実力指標になっている。一応今使われているのはWN8なので、基本的にはWN8だけ知っていれば大丈夫だ。

Battles:そのプレイヤーの戦闘数。

Win Rate:そのプレイヤーの勝率

Average damage :そのプレイヤーの平均ダメージ

Average experience:そのプレイヤーの平均経験値

Maximum experience:そのプレイヤーの過去最高の経験値

Avg.base capture:そのプレイヤーの平均CAPポイント

Avg.base defense:そのプレイヤーの平均防衛ポイント

Average kills:そのプレイヤーの平均車両撃破数

Battles Survived:そのプレイヤーの生還率

Kills to deaths:K/D比

Average tier:そのプレイヤーが所持している車両の平均Tier

直接関係のある表題はこの辺だ、大事になるのが「WN8 Rating」「WinRate」「Battles Survived」になる。

そして上のOverallとか。

Overall:そのプレイヤーの総合的な戦績

Most recent:最後にログインしてからログアウトするまでの間の戦績

Last ~ 7days:最後にログインしてから過去1週間の戦績

Last ~ 1000battles:最後の試合から過去1000戦の戦績

Last ~●●●●battles:詳細は分からないが、そのプレイヤーの戦闘数の半分までの戦績だと思われる。

 

気にするべきは「Overall」と「Most recent」の差、「Last ~7days」も気にしてみるといいかもしれない。

一応このサイト以外にも自分のWN8を観たり、試合ごとにWN8の計算をしたりするMODがあったりと、たぶん調べてみるといろいろ出てくると思う。

 

ただ忘れないでいただきたいのはWN8はあくまで指標であって、WoTはこれを上げるゲームではないっていうのだ。気にしすぎても毒になるだけだから、自分のWN8はこんなもんなのか~程度に知っておくといい。


この記事は時折変更をしたりするかもしれないので、その場合はここから下に記入していく。


 

 

E75

 

 

ドイツ終戦間際に計画されたE(Entwicklungstypen = 「開発タイプ」の意)計画の75t級としてこの名を割り当てられた車両。それがE75である。

当初のドイツは戦況の悪化から主力である戦車の部品を統一化することにより、生産効率の向上を目指す、それがこのE計画の目的であった。なお、終戦間際の計画だったため、E-100を除く一連のEシリーズは車体を完成させていない。

E75はTiger2の上位互換としてTiger2以上の攻撃力・防御力・機動力を計画だった、エンジンは改良されたTiger2のモノを使用し、主砲は88mm砲を搭載。エンジン部品・履帯・冷却装置などがE-50と同一のものを使用する、生産性を高めるのに一役買う予定だった。

 

WoTではTiger2の後継機としてその名を輝かせている。

史実の予定とは違い、主砲は12.8cm砲を搭載、この砲はJPanter2・Ferdinandに搭載されている砲で、弾薬は共通して使用可能だ。ただ精度と収束が少し悪化させられているので上記の車両のように遠距離でガンガン当てていけるわけではないので注意しよう。

12.8cm砲は前身のTiger2最終砲より精度・収束・RoFで劣り、貫通力・威力で勝るものだ、だが基本的には12.8cm砲が強力で、単発火力は他国の重戦車から一歩抜きん出ている。貫通力も高く、AP246/APCR311と格上であるTier10HTとまともにやりあえる程だ。至近距離での撃ち合いでは非常に心強い味方になってくれるはずだ。

 

車体防御力は車体前面上部で300mm前後、車体下部は220mm程度になっている。車体上部の300mmという数字は凄まじく、格上のTDですら弾きうるものだ。車体下部をなにかの起伏や壁に隠すようにすればかなりの耐久力を見せることが出来るだろう。

ただし、この厚みは傾斜ありきの厚みになる。なぜこんな話をするかというとだ、自車両の高さから砲撃を受けると傾斜が少し打ち消される。その場合車体上部は280mmと少し薄くなり、Tier9HTの課金弾をもってすれば貫通は容易になってしまう。そしたらTier10TDのJE100とかあそこら辺は車高がもっと高いわけで、かなり撃ち降ろされてしまうかもしれない。いくら厚いと言えど過信は禁物ということだ。

側面は120mm+微傾斜で125mm程度だ。この厚みは豚めし・昼飯に必要十分の厚さであり、車体は前身のTiger2から飛躍的に硬くなった。砲塔の装甲厚も増厚され、より硬く、耐えることが出来る。

砲塔正面は252mm+微傾斜で実厚は255mmくらい。砲塔側面は160mm+避弾経始で真正面から見た際には500mmを超える厚みを発揮する。

ただし弱点としてTiger2以上にキューポラに砲撃を受けやすい。Tiger2よりキューポラの垂直部が広く、ここの厚みは180mm程である。投影面積の影響で余計にここを射撃されやすくなっているので気を付けよう。

 

機動力に関しては決して遅いものではない、加速は少しだけ鈍く感じるかもしれないが、平地での速度は最高40km/h、平均35km/hで重戦車としては良好な機動力だ。車体の回転速度もTiger2より向上している感がある。その点陣地転換や急に車体を回転させて角度を付けるなんていうテクニックも使用できる。

ただ砲塔の回転速度は遅くなっている、毎秒18度はさすがに遅く、NDKなんてされたらひとたまりもないレベルだ。高ティアの重戦車の殆どに該当するが、孤立して敵の中戦車2両にでも囲まれたらそれはもう生存は絶望的だろう。

拡張パーツとしては高ティアHTの定番、「スタビライザー・ラマー・換気扇」の3つが安定だろう。 内張り装甲は考え方にもよるが弾除けと呼ばれるHT用の装備だと思う。例えばKV-4やKV-5、E100やMausがそうだ。

 

総じて言うと重戦車としてはかなり高水準に出来上がっている。優秀な防御力に加え、火力の向上した主砲、順当に強化された機動力も合わせかなりバランスよく仕上がっている。E50が中戦車の高水準車両ならE75は重戦車の高水準車両だ。乗っているだけで幸せになれるのはTier9の特徴かもしれない。よもや全車両にマッチング優遇が付いているようなものだし、非常に快適なのだ。

 

ちなみに2015/02/09時点のE75 優等マーク2の基準はおおよそ2100ダメージくらいのようだ。私は82戦目で取得できた。

82戦目の平均ダメージが2607、これを82戦分掛けると213,774。そしてこれを100で割ると2137.34って感じ。優等マークの基準は時期によっては上がったり下がったりする。

例えばドイツ技術ツリー支援イベントが来れば、必然的にドイツ車両の量が増える。すると使用者も増えるわけだから優等マークの基準は変動する。そういった感じ。

優等マーク3は目指すだけ目指してはみる。ただ取れるかどうかはわからない。予想では100戦平均ダメージが2600以上で取れると思う。流石に700は差がないだろう。

 

とまぁ、最近はE75がマイブームだ。重戦車って楽しいんだなって思わせてくれた車両だ。

 

 

 

 

 

 

最近

WoTではラグが頻繁に発生するようになった。なぜだろう?

Ver9.5が適用されて以降そういったゲームプレイに関わる不具合が多発している。例えばロード中にクライアントが落ちるとかだ。

上の例えに関してはどういったエラーを吐いているのかはわからない。ただWoTをやっているほとんどのプレイヤーがこの不具合を報告しているところから、基本的にMODとかの影響ではないと思う。

 

ラグが頻繁に発生する現象だが、Asiaサーバーに限った話だとは思う。Asiaの物理サーバーはシンガポールに配置されてるんだったかな?そのため日本は少しPingが高い。具体的な数値としてはロシアの方はロシアに設置されててPingが50とか80らしいのだが、Asiaサーバーで日本人がゲームをやると140とかになる。

140ならランダム戦ならまぁ許容範囲ではあるとは思う。ただ最近200を超えることが増えてきた、200を超えると操作遅延が起きて試合どころではなくなる。

そのせいでこの前183のHESHを脇腹に撃ち込まれて煽られた。

 

なんか黒い噂ではシンガポールに関係者がいてその影響でシンガポールからサーバーを移せないとかなんとか、まぁ噂だがね。

 

正直日本人はもっとゲームに対して関心を持つべきだ、今の時代オンラインが主流になりつつあるし、オンライゲームもある種のスポーツとして世界では広く楽しまれている。

日本人のプロゲーマーが少ない背景には日本の社会が関係していると思う。ゲームなんて子供の娯楽、趣味でやる程度の物と多くの人が捉えている。残念だとは思う、競技性の高いゲームはいくらでもあるのに…

まぁ愚痴を言ったってしゃあないとは思うがね。

 

念願の E75

shot_291

ついにTier9HT E75を購入した、車体・砲塔共に防御力のバランスがよく、砲も128mmと大口径のモノを詰める。さらには機動力の向上が図られており、Tiger2を全体的に一回り強化したような性能になっている。扱い方的にはTiger2のままでもよし、新しい仕方をするのもよしって感じだろうか?順当に強化された優秀な車体装甲は信頼の出来るし、2倍近くも厚みを持つ砲塔の装甲はまさに堅牢の一言だ。

ただ、Tigerルートを通ってきて言えることだが、主砲のRoFが段階的に落とされてきている。装填速度はTiger1 5.7秒 Tiger2 8.7秒 E75 12.9秒と前身のTiger2と比べても大きく伸びた。

乗り出しからTiger2の砲を使えばこの違和感はないが、128mmを装備した際は伸びた装填速度に戸惑うだろう。ただ、128mmの貫通力・威力は目を見張るものがある。単発火力が大幅に引き上げられ490、貫通力はAP246 APCR311。格下に関しては貫通できない相手はいない。APCRをこめれば弾速も格上に対する効力も飛躍的に上昇し、純粋な主力としての能力を強化してくれる。

 

視界の広さも重戦車としてはかなり良好で、改良砲塔の持つ視界は400m、スキルの「状況判断力」「戦友」を付与し、拡張パーツの換気扇を搭載することでその視界は432mとなる。視界パーツを搭載しないでこの広さは索敵能力に長けている。前線での撃ち合いの時は相手の重戦車郡を視界から逃さず補足し続けることができ、一歩引いた位置にいる中戦車や駆逐戦車をも発見することができる。この微妙な視界の広さが実は重要で、相手の自由を奪う大事な役割にもつながる。

 

とまぁ、全体的に「重戦車」を極めたような車両に思えた、足も遅くなく、防御力も申し分ない。主砲の火力も十分で、殴り合いでも不満が出ることは少ないだろう。なんというか、すごく恵まれた重戦車だな。

 

ちなみにE75はすぐにMバッチが取れた。多分青以上であればMバッチを取ることは不思議ではないが、乗って5戦目でMを取れたのは高ティアでは初めての経験だ。

shot_293 shot_294 shot_295

 

基本的には車体正面は貫通されない。高ティアのTDになれば話は別だがそう安易に抜かれはしない。

安定した防御力と火力、恵まれた車体性能のおかげといったところだろうか?少しのパワープレイではびくともしない。

今後もとりあえず100戦やってみようとは思う。ではこのへんで、ごきげんよう。