念願の E75

shot_291

ついにTier9HT E75を購入した、車体・砲塔共に防御力のバランスがよく、砲も128mmと大口径のモノを詰める。さらには機動力の向上が図られており、Tiger2を全体的に一回り強化したような性能になっている。扱い方的にはTiger2のままでもよし、新しい仕方をするのもよしって感じだろうか?順当に強化された優秀な車体装甲は信頼の出来るし、2倍近くも厚みを持つ砲塔の装甲はまさに堅牢の一言だ。

ただ、Tigerルートを通ってきて言えることだが、主砲のRoFが段階的に落とされてきている。装填速度はTiger1 5.7秒 Tiger2 8.7秒 E75 12.9秒と前身のTiger2と比べても大きく伸びた。

乗り出しからTiger2の砲を使えばこの違和感はないが、128mmを装備した際は伸びた装填速度に戸惑うだろう。ただ、128mmの貫通力・威力は目を見張るものがある。単発火力が大幅に引き上げられ490、貫通力はAP246 APCR311。格下に関しては貫通できない相手はいない。APCRをこめれば弾速も格上に対する効力も飛躍的に上昇し、純粋な主力としての能力を強化してくれる。

 

視界の広さも重戦車としてはかなり良好で、改良砲塔の持つ視界は400m、スキルの「状況判断力」「戦友」を付与し、拡張パーツの換気扇を搭載することでその視界は432mとなる。視界パーツを搭載しないでこの広さは索敵能力に長けている。前線での撃ち合いの時は相手の重戦車郡を視界から逃さず補足し続けることができ、一歩引いた位置にいる中戦車や駆逐戦車をも発見することができる。この微妙な視界の広さが実は重要で、相手の自由を奪う大事な役割にもつながる。

 

とまぁ、全体的に「重戦車」を極めたような車両に思えた、足も遅くなく、防御力も申し分ない。主砲の火力も十分で、殴り合いでも不満が出ることは少ないだろう。なんというか、すごく恵まれた重戦車だな。

 

ちなみにE75はすぐにMバッチが取れた。多分青以上であればMバッチを取ることは不思議ではないが、乗って5戦目でMを取れたのは高ティアでは初めての経験だ。

shot_293 shot_294 shot_295

 

基本的には車体正面は貫通されない。高ティアのTDになれば話は別だがそう安易に抜かれはしない。

安定した防御力と火力、恵まれた車体性能のおかげといったところだろうか?少しのパワープレイではびくともしない。

今後もとりあえず100戦やってみようとは思う。ではこのへんで、ごきげんよう。

コメントを残す

以下に詳細を記入するか、アイコンをクリックしてログインしてください。

WordPress.com ロゴ

WordPress.com アカウントを使ってコメントしています。 ログアウト /  変更 )

Google+ フォト

Google+ アカウントを使ってコメントしています。 ログアウト /  変更 )

Twitter 画像

Twitter アカウントを使ってコメントしています。 ログアウト /  変更 )

Facebook の写真

Facebook アカウントを使ってコメントしています。 ログアウト /  変更 )

%s と連携中