HEAT弾

HEAT弾はHigh-Explosive Anti-Tankの略称で、成形炸薬弾とも呼ばれる。AP弾やAPCR弾などは発射時の初速を使い、飛翔体を高速で対象に当てるため運動エネルギー弾と呼ばれる、一方HEAT弾はモンロー/ノイマン効果を利用しているため、化学エネルギー弾と呼ばれる。

モンロー/ノイマン効果については専門家が口にするような専門用語がポンポン出てきて非常に解り辛いが、高圧力をかけてメタルジェットを発生させることが出来るっていうことなのだろう。

第二次世界大戦時のHEAT弾は砲弾口径の約2倍程度の装甲版を貫通させることが出来たようだ、運動エネルギーを使用しないので距離による貫通力減衰が全くなく、着弾時の貫通力は一定である。そのため遠距離射撃で使用された。

ただし、爆発用の信管の影響とモンロー効果の有効距離の影響で、装甲のわずか数十cm離れたところに鉄柵や後付装甲を付けるだけで貫通力が激減してしまうという弱点もあった。

ちなみにBF4のHE弾はこのHEAT弾に相当するものだと考えられている。AP弾はHEAT-MP弾(多目的対戦車榴弾)と考えられ、HEとAP弾の中間の様な性能らしい。サボット弾はAPDS弾の「Armor Piercing Discarding Sabot」のSabot(サボット)から来ている、この砲弾は装甲を貫通することのみに特化しており、現在のサボットでは貫通力300mmを超えるものがあるらしい。

 

 

HEAT弾は、WoTでは特殊な計算方法で貫通処理を行われる。

AP弾は距離による貫通力減衰があるが、HEATには3つの貫通力減衰効果がある。

1.装甲に命中後、10cm進むごとに貫通力が5%ずつ低下する

2.装甲に命中後、HEAT弾の貫通力は入射角の影響を受ける

3.履帯は空間装甲として扱われる(履帯が20cmの場合HEAT弾の貫通力は10%減少する)

これらの減衰効果が与えられた上で、装甲を貫通するだけの貫通力があれば貫通することになる。

HEAT弾は角度に弱いんでしょ?って言われるが、実は貫通判定に移行する幅はHEATの方が広い、AP・APCRは70°+標準化の角度まで貫通判定に移行するが、HEATは85°まで移行する。ただ85°まで角度が付いてしまうと装甲厚は11.4倍もの厚みになってしまうので、むしろ貫通する確率の方が低い。

また、HEAT弾は標準化がない、標準化というのは砲弾の口径と装甲の元の厚みと比較し、2倍の場合は角度が5.6°程緩和されるというものだ。

 

空間装甲に弱い理由は最初の方でも記入したことが原因だと思う、WoTでは貫通力が減衰されるという形で表れている。

HEAT 1

貫通力減衰については上の図のような感じになる。

赤が履帯(空間装甲)・グレーが空間装甲、黒が車体装甲部分、左の数字は空間装甲を一定数通過した時点の貫通力を示している。

思ったのは予想以上に貫通力の減衰が激しい、空間装甲が140mmあると貫通力は70%も減衰されてしまうようだ。

 

 

とまぁ、HEATは高ティアに行けば高貫通力の物を得られるが空間装甲を持つ車両に対しては滅法弱いと分かったわけだ。

使いどころに気を付けなければならないだろう。

 

コメントを残す

以下に詳細を記入するか、アイコンをクリックしてログインしてください。

WordPress.com ロゴ

WordPress.com アカウントを使ってコメントしています。 ログアウト /  変更 )

Google+ フォト

Google+ アカウントを使ってコメントしています。 ログアウト /  変更 )

Twitter 画像

Twitter アカウントを使ってコメントしています。 ログアウト /  変更 )

Facebook の写真

Facebook アカウントを使ってコメントしています。 ログアウト /  変更 )

w

%s と連携中