XVMやMOD

WoTではMODという代物を導入することが許されている。

基本的にはMOD自体がグレーな物として扱われているが、その中でもあまりグレーじゃないものを紹介しておく。

みんな大好きXVM、eXtended Visualization Modの略称で、恐らく数多くのMODの中でも導入数が多いMODだ。

基本的にはプレイヤーの実力の指標である「WN8」の表示や、戦績系の表示。ミニマップの情報量の増加を目的として使うことが多いと思う。ただ、このXVMは配布している公式サイトである程度カスタマイズが可能で、ユーザーがカスタマイズしたXVMを配布していることもある。

共通的な機能として以下の通りになる。

WN8・勝率・戦闘数の表示

ミニマップの情報量を増加

ダメージに関する情報の追加

発見・未発見車両の区別

となる、ゲームに直接影響を与えるほどの情報量を引き出すわけではなく、プレイヤーが一応知っておきたい程度の情報を与えてくれる。そのため他のMODと違ってある程度認可されているのかもしれない。

画像を使ってみていこう。上の画像は導入した実際の戦闘画面、下の画像はミニマップを拡大したものだ。

上の画面のプレイヤー名が一覧で表示される場所を見てほしい。名前は黒く塗りつぶしてある。その塗りつぶされたところの隣に黄色やオレンジで書かれた数字があるのが分かるだろうか?

これが俗にいう「WN8」となる。XVMのカスタマイズ次第では私のように2桁表示ではなく4桁表示にしているっていう人もいるだろう。まぁ基本的には色で判断するので特に差はない。

そして次に車両名の隣にある車両アイコンに注目。右側の一覧の方だ、車両名「Tiger(P)」に星のマークがついているのが分かるだろうか?これは「未発見」を意味する。つまりこの試合中まだ「Tiger(P)」は発見されていないっていうのを表している。

また、この星のマークもXVMの方でカスタマイズできるので個人差がある、一部の人は「*」を付けていたり、いろいろなXVMがある。

shot_265

 

shot_266

 

次はミニマップの方だ、Ver9.5以降バニラ状態のWoTでもXVMの一部機能を付けられるようになったが、それがミニマップの情報表示だ。

敵・味方の車種アイコンの隣に車両名

敵車両の最終発見地点

自車両の周囲50m

自車両の現在の視界・最大視界(円形445m)

自車両の最大視認範囲(正方形500m)

自分が現在カメラを向けている方向

上記の情報を追加で表示できる。

 

赤い四角形が見えるだろうか?これが「自車両の最大視認範囲」だ、これは視界ではなく、自分から敵の車両が認識できる範囲を示している。この範囲内であれば発見されている敵の車両はどこにいようと確認できるが、範囲外では発見されていようとも目視で見ることは出来ない。

次は青い円だ、これは「自車両の現在の視界」になる、この視界内であれば敵車両を発見することが出来る、ただ必ずしも発見できるとは限らないのである程度の目安としてとらえるとよいかもしれない。

今回は最大視界の円が自分の視界の円と重なってしまっているが、本来であればそれも映る。

自分が現在カメラを向けている方向は、赤い直線で表示されている。特に意味はない。薄い赤色で●がミニマップ上にあるのが分かるだろうか?これが「敵車両の最終発見地点」だ、敵車両がどこで最後に発見されたのかがこれで分かるようになる。

あの車両どこに行った?ってなった時もある程度場所を割り出すことが出来るようになるわけだ。

 

大体の機能はこんな感じになる、ユーザー自体が必要な機能の追加やデザインを変更しているので、自分好みのXVMを作ろうと思えば作れる。気になるのであれば調べて実際にやってみるとよいかもしれない。

 

他にもMODというモノは多数あるが、WoTのwikiを見ればMODが置いてあるフォーラムに行けるはずだ。

ただグレーなものも多い、グレーってなんだよって使っていいかダメかが微妙なラインのモノだ。

ガレージの表示やスコープ、レティクルなどGUIに関わるMODは基本的にはOKとされている。ただ戦闘の情報に関わるMODはグレーかNGのどちらかで、禁止されているMODを使用した場合はアカウントの凍結もしくは削除が行われる。

例えば戦車の外見を装甲配置のテクスチャにするMODなんかはNGだし、自走砲の弾道をはっきりと映し出したり、茂みの表示をOFFにするMODなんかも該当する。

グレーな物についてはWG社も手を焼いているようで、記憶が確かであれば「ダメージパネル」MODはグレーだった気がする。理由としては恐らく撃たれた砲弾の種類が分かるっていうより撃ってきた車両が分かるのが原因だろう。もはやこれでは車両の位置特定に近いものになっているからな。

 

といったようにMODはMODでもやばい奴とセーフな奴がある、公式からも言われているし、配布している場所も言っていることだが「MODの適用や使用は各自の責任において行う」だ。XVMやらなにやらでクライアントが起動しない!ってWG社に言っても「MOD入れてるお前が悪い」って言われるだけだからな。

だからMODは適度に入れて自分が快適にプレイできる程度に収めておこう、あまり入れすぎると今度は競合なんていうのが起きてゲームプレイすらままならなくなるからな。

コメントを残す

以下に詳細を記入するか、アイコンをクリックしてログインしてください。

WordPress.com ロゴ

WordPress.com アカウントを使ってコメントしています。 ログアウト /  変更 )

Google+ フォト

Google+ アカウントを使ってコメントしています。 ログアウト /  変更 )

Twitter 画像

Twitter アカウントを使ってコメントしています。 ログアウト /  変更 )

Facebook の写真

Facebook アカウントを使ってコメントしています。 ログアウト /  変更 )

%s と連携中