今日もVKPに乗っていた。

WoTの車両たちの節目とも言えるTier6だが、よく考えたらほとんどのMTがバランスの良いものに仕上がっている気がしてきた、VKPもそうだ。

機動性にはさして困らず、単発は重く、格下にはそれなりに信頼できる装甲を持った当車両はなかなかに心強い車両だ、Tier6にしてはという点をつけただが。

 

思った以上にハルダウンの時の砲塔・防盾が心強い、格上に対してもよく吸ってくれたり受け止めきってくれたりしてなかなか楽しい感じだ、ただ車体は信頼しきれない部分も多い。

車体はISのように微妙な楔型になっているので豚飯の角度や昼飯の角度で相手から見たら直角になっている~、なんていうのもぼちぼちある、これに気を付けないと角度をつけているのに妙に抜かれまくる。

格上への対策も考えなくてはならない、一つ上はまだなんとかなるが二つ上はなんともならん、特にHT組は側背面でないと厳しいの一言だ。弱点を落ち着いて撃ちたいのは山々だが、Tier6程度の精度ではいささか不安も募る。

 

撃たれない立ち回りもいるが撃ちに行く立ち回りも大いに欲しい車両だとも思う、他のMTと違いHPに余裕のない当車両は隠れながら撃とうにも隠蔽率の影響で一方的に撃てる機会があまりない、445m以上であるならば安心はできるが、そういった機会はあまりない。

前線で戦いながらいろいろなことを考えられる車両だ。

 

 

そういえば最近下手な味方(赤やオレンジ)をマッチングで引いたらどうしたらいいのかとかよく言っている人を見かけるが。

もはや人と思わずCPUと思えばいいのだ、何も考えてないように見えて極希に両プレーをする変な奴。その程度に思えば少しは気が楽になるのではないだろうか?まぁ持論であるので参考程度にしてくれれば私も嬉しい。

 

ランダム戦という性質上幅広い層のプレイヤーと当たる覚悟の上でやっているはずだからこんなことは本当は言えないはずだが、人間という生き物である以上はこういった自体は付き物だ。難しい難しい。

 

さて、話を変えていこう。

ちょっと前のことだが日本・中国支援ツリーが始まった、私は日本戦車ルートをTier5まで進めていたのでこれを機にちょっと育ててみることにした。

日本戦車の共通として、主砲がそこそこ強力、俯角が取れる、柔らかい。といった感じのイメージがある、低ティアではあまり感じ取れないかもしれないが、他国のMTと比べると確かに単発火力や貫通力で一回り上の水準になっていることがしばしばある。

俯角も取れるという特性から地形を大いに生かせる車両なのだが、まだハルダウンに慣れていない私はどうも扱いきれない、ゆっくり狙いすぎてハルダウンの意味がなくなっていたり、難しい物だ...

一応Chi-Riだけを飛ばす予定でフリーを貯めているのでゆっくりなれていきたい。

 

さて、ここら辺に終わりにしておこう。

それではまた、ごきげんよう。

 

カテゴリー:
WoT
タグ:
,

コメントを残す

以下に詳細を記入するか、アイコンをクリックしてログインしてください。

WordPress.com ロゴ

WordPress.com アカウントを使ってコメントしています。 ログアウト / 変更 )

Twitter 画像

Twitter アカウントを使ってコメントしています。 ログアウト / 変更 )

Facebook の写真

Facebook アカウントを使ってコメントしています。 ログアウト / 変更 )

Google+ フォト

Google+ アカウントを使ってコメントしています。 ログアウト / 変更 )

%s と連携中

%d人のブロガーが「いいね」をつけました。